ホーム >Blog

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

12月, 2018年

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を行うことはできますか?

[2018年12月25日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「デュアルホワイトニングの説明」です。オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、それぞれのホワイトニングの特徴は全く異なります。 もちろん歯が白くなるのは同じですし、そのための仕組みも同じです。しかし、効果が出るまでの期間や持続性など様々な点で違いがあり、これらのホワイトニングを両方行えば、より効果的なホワイトニングをす...詳細はこちら

現在妊娠していますが、ホワイトニングしても問題ないですか?

[2018年12月21日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「妊娠中のホワイトニング」です。妊娠中は普段のように薬が飲めなくなり、そのため風邪には気をつけなければなりません。 さて、薬の使用ができないというのであれば、ホワイトニングは可能なのでしょうか。確かにホワイトニングで薬が処方されることはないですが、ホワイトニングにおいて薬剤を使用するため、そこに問題はあるのでしょうか。 ...詳細はこちら

なぜ市販のホワイトニング歯磨き粉では歯が白くならないのでしょうか?

[2018年12月18日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「歯科治療のホワイトニングとホワイトニング歯磨き粉」です。ホワイトニングとは、歯を白くするための審美治療で歯科医院にて受けられます。最も、みなさんはもっと身近な場所でホワイトニングの名前を目にしていると思います。 それは、ドラッグストアなどで販売されているホワイトニング歯磨き粉です。しかし、「ホワイトニング歯磨き粉を使用した...詳細はこちら

ホームホワイトニングなら歯科医院に行かなくても良いですか?

[2018年12月15日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「ホームホワイトニングについて」です。ホワイトニングには種類があり、それぞれのホワイトニングによって特徴が異なります。 さて、ホームホワイトニングはそんなホワイトニングの種類の1つであり、「ホーム」の文字どおり自宅でホワイトニングできるメリットがあります。では、自宅でホワイトニングするという点で通院は一切必要ないのでしょうか...詳細はこちら

歯周病でよく聞く「歯周ポケット」とは何ですか?

[2018年12月11日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「歯周ポケットについて」です。歯周病に関するあらゆる解説に目をとおすと、その中には大抵「歯周ポケット」という言葉が登場します。 しかも歯周ポケットは言葉としては登場しても、それについての説明はされていることが少なく、そのため歯周ポケットが何なのか分からない方もいるでしょう。そこで、ここでは歯周ポケットについての説明をしていきます...詳細はこちら

「女性の方が歯周病になりやすい」と聞きましたが、その理由を教えてください

[2018年12月07日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「女性が歯周病になりやすい理由」です。「男性より女性の方が歯周病になりやすい」…そう聞いたことのある方もいると思います。 確かに、妊娠中の女性は歯周病に要注意とされていますし、それは妊娠中の女性が歯周病になると早産や低体重児を出産するリスクが高まるからです。しかし、歯周病になるリスクにおいて性別の違いはあるのでしょうか。 ...詳細はこちら

親の歯周病が子供にうつるというのは本当ですか?

[2018年12月04日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「歯周病の人から人への感染」です。歯周病は細菌による感染症で、その点については風邪と似た特徴があります。 つまり、風邪と同じで歯周病は人から人にうつってしまうのです。と言うことは親から子に歯周病がうつる可能性もあり、ここではそんな歯周病の人から人への感染をテーマにした説明をしていきます。 歯周病は若...詳細はこちら

虫歯治療よりも歯周病治療を優先する理由を教えてください

[2018年12月01日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「歯周病治療を優先する理由」です。虫歯と歯周病の両方にかかった場合、基本的には歯周病治療を優先することになります。 しかし、これについて不満に思う患者さんも多いと思います。と言うのも、患者さんからすれば痛みを感じる虫歯の方が深刻に思えるからで、ここでは歯周病治療をテーマにして、なぜ歯周病治療を優先するのかについて説明します。...詳細はこちら

PAGE TOP