セラミックにも種類があると聞いたのですが、どのような種類を知っておけばいいですか?

セラミック治療は見た目の美しさから、銀歯に代わって被せものの主流になりつつあります。
ところで、そんなセラミック治療と一言で言っても、セラミックのタイプにはいくつかの種類があります。
ここでは、大まかなセラミックの種類と、それぞれの特徴を挙げ、これらを知ることの重要性も合わせて解説していきます。

1. 種類を知ることの大切さ

ラミックは被せものとしての効果はもちろん、見た目の美しさが最大の特徴になります。
つまり、あなたがセラミック治療を希望しているのなら、見た目の美しさを重要視していることになります。
そうなると、実際にセラミック治療を行った際、イメージと違ったのであれば、トラブルの元になりかねません。
ホワイトニングをはじめ、白い歯を再現する治療においては、患者側と歯科医側の相違が問題になっています。

基本的には担当の歯科医に任せるでしょうが、あなた自身もどんなセラミックがあって、どんな特徴があるか知ることで、“こういう見栄えになる”と事前に予想することができます。
こうすることで、イメージと違うというトラブルを避けることができますし、何より費用も把握しておけば、治療前に予算のめどを立てることもできるのです。

2. オールセラミック

名前のとおり、全てセラミックでできた被せもので、最高の美しさを誇っています。
白いのはもちろん、その白さも、天然の歯に近い白さを再現しているため、見栄えの違和感は一切ありません。
完成度を表現するなら、“自然で透明感がある白さ”という表現がピッタリです。

セラミックの中でも、最も美しいのが、このオールセラミックになります。
また、被せものとしての効果も優秀で、金属アレルギーの心配もないですし、長持ちします。
とにかく一番美しいセラミックにしてほしいのであれば、オールセラミックがそれに該当します。

3. ハイブリッドセラミック

ハイブリッドと表現されているのは、プラスチックとセラミックの両方を使用しているからです。
つまり、100%セラミックではないにしても、セラミックの効果を持っているのがハイブリッドセラミックです。
金属が含まれているものとそうでないものがあるため、金属アレルギーの人はその旨を告げてください。
オールセラミックには及ばないものの、白くて目立たないため、セラミックならではの特徴は持っています。

ちなみに、美しさで言えばオールセラミックの方が上になります。
オールセラミックは天然の歯を再現した、透明感ある白に仕上がっていますが、こちらの場合は、あくまで目立ちにくさがウリなため、自然の歯と同じ色にまでは至りません。
その分、オールセラミックよりは費用が安いので、お値打ちのセラミックとして位置づけられています。

4. メタルセラミック

表側がセラミックで、内側が金属という、ちょっと変わったセラミックです。
構造上、予想がつくかもしれませんが、見える箇所をセラミックにして、見えない箇所が金属になっています。
メタルセラミックの特徴は、見た目と耐久性の両方に優れている点です。
パッと見はセラミックなので、銀歯のように目立つこともありません。

また、実際には金属を使用しているため、噛む際の強度にも優れているのです。
ただし、見栄えにおいては純粋なセラミックの被せものに劣り、特に金属を使用している点から、金属アレルギーを引き起こす可能性がありますし、外見は誤魔化せても、歯茎が変色することがあります。

5. 見栄え以外のセラミックの利点

見栄えの美しさが目立つセラミックですが、実は銀歯と比べると、それ以外にも利点があります。
特に知っておくべきなのが、二次虫歯になりにくいという点です。
セラミックはしっかりと装着され、さらにプラークも付着しにくいので、隙間ができやすい銀歯に比べると、二次虫歯になる確率が、格段に少なくなるのです。

実は二次虫歯というのは、通常の虫歯以上にやっかいなのです。
言ってみれば、同じ歯を再治療するわけですから、状態によっては抜歯に至るケースもあります。
当然その際には治療費がかかってくるわけですし、そう考えると、長い目で見て判断した場合、セラミックは一概に高額とは言えないですし、安全性も高いのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、知っておくべきセラミックの種類についてまとめます。

  1. 種類を知ることの大切さ :治療後にイメージと違うといったトラブルの防止に繋がる
  2. オールセラミック :セラミックの中で最も美しく、自然の歯の白さを再現したもの
  3. ハイブリッドセラミック :プラスチックとセラミックが使われており、費用はオールセラミックより安い
  4. メタルセラミック :見える部分はセラミックで、そうでない部分は金属。金属アレルギーの人は要注意
  5. 見栄え以外のセラミックの利点 :見栄えの良さだけでなく、二次虫歯になりにくいなどの利点がある

これら5つのことから、知っておくべきセラミックの種類について分かります。
ただセラミックを希望するだけでは、あまりにも漠然的すぎるので、どんな仕上がりで、どんな条件を満たしたものがいいのかなど、これらを知っておくことは大切です。
セラミックは種類ごとに特徴や注意点が異なるため、それらを知ることはあなた自身のためでもあるのです。