ホーム >Blog

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

2月, 2017年

歯と歯茎の間・歯と歯の間に食べ物がつまりやすくなった気がします

[2017年02月28日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「インプラントは食べ物がつまりやすくなる?」です。 インプラントを使用している人の中には、「食べ物がつまることが多い」と言う人もいます。 もちろん偶然つまっただけの可能性もありますが、 インプラントの箇所ばかりつまるとなれば何か問題があるのではと考えてしまうのが普通です。 そこで、インプラントにすると食べ物がつまりやすくな...詳細はこちら

インプラントは自分の歯と同じように噛むことはできますか?

[2017年02月21日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「インプラントは自分の歯と同じように噛めるのかについて」です。 失った歯を取り戻せるインプラントは、審美性における美しさが目立ちます。 しかし見た目の美しさだけでなく、それ以上に大切なのは実用性にあります。 自分の歯と同じように噛めなければ、とても失った歯を取り戻せるとは言い難いでしょう。 そこで、ここではインプラントが自...詳細はこちら

インプラントはどのくらいもちますか?

[2017年02月16日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「インプラントの寿命」です。 入れ歯や被せ物を使った経験がある人なら分かるでしょうが、これらには寿命があります。 そうなると気になるのが、インプラントの寿命です。 元々インプラントは見栄えの良さや人工の歯の根を埋め込むことによる安定性がウリであり、 どれくらいもつかに関しては聞いたことがないという人がほとんどでしょう。 そこ...詳細はこちら

インプラントの手術後に注意することはありますか?

[2017年02月14日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「インプラントの手術後の注意点」です。 インプラント治療では手術を行いますが、大きな病気の手術の際と違って入院の必要はありません。 当日帰宅することができますし、翌日からなら仕事をすることも可能です。 とは言え、手術後に何でもしていいというわけではなく、いくつか注意点があるのも事実です。 そこで、ここではインプラントの手術...詳細はこちら

インプラントの手術後、鼻から頬にかけて感覚異常があるのですが……

[2017年02月09日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「インプラントと感覚異常との関連性」です。 インプラントの治療方法は顎の骨に人工の歯の根を埋め込むことが主になります。 つまり口の中や顎の骨が治療に関わる箇所になるのですが、 治療後にこれと全く関係ない箇所に違和感を覚える人もいるのです。 具体的には鼻と頬で、治療後に鼻から頬にかけての感覚異常があるという人がいるのです。 ...詳細はこちら

インプラントの手術をしてから、噛み心地が少し違うのですが……

[2017年02月07日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「インプラントの噛み心地」です。 インプラントは失った歯を取り戻せると言うだけあり、基本的に何でも食べられます。 よほど硬いものでなければ普通に噛めますし、入れ歯のようにガムや餅が付着することもありません。 しかし、中には天然の歯と噛み心地が違うという人もいます。 確かにいくら失った歯を取り戻せるとは言え、天然の歯とインプラン...詳細はこちら

インプラントの後、顎の骨が少なくなってきた気がします

[2017年02月02日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「インプラント後の顎の骨」です。 インプラントは、顎の骨に人工の歯の根を埋め込むこと手術を行います。 これによって天然の歯同様の安定性を維持できるのですが、この顎の骨に違和感を覚える人もいるのです。 と言うのも、治療後に顎の骨が少なくなったと感じるという意見を聞くことがあるのです。 もちろんそれは錯覚ではなく、骨のある性質が原...詳細はこちら

PAGE TOP