ホーム >Blog > インプラントの手術後、運動は大丈夫ですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
講演依頼

インプラントの手術後、運動は大丈夫ですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「インプラントの手術後に運動しても大丈夫なのか」です。
インプラントの手術後は、日常生活でいくつかの注意点があります。

もちろん、その点に関しては実際に治療する歯科医院で事前に説明があるものの、
中にはあらかじめ注意点を把握した上で治療を受けるか検討したいという人もいるでしょう。
そこで、手術後の質問の中でも多く見られる「手術後に運動してもいいのか?」について説明します。

1. 手術直後は運動してはいけない

インプラント手術後は運動してはいけません。もちろん手術後ずっと運動が禁止という意味ではなく、
手術直後の2日間~3日間の話です。どんなに軽い運動でもこの期間は安静していた方がいいので、
わずかな運動でも控えた方がいいでしょう。基本的に安静が必要だと思ってください。

このため、身体を動かす仕事をしている人はその仕事をしても問題ないかを必ず歯科医に確認してください。
また、仕事の話をすると接客や営業の仕事をしている人も注意が必要です。
どちらも運動とは無関係の仕事なものの、手術後は腫れるのでそれが仕事の支障になることがあるからです。

2. 運動がダメな理由

運動がダメな理由は血行が良くなるからです。手術後の痛みや出血は、血行が良くなることで悪化します。
また、運動することで身体が疲労してしまうと、それが原因で抵抗力が落ちて傷の治りが遅れます。
ここで知っておかなければならないのは、「血行が良くなる」という運動がダメな理由です。

つまり、手術後は運動に限らず血行が良くなる行為全般がダメということになるのです。
その視野で考えてみると、運動以外にも血行が良くなる行為は私生活の中にいくつもあり、
それら全てが手術後にやってはいけない行為ということになるのです。

3. 運動以外で血行が良くなる行為

上記で説明したとおり、インプラントの手術後に運動してはいけないのは、血行が良くなってしまうからです。
そこで、運動以外に血行が良くなる行為を日常生活の中から挙げてみます。
ここで挙げた行為は全て運動同様に血行を良くしてしまうため、できれば避けた方がいい行為です。

まず入浴で、特に湯船につかってしまうことで血行が良くなります。
手術当時のお風呂はできれば避けるべきですし、どうしてもお風呂に入りたい時はシャワーだけにしましょう。
また、アルコールの摂取も血行が良くなるため、手術当日のお酒は控えてください。

4. いつから運動できるのか

手術後から2日間~3日間経てば運動してもいいですが、
運動がダメな理由は血行が良くなって傷や出血が悪化してしまうからです。
と言うことは、例え手術から3日経っていても傷や出血が目立つ以上は控えた方がいいということです。

このため、少なくとも傷や出血が目立つうちは激しい運動はしない方がいいですし、
運動量の激しい仕事をしている場合は担当の歯科医に相談するべきです。
ちなみに可能か不可能だけの話でいえば、一般的に手術の翌日から仕事することは可能です。

5. 手術後の注意点は複数ある

今回は手術後の運動をテーマにしたものの、手術後の注意点でいえば運動だけではありません。
例えば、運動と同じく傷の治りを遅くするという意味で喫煙は禁止ですし、
歯磨きに関しても普段どおりにブラッシングするのも同様に禁止です。

さらに、手術当日は麻酔の影響を考えて車の運転を控えた方がいいでしょう。
このように、「手術後の注意点全般」を挙げれば運動以外にもいくつか禁止行為があるのです。
このため、手術後の運動が禁止というのはあくまでも注意事項の一つして捉えておくべきです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントの手術後に運動しても大丈夫なのかについてまとめます。

  1. 手術直後は運動してはいけない :手術後の2日間~3日間は運動してはいけないので安静にするべき
  2. 運動がダメな理由 :運動により血行が良くなって傷や出血の治りに影響する。疲労で抵抗力も落ちる
  3. 運動以外で血行が良くなる行為 :入浴や飲酒も運動と同じで血行が良くなるため控えるべき
  4. いつから運動できるのか :手術後3日ほど経てば可能だが、傷や出血が気になるうちは控えるべき
  5. 手術後の注意点は複数ある :喫煙の禁止や歯磨きの仕方など、運動以外にも注意点はいくつかある

これら5つのことから、インプラントの手術後に運動しても大丈夫なのかが分かります。
手術後の運動は傷や出血を悪化させてしまうため控えるべきなので、
普段運動している習慣のある人は注意が必要ですし、ウォーキングのような軽い運動も同様に控えてください。

また手術後の注意点はいくつかあるため、運動してはいけないというのはそれらの注意点の一つです。
つまり、運動さえしなければ他は普段どおりの生活を送っていいというわけではないのです。
こうした注意点は事前に歯科医から説明があるため、手術後はそれらを守った生活を送るようにしてください。

PAGE TOP