インプラントの手術後、食事は大丈夫ですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「インプラントの手術後の食事について」です。
インプラントの手術後にはいくつかの注意点がありますが、その中でも最も気になるのが食事でしょう。

何しろ口の中を手術するわけですから、食事について疑問や不安を抱くのはある意味当然ですし、
そもそも手術後の状態で食事ができるのかという質問もよく耳にします。
そこで、ここではインプラントの手術後の食事について説明していきます。

1. 噛まずに栄養が摂取できるものを食べる

インプラントの手術をした後でも食事はできますし、むしろ食事をしなければ栄養不足に陥ってしまいます。
とは言え、普段どおりの食生活を送ることは無理ですから次の2つを意識した食事を心掛けてください。
1つは噛まなくてもいいものを食べる、もう1つは栄養のあるものを食べるという意識です。

つまり、インプラントの手術後には「噛まなくて栄養を摂取できるもの」を食べるようにしてください。
例えばヨーグルトやお粥、栄養剤となるゼリーなどがおすすめです。
これらであれば手術後も問題なく食べることができますし、傷口に影響するようなこともありません。

2. 普段の食事に戻すタイミング

これには決まった日数経過はなく、あくまで傷口や出血の状態を見て判断します。
通常は手術後の数日間は上記で説明したものを食べ、
傷口や出血の状態を見ながら徐々にやわらかいものから普段のものへと食生活を戻していきます。

早く普段の食生活に戻りたい気持ちがあるでしょうが、あせらずに徐々に慣れていってください。
ここで無理なものを食べてしまうと傷口が悪化してしまう可能性もありますし、
そうなるとトータルの治療期間にも影響してきます。数ヶ月で何でも食べられるようになるので、
それまでの我慢だと思ってゆっくりと無理せず慣らしていきましょう。

3. 食べてはいけないもの

手術後に食べてはいけないのが、硬いものや刺激物です。
インプラントは何でも噛めるという点で硬いものにチャレンジしたい気持ちは分かりますが、
無理に硬いものを食べると傷口が悪化して出血や痛みを引き起こしてしまいます。

また、辛いものなどの刺激物も同様に傷口の悪化を招いてしまうので要注意です。
このため、いくらうどんのようなやわらかいものを食べたとしても、唐辛子などの香辛料を使うのは厳禁です。
さらに飲み物に関していえば手術後の数日間はアルコールの摂取もNGです。

4. 手術直後の飲食は控えるべき

ここで説明しているのは手術後の食事についてですが、手術直後の食事は控えるようにしてください。
と言うのも、手術直後はまだ麻酔の効果が残っているため、唇を噛んでしまうことがあるのです。
このため、いくらやわらかいものでも手術した直後は麻酔が切れるまで飲食を控えてください。

また、歯科医院によっては手術した当日分の食事としてゼリーなどを渡すところもありますが、
この場合も実際に飲食するのは麻酔が切れた後にしてください。
麻酔が切れても腫れは残りますが、ゼリーやうどんのようなものなら問題なく食べられます。

5. 噛み方の注意

手術後の食事は食べるものだけでなく噛み方にも注意が必要です。
基本的にはインプラントした反対側で噛む意識を持つことで、これは患部に大きな力を掛けないためです。
ただし、両側をインプラントしたケースでは必ずどちらで噛まなければなりません。

この場合、うっかりインプラントの手術をした箇所で噛んでしまわないよう噛む箇所にも注意が必要です。
また、どうしてもうまく噛めずに食事が摂れないならサプリメントなどで栄養を補うこともできますが、
ゆっくりでもいいのでできるだけで食事は摂るようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントの手術後の食事についてまとめます。

  1. 噛まずに栄養を摂取できるものを食べる :ゼリーやうどんなど、噛まずに栄養を摂取できるものを食べる
  2. 普段の食事に戻すタイミング :傷口や出血の状態に応じてやわらかいものから徐々に慣らしていく
  3. 食べてはいけないもの :硬いものや刺激物。うどんなどにかける唐辛子なども刺激物になるので注意
  4. 手術直後の飲食は控えるべき :手術直後は麻酔の効果が残っているため、唇を噛んでしまうことがある
  5. 噛み方の注意 :インプラントをした反対側で噛む意識を持つ。手術した箇所で噛まないように注意

インプラントの手術後の食事で最も注意が必要なのは独断で決めてしまうことです。
「これならいいだろう」という気持ちで食べるものを選んでしまうことで、
思わぬ傷口の悪化や出血を招いてしまうことがあるのです。

実際の治療の場面では歯科医が手術後の食事についての説明も行いますが、
帰宅後に食事についての不明点があれば必ずその都度相談するようにしてください。
人それぞれ好みの食べものや嫌いな食べものも違うため、食べたいものがあれば相談するのが確実です。