喫煙者ですが、インプラント治療はできますか?

インプラント治療ができない人の条件を見た時、「ヘビースモーカーの人」という項目があります。
タバコが身体に悪いというのは周知の事実ですが、インプラントとは無関係に思えますし、
本当にタバコを吸う喫煙者はインプラント治療ができないのでしょうか?
ここでは、喫煙とインプラントをテーマにして、治療の可否や関係性について説明していきます。

1. 喫煙者のインプラント治療

あくまで喫煙者というレベルなら、インプラント治療は不可能なわけではありません。
ただし、ヘビースモーカーと呼べるほどの喫煙者なら、治療ができないこともあります。
また、一般的なレベルの喫煙者においても、例え治療はできてもリスクは高まります。

これは決して脅かしているわけではないのですが、インプラント治療には失敗のリスクが生じます。
さらに、実際に失敗した患者さんの状態を調べてみると、
喫煙者のインプラント治療の失敗率は、非喫煙者よりも4倍近くも高くなっているのです。

2. 喫煙はインプラントの危険因子

インプラントの場合、安全性に配慮しなければならないのは治療時だけではありません。
治療後においてもそれは重要であり、いかに細菌に感染しないかが、
インプラントを長く安全に使用する上でのキーポイントになります。

そして、喫煙することでこの安全性が大きく傾いてしまうのです。
つまり、喫煙者は非喫煙者に比べてインプラント治療の失敗、その後のトラブルを招く可能性が高く、
そういったリスクを考慮しているために治療できないことがあるのです。

3. 骨との結合に問題

インプラントを安全に利用するためには、インプラントと骨がしっかりと結合させる必要があります。
しかし、喫煙することによってこの結合に問題が生じてしまうのです。
と言うのも、インプラントと骨を結合させるためには、血流が豊富でなければなりません。
タバコの煙にはニコチンが含まれていますが、これが血管を収縮させてしまいます。

さらに喫煙によって一酸化炭素が発生しますが、これは血流を悪くさせる要因になります。
これらが原因で血流に支障が出てしまい、インプラントと骨がしっかりと結合できなくなります。
そうなると、後にインプラントがグラつく、外れるといったトラブル発生を招いてしまうのです。

4. 歯周病のリスクが高まる

インプラントの天敵とも言える病気が歯周病で、これはインプラントが抜け落ちる事態を招きます。
歯周病がある場合、先に歯周病を治してからインプラント治療を行いますし、
インプラント治療後のメンテナンスでは、歯周病予防を徹底することが基本になります。
そんな中、喫煙者は歯周病になりやすいという事実があります。

喫煙すると血流が悪くなると上記で説明しましたが、血流が悪くなるということは、
それは同時に唾液の分泌量も低下するということになります。
そうなると、口内の細菌が増えやすくなってしまうため、歯周病を引き起こすリスクが高まるのです。
この歯周病がインプラントに影響し、インプラントの寿命は確実に短くなるのです。

5. 治療後の喫煙もNG

ここまでの説明から分かるとおり、インプラント治療で喫煙が問題になってくるのは、
治療時よりもむしろ治療後のことになります。
つまり、治療を終えたからといって喫煙していいというわけではないのです。

極端な話、タバコを全く吸わない人がインプラント治療を行ったとして、
治療後に喫煙してしまえば、ここで挙げてきたことと全く同じ問題が生じるわけです。
インプラント治療の決意は、禁煙の決意と等しいと思っても過言ではありません。

まとめ

いかがでしたか?
喫煙者でもインプラント治療できるのかについてまとめます。

  1. 喫煙者のインプラント治療 :ヘビースモーカーの人は治療できない可能性がある
  2. 喫煙はインプラントの危険因子 :喫煙によってインプラントに様々な問題が生じる
  3. 骨との結合に問題 :喫煙することでインプラントと骨がうまく結合せず、外れてしまうことがある
  4. 歯周病のリスクが高まる :喫煙によって唾液の分泌が低下し、インプラントの天敵である歯周病を招く
  5. 治療後の喫煙もNG :喫煙が問題なるのはむしろ治療後。治療するからには禁煙を決意するべき

これら5つのことから、喫煙者でもインプラント治療できるのかが分かります。
単に治療が可能かどうかの二択であれば、喫煙者でもインプラント治療することは可能です。
ただし、後の安全性を考えて判断すると、喫煙者のインプラント治療はおススメできません。

インプラントには、入れ歯にはない様々なメリットや利便性がありますが、
同時に安全性に関わるようなデメリットも存在します。
喫煙はそんなデメリットを自ら高めてしまうことになるのです。

喫煙者がインプラント治療を希望した場合、治療の可否を判断するのはその場にいる歯科医です。
しかし、例え治療可能の判断が下ったとしても、そこには高いリスクが生じていることを忘れないでください。