ホーム >Blog > インプラントが失敗したらどうなりますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
講演依頼

インプラントが失敗したらどうなりますか?

インプラントは手術を伴う治療のため、どうしても失敗のリスクを考えなければなりません。
歯科医院がインプラントの成功例ではなく失敗例を挙げれば、きっと患者さんは不安に思うでしょう。
しかし、患者さんもインプラントにあるリスクをきちんと知る必要がありますし、
メリットとデメリットを把握した上で治療するかしないかを決めた方が後悔のない選択ができます。
そこで、ここではインプラントの失敗例として実際に起こり得ることを説明していきます。
メリットだけなく、ここで挙げるリスクをデメリットの一つとして考えた上で治療の決断をしてください。

インプラントの脱落


原因はインプラント周囲炎と呼ばれるもので、言わばインプラントにおける歯周病です。 人工の歯と人工の歯の根が歯周病になるのか?そう思うかもしれませんが、歯周病は歯茎の病気です。
つまり歯は一切関係なく、例えインプラントであろうとその箇所が歯周病になることはあるのです。
歯周病になると顎の骨が溶かされていき、インプラントの周囲の骨にも骨吸収が起こります。

一方、インプラントは骨に埋め込むことで固定してあるため、
その骨が失われてしまうことでインプラントが抜け落ちてしまうのです。
この点から分かるとおり歯周病はインプラントを使う患者さんにとって最も注意が必要で、
治療後にメンテナンスの通院に通うのは歯周病予防のためでもあるのです。

血管や神経の損傷

これは手術時に起こる事故ですが、結論から言えば今の医療技術ならまず起こらない問題です。
以前、インプラントの手術ではパノラマレントゲンを使用していましたが、これが事故の起こる原因です。
パノラマレントゲンは二次元画像なので骨の形が平面的にしか分からず、
これが手術の精密さを欠かして血管や神経の損傷を起こす事態を招いていたのです。

「欠かしてしまっていた」と過去形で表現したのは、今ではCTが普及しているからです。
CTが発達した今では骨の状態を立体的に把握できるため、歯科医も精密な手術が可能です。
シミュレーションソフトを用いて計画することもできますし、
設備の充実した歯科医院で手術を行えば、血管や神経の損傷は充分回避できるリスクです。

細菌の感染

手術はどうしても腫れや出血が起こりますが、それが通常のものなら問題はありません。
しかし、細菌の感染を引き起こしている場合は抗生剤を使用するなどの対処が必要ですし、
状態次第ではインプラントを除去しなければならない可能性もあります。
細菌感染のリスクはゼロにできないものの、リスクを減らすための工夫は行われています。

ちなみに、最近のインプラント治療では一回の手術で終えられる一回法が注目されていますが、
一回法は埋め込んだインプラントを露出したままにしておくため、細菌感染のリスクの高さがネックです。
一方、従来の二回法では埋め込んだインプラントに歯肉を被せて縫合するため、
再度切開する二次手術が必要なものの、その分インプラントを細菌感染から守りやすいのです。

審美面でのトラブル

失敗という表現は合わないかもしれませんが、患者さんと歯科医との間に起こるトラブルの一例です。
患者さんが思っていた美しさと実際の仕上がりに差があることがトラブルに繋がり、
歯科医が仕上がりの予想を患者さんに正確に伝えきれていないことが問題です。
ちなみに、インプラントは全ての患者さんに全く同じレベルで仕上げられるわけではありません。

と言うのも、インプラントの仕上がりは骨や歯茎の状態に影響するからです。
良い仕上がりは良い条件が整ってこそ得られるものなので、
必ずしも天然の歯と変わらないほどの仕上がりになるかは断言できないのです。
歯科医と患者さんのコミュニケーションが疎かになることで起こり得る問題です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントが失敗したらどうなるかについてまとめます。

  1. インプラントの脱落 :インプラント歯周炎が原因。インプラントは歯周病に弱いため、徹底予防が必要
  2. 血管や神経の損傷 :CTが普及した現在ならまず起こらない事故。パノラマレントゲンが主の頃に起きた
  3. 細菌の感染 :細菌感染することでインプラントの除去が必要なこともある。一回法の方がリスクは高い
  4. 審美面でのトラブル :患者さんの思う仕上がりと実際の仕上がりの差で起こるトラブル

これら4つのことから、インプラントが失敗したらどうなるかが分かります。
こうした事態を招かないようにするためには、何より信頼できる歯科医院で治療を受けることです。
実際に、インプラント治療は歯科医なら誰でも行える治療です。

このため、インプラント治療をする全ての歯科医が治療技術に長けているとは限らず、
その点で患者さんにとって歯科医院選びが大変重要になりますし、安全性にも影響してきます。
実績、経験、インプラント専門医の資格などに注目し、信頼できる歯科医院で治療を受けてください。

PAGE TOP