ホーム >Blog

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

Blog

歯肉炎と診断されましたが、別の歯科医には歯周病と診断されました

[2019年06月18日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「歯周病という病名」です。 歯科医によっては、歯周病の患者さんに対して歯周病と告げないところもあると思います。 もちろん病気を伏せる意味ではなく、歯周病でなく別の病名で告げているのです。 とは言え、患者さんからすればそれは不安になるかもしれません。 例えば、ある歯科医から歯肉炎と診断され、また別のある歯科医からは歯周病と診断さ...詳細はこちら

歯周病と診断されましたが納得できません。本当に歯周病なのでしょうか?

[2019年06月14日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「静かなる病気と呼ばれる歯周病」です。 歯科医院で歯周病と診断された時、おそらく多くの人がその診断に驚くのではないでしょうか。 と言うのも、虫歯に比べて歯周病を自覚している人は少ないからです。 実際、歯周病は静かなる病気と呼ばれており、発症に気づかない人が多く、そのため進行を許して重症化してしまうケースが多々あります。 ...詳細はこちら

デンタルフロスと歯間ブラシはどちらがおすすめですか?

[2019年06月11日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「デンタルフロスと歯間ブラシ」です。 歯磨きの効果を最大限発揮させるなら、ブラッシングだけの歯磨きでは不充分です。 デンタルフロス、もしくは歯間ブラシを使ってプラークの除去率を高める必要があるでしょう。 では、デンタルフロスと歯間ブラシではどちらを使うのが良いのでしょうか。 これらの特徴、比較をして最適な歯磨きの方法をお伝えす...詳細はこちら

歯周病は高齢の人に発症する病気ですか?

[2019年06月07日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「歯周病の発症について」です。 歯周病は歯を失う要因になっているためか、高齢の人だけに発症する病気と思っている人がいます。 しかしそれは間違いで、例え若い人でも歯周病は発症しますし、実際に日本では成人の7割以上が歯肉に何らかの問題を抱えているとされています。「歯周病=高齢の人だけに発症する」は間違ったイメージであり、改めて歯周病の...詳細はこちら

歯を失う要因として考えられるは歯周病のみですか?

[2019年06月04日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「歯を失う要因」です。 高齢の人同士の会話を耳にすると、時に「歯が抜けた」なんて会話が聞こえてきます。 おそらく、ほとんどの人は高齢になると歯が抜けるイメージがあると思いますし、その要因として歯周病を連想するのではないでしょうか。しかし、歯を失う要因として考えられるのは歯周病だけではありません。 歯周病で歯を失う理由 ...詳細はこちら

歯周病が人にうつることについて詳しく教えてください

[2019年06月01日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「歯周病の人から人への感染」です。 歯周病は細菌による感染症であり、その原因菌は人から人にうつります。 最も、症状が直接うつるわけではないため、症状が直接うつることはありません。 とは言え、原因菌がうつれば確実に歯周病が発症するリスクが高まりますし、実際に母から子への歯周病の母子感染が問題になっています。 歯周病はどう...詳細はこちら

虫歯で歯が痛む人と痛まない人の違いはなんですか?

[2019年05月24日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「虫歯の痛みについて」です。 ほとんどの人は、虫歯になると歯が痛むイメージがあると思います。 確かにそれは間違いではないですが、一方で歯が痛まない虫歯のケースもあります。 と言うことは、虫歯で歯が痛む人とそうでない人がいるわけで、 その違いは何が原因になっているのでしょうか。 虫歯で歯が痛む理由 そもそも虫歯になる...詳細はこちら

唾液の量が少ないと虫歯になりやすいと聞きましたが、それはなぜですか?

[2019年05月22日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「唾液と虫歯の関係」です。 虫歯になりやすい人となりにくい人の違いの一つとして、唾液の分泌量が挙げられます。 唾液の分泌量が高い人は虫歯になりにくく、一方で唾液の分泌量が低い人は虫歯になりやすいのです。 この事実から、唾液が虫歯と深く関係があることが分かりますが、 そもそも唾液の分泌量が低い人はなぜ虫歯になりやすいのでしょうか...詳細はこちら

子供が虫歯になりました。もう虫歯にならないためにはどうすれば良いですか?

[2019年05月18日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「子供の歯を虫歯から守るために必要なこと」です。 あくまで食生活や生活習慣によりますが、子供は大人に比べて虫歯になりやすい傾向があります。 糖の摂取は虫歯になるリスクを高めますが、子供は糖の含まれたお菓子が大好きですし、 それを予防するための歯磨きの技術も未熟ですからね。 子供を虫歯から守るには、親もそれを意識した心掛けが必要...詳細はこちら

二次虫歯はどうやって予防すれば良いのですか?

[2019年05月15日]

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「二次虫歯について」です。 二次虫歯とは一度虫歯治療した歯が再度虫歯になることで、いわゆる虫歯の再発を意味します。 これは決して稀なケースではなく、実際に成人の虫歯治療の多くがこの二次虫歯によるものです。 さて、この二次虫歯は初めての虫歯に比べると厄介な部分が色々と多く、そのため予防方法をしっかりと知っておかなければなりません。...詳細はこちら

« 次のページへ

PAGE TOP