ホーム >Blog > インプラントをしている時、食べ物で気をつけたほうがよいものはありますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
講演依頼

インプラントをしている時、食べ物で気をつけたほうがよいものはありますか?

インプラントは天然の歯に近い美しさと安定性を誇りますが、人工の歯であることに変わりありません。
このため、入れ歯などに比べれば食生活を楽しめるものの、あまり硬いものを食べるのはおすすめできません。
硬すぎるものを食べると人工の歯と人工の歯の根(インプラント体)が破損してしまうことがあるのです。
そこで、ここではインプラント使用時に注意すべき食べ物について説明していきます。

注意が必要な食べ物

どんな食品でも、あまりに硬いものは避けるべきでしょう。
入れ歯に比べるとおせんべいなども問題なく噛み砕けますが、
それでも堅焼せんべいや硬すぎるお菓子、さらには硬いパンなどには注意が必要です。

最も、インプラントの耐久性は高いので食べ方を工夫すればこれらも問題なく食べられます。
例えば、小さくして食べやすくするのもいいですし、
飲み物を一緒に口にして口の中で柔らかくするのもいいでしょう。

硬いものを噛むクセは止める

人によっては硬いものをガリガリと噛むクセを持つ人がいます。
例えば、アイスコーヒーを飲んだ時に必ず氷を噛み砕く人がいますし、
ピーナッツの殻を噛み砕いて割る人もいます。インプラント使用時にはこうした行為は控えましょう。

これもまた人工の歯やインプラント体を破損させてしまう原因になり得るからです。
そもそも、これらは単なるクセであって食生活において絶対に必要な行為というわけではありません。
余分なクセでインプラントにダメージを与えるよりは、そのクセ自体を止めた方がいいでしょう。

食べた後にも注意が必要

食事の時だけでなく食事の後にも注意が必要ですし、むしろ食後のケアの方が重要です。
要するに歯磨きで、インプラントは人工の歯であるため虫歯になることはありません。
また、入れ歯のように外して手入れする必要もないため、どうしてもケアを疎かにする人がいるのです。

ここで起こる問題は歯周病で、歯周病は歯肉の病気なのでインプラントを使用していても起こります。
正確にはインプラント周囲炎と呼ばれ、インプラントの箇所が歯周病になってしまうと深刻です。
悪化すればインプラントが抜け落ちてしまう可能性もあるため、歯周病は徹底予防しなければなりません。
ちなみに、治療後はメンテナンスの通院が必要ですが、それは歯周病予防も兼ねているのです。

手術直後の食生活

インプラントなら入れ歯に比べて硬いものも食べられますが、それはあくまで治療後の食生活の話です。
と言うもの、手術直後は食生活においていくつか注意点があるのです。
手術後の2日間~3日間は硬いものもそうですが、刺激の強いものも食べてはいけません。

これらを食べることで、手術による腫れや出血を悪化させてしまう可能性があるからです。
このため、手術直後は柔らかいものしか食べられないですし、
柔らかい以前にゼリーやお粥のように噛まなくていいものを食べるのがおすすめです。
もちろん、栄養も考慮する必要があるのでその点も含めて食べるものをチョイスしてください。

破損した時の対処

もし硬いものを食べてインプラントが破損してしまったら、その時は歯科医院で修理することが必要です。
そもそも、なぜ人工の歯の根がありながらも破損が起こり得るのかを説明すると、
インプラントは天然の歯のような歯根膜がないからです。

天然の歯には、歯と顎の骨の間に歯根膜というものがあり、これがクッションの役割を果たしています。
しかし、インプラントにはこのクッションがないため、その分噛んだ時の力が強くなるのです。
つまり、天然の歯に比べて噛む時の衝撃が強く、そのために割れや欠けといったことが起こるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントをしている時の食べ物の注意点についてまとめます。

  1. 注意が必要な食べ物 :硬すぎるものは禁物。具体的に挙げると堅焼きせんべいや硬いパンやお菓子
  2. 硬いものを噛むクセは止める :氷やピーナッツの殻を噛み砕くクセはインプラントの破損に繋がる
  3. 食べた後にも注意が必要 :食後のケアも大切。歯周病は要注意で、インプラントが抜け落ちる要因になる
  4. 手術直後の食生活 :手術直後は硬いものだけでなく刺激が強いものも厳禁。傷や腫れが悪化する
  5. 破損した時の対処 :修理で対応できる。インプラントは歯根膜がない分、強い衝撃を受けやすい

これら5つのことから、インプラントをしている時の食べ物の注意点が分かります。
硬いものは食べられても硬すぎるものには注意が必要です。また、硬いものを噛むことが問題になる以上、
ここで挙げたように氷やピーナッツの殻を噛み砕くクセがある人はさらに注意が必要です。

このため、もし好物の食べ物の中に硬いものがある場合は、それを食べても大丈夫か確認するのが確実です。
実際にはそこまで硬い食べ物の種類は限られているため、具体例を挙げて確認することは充分可能です。
人工の歯の根がある分入れ歯よりは遥かに丈夫なので、よほど硬いものでなければ問題なく食べられます。

PAGE TOP