ホーム >Blog

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

Blog

そもそもなぜ虫歯になると歯が痛くなるのですか

[2017年11月17日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「虫歯になると歯が痛くなる理由」です。 歯科医院に行った時、痛みもないのに虫歯だと診断された経験のある人も多いと思います。 そんな時、思わず診断が間違っているのではないかと思ってしまいますよね。 なぜなら、ほとんどの人が「虫歯=歯が痛む」という認識を持っているため、 逆に歯が痛まない場合は虫歯にかかっているとは想像できない...詳細はこちら

セラミックは陶器ですから割れそうなイメージがあります。実際はどうですか?

[2017年11月15日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「セラミックの耐久性」です。 最近では、詰め物や被せ物の材質にセラミックを選択する人が増えています。 人気の理由は審美性の高さにありますが、詰め物や被せ物である以上は耐久性も重要なポイントです。 その点セラミックの材質は陶器ですから、銀歯に比べて耐久性を心配する意見も耳にします。 割れるのではないか?欠けるのではないか?…...詳細はこちら

一般歯科でもセラミック治療を受けることができますか?

[2017年11月11日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「一般歯科でセラミック治療を受けることはできるのか」です。 セラミック治療とは、詰め物や被せ物をセラミックのものにするための治療です。 そして、健康保険が適用されない点から分かるとおりセラミック治療は審美目的を兼ねています。 さてこうした審美治療をするとなると、一般的には審美歯科での治療を想像すると思います。 と言うことは...詳細はこちら

見栄えよりも健康を重視しているのですが、それでも銀歯よりセラミックがおすすめですか?

[2017年11月05日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「見た目よりも健康を重視する場合のセラミック治療」です。 「セラミック=美しい」という点から、セラミック治療は審美性を求める人向けのイメージがあります。 だとすれば、審美性を求めていない人はセラミック治療をおすすめできないのでしょうか。 実はそうでもなく、例えば健康を重視する人にもセラミック治療はおすすめです。 なぜなら、...詳細はこちら

セラミックにしたいのですが、元々歯が真っ白ではありません。
不自然な仕上がりになりますか?

[2017年11月01日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「セラミックの見た目の調整」です。 セラミックは白く美しいですが、歯が真っ白ではない人にとってその特徴は不安の種になるでしょう。 なぜなら、セラミックが白いことで他の歯に比べて不自然に見えてしまう可能性があるからです。 天然の歯に近い色…単に白いのではなく、自分の歯に近い色が自然な見た目になりますが、 セラミックではそ...詳細はこちら

最近セラミックの種類でジルコニアが登場したと聞きましたが、どういったものですか?

[2017年10月30日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「ジルコニアセラミックについて」です。 セラミックにはいくつかの種類がありますが、近年その種類が増えたのをご存じでしょうか。 オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、 それらに加えて登場したのがジルコニアセラミックというタイプです。 さて、このジルコニアセラミックはどんな特徴を持ったセラミックなのでしょ...詳細はこちら

セラミックのメリットとデメリットを分かりやすく簡単に教えてください

[2017年10月24日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「セラミックのメリットとデメリット」です。 詰め物や被せ物と材質として、以前は銀歯が主流になっていました。 しかし最近ではセラミックを希望する方も多く、そのためセラミック治療が注目されています。 そこで、セラミックの治療に興味がある方のためにセラミックのメリットとデメリットを説明します。 専門用語だらけではなく分かりや...詳細はこちら

セラミックの歯を貼りつけることもできると聞きました。これはどんな治療なのですか?

[2017年10月20日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「貼り付けるセラミック」です。 セラミック治療というと、詰め物や被せ物にセラミックを使用する治療のことを連想すると思います。 確かにそれは間違いではないですが、中には少し変わった方法もあります。 それはセラミックの歯を貼り付ける方法で、これは付け爪をイメージすると分かりやすいでしょう。 つまり、元々の歯にセラミックの歯...詳細はこちら

セラミックの素材は100%全てセラミックなのでしょうか?

[2017年10月17日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「セラミックは100%セラミックからできているのか」です。 セラミックの素材は陶器…これは言うまでもないことです。 しかし、詰め物や被せ物で使用するセラミックには他の素材は混ざっていないのでしょうか。 細かいことかもしれませんが、これは患者さんによっては非常に重要なことです。 例えば金属アレルギーを持っている方にとって...詳細はこちら

セラミックなのに金属アレルギーになった人がいますが、どういうことでしょうか?

[2017年10月13日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「セラミックなのに金属アレルギーが起こる理由」です。 セラミックの材質は陶器ですから、銀歯のような金属は使用されていません。 それにもかかわらず金属アレルギーになってしまった方は、一体何が原因なのでしょうか。 この理由を知るためのポイントは、セラミックにはいくつかの種類があるということと、 全ての種類のセラミックが金属...詳細はこちら

« 次のページへ

PAGE TOP