ホーム >Blog > 他人からインプラント治療を受けたことが分かってしまいませんか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
講演依頼

他人からインプラント治療を受けたことが分かってしまいませんか?

審美目的でもあるインプラント治療は見栄えも大切なポイントです。
また、その見栄えは自己満足のためではなく他人に美しく見せることが目的でもあります。
歯を失っていることはもちろんインプラントと気付かれず、
美しい天然の歯に見られたいというのが治療を希望する人の本音でしょう。
そこで、ここではインプラント治療を受けたことが見た目で他人に分かってしまうかを説明します。

会話時の違和感は?

インプラント治療直後は発音がしづらいこともあり、そのせいでインプラントと分かる可能性もあります。
最も、会話時の発音のしづらさは入れ歯ほどではないですし、
時間が経って慣れることで違和感もなくなり自然に発音できるようになるでしょう。

ただし、状態次第では症状改善のためのリハビリや調整が必要になることもあります。
また、骨の量などが原因で発音しづらい場合、一旦治療してしまうとできる対処も限られてしまいます。
このため、会話の違和感のなさを気にするなら治療前に歯科医にその点を相談しておくといいでしょう。

見た目の美しさは?

余程他人の歯に注目する人がいるなら別ですが、そうでなければインプラントと分かることはまずありません。
ちなみに、インプラントがインプラント体とアバットメントと上部構造の3つのパーツから出来ており、
他人に見えるのは歯の役割を果たしている上部構造、いわゆる人工の歯の部分です。

このため、できるだけ人工歯だと分かりにくい天然の歯同様の仕上がりを意識するなら、
上部構造の素材にこだわることでより美しい見た目を実現することが可能です。
ただし、仕上がりは歯肉の状態次第でも変わるため、全員が全く同じ美しさを実現できるわけではありません。

食事の際の違和感は?

入れ歯をしているかどうかが分かるきっかけの一つになるのが食事です。食べられる食材が限定される上、
明らかに天然の歯とは違った不自然な噛み方が他人に入れ歯と気付かせてしまいます。
しかし、インプラントの場合は食事の際の違和感は自身にも他人にもありません。

そもそもインプラントに食事制限はないですし、余程硬いものでなければ普通に噛み砕けます。
このため、食事する姿を見てその人がインプラントかどうかに気付くことはまず不可能でしょう。
食事によって外れることもなければ不自然な音もしないため、インプラント治療したことは分かりません。

歯の大きさは?

「見た目の美しさ」と若干意味が重複するかもしれませんが、
インプラントだと分かりにくくするには歯の色だけでなく大きさも重要なポイントです。
いくら白くて美しい歯も、隣接する歯と大きさが異なれば他人に違和感を与えてしまうからです。

しかし、この点においても心配ありません。インプラント治療で使用する人工の歯は、
単に色だけでなく形や大きさにおいても天然の歯に近い再現度を誇っているからです。
さらに言えば、色も単に白いだけでなく天然の歯に近い自然な白さを再現しています。

日常生活では?

一般的な日常生活においても、インプラント治療を受けたことは他人には分かりません。
食事や会話時の発音に関しては既に上記で説明しましたが、
それ以外の点においても日常生活の中にインプラント治療をしたことによる制限は一切ないからです。

ちなみに、今回は「他人にインプラント治療を受けたことが分からないか?」がテーマですが、
もし家族にすら分かってしまうのが嫌だというならそれは不可能です。
なぜなら、治療後もメンテナンスの通院が必要になるため、歯科医院と無縁の生活ができないからです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、他人からインプラント治療を受けたことが分かってしまわないかについてまとめます。

  1. 会話時の違和感は? :発音のしづらさがあっても慣れで改善できるが、状態次第ではリハビリが必要
  2. 見た目の美しさは? :上部構造の素材にこだわれば天然の歯同様の美しさを再現できる
  3. 食事の際の違和感は? :何でも食べられる上に普通に噛めるので、食事する姿を見ても違和感はない
  4. 歯の大きさは? :歯の色だけでなく大きさや形においても天然の歯に近い再現が可能
  5. 日常生活では? :インプラントをしていることでの日常生活の制限も一切ないので気付かれない

これら5つのことから、他人からインプラント治療を受けたことが分かってしまわないかが分かります。
入れ歯を例にして考えると、人工の歯だと他人に気付かれてしまうきっかけは3つあります。
1つは発音の不自然さですが、インプラントにおいてこれは慣れやリハビリで改善される問題です。

2つめは食事する時の不自然さですが、何でも噛めるインプラントなら他人が見た時にも違和感はありません。
そして3つめが見た目ですが、色の大きさも形も全てにおいて天然の歯に近い再現度を誇っています。
このため、インプラント治療が受けたことが他人に分かることはまずないでしょう。

PAGE TOP