インプラントをして数年後にインプラント体が動揺・脱落してしまった

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「インプラントの動揺や脱落の問題」です。
インプラントが天然の歯に近いのは、単に見栄えや噛む強さだけではありません。

人工の歯の根を顎の骨に埋め込んでいるため、歯としての安定性も天然の歯に匹敵しているのです。
しかし、そんなインプラントでも問題が生じると動揺や脱落といった事態を引き起こします。
そこで、ここではインプラントが動揺や脱落を起こすきっかけとなる問題について説明していきます。

1. スクリューの緩みや破損

インプラントが動揺するという患者さんは、大抵の場合上部構造を固定するスクリューの緩みが原因です。
また、中にはインプラントが完全に折れてしまっているというケースもあります。
こうした事態を引き起こす要因は過剰なまでの噛む力であり、つまり強すぎる咬合力にあります。
インプラントの咬合力は天然の歯に近く、数値で示すと天然の歯の9割の力で噛むことができます。

食事の時にも不自由さがなく、基本的に何でも噛めるのはこうした咬合力の高さが理由です。
さて、本来天然の歯には歯根膜があり、これが噛んだ時の衝撃を調節してくれています。
しかしインプラントには歯根膜がないため、実際の噛んだ時の衝撃は天然の歯以上になるのです。
このため過剰な力で噛んでしまうと、その衝撃によってスクリューの緩みや破損を招いてしまうのです。

2. インプラント周囲炎

インプラントの脱落として考えられるのが、インプラント周囲炎による影響です。
インプラント周囲炎とはインプラントの歯周病であり、これはインプラント使用の上で最も警戒すべき病気です。
人工の歯であるインプラントは当然虫歯にはなりませんが、歯肉がある以上歯周病にはなります。
そして、インプラントした箇所が歯周病になることをインプラント歯周炎と言うのです。

歯周病が進行すると顎の骨が溶かされ、それを支えにしている歯が抜け落ちてしまいます。
インプラント歯周炎もこれと全く同じで、進行することで骨が溶かされてインプラントが脱落してしまうのです。
また、インプラント周囲炎は従来の歯周病に比べて進行が早いという厄介な特徴も持っています。
人工の歯だからと言ってケアを疎かにしてしまうと、すぐインプラント周囲炎になってしまいます。

3. 治療の失敗

インプラントは大掛かりな治療なものの、治療をする上で必要な資格はありません。
つまりインプラント治療の経験や知識とは無関係に、歯科医であればインプラント治療できるのです。
インプラント治療を受ける上では歯科医院選びが重要ですが、その理由がこれにあります。
経験や実績に乏しい歯科医院で治療を受けてしまうことで、こうした失敗を招くリスクが高くなるのです。

また、中には粗悪な素材を使うことで安くインプラント治療を謳う歯科医院もあります。
粗悪な素材を使えば当然寿命も短くなり、使用して数年でインプラントの動揺や脱落も起こり得ます。
全てがそうというわけではありませんが、その点を考えると格安インプラントには注意が必要です。
価格崩壊と言えるほどの格安の費用を提示してある場合は、その歯科医院の口コミや評判を調べましょう。

4. 定着期間中の問題

使用して数年と言うテーマからは逸れてしまいますが、脱落を招く可能性があると言う点で触れておきます。
インプラントは手術後に定着期間があり、これはインプラントと顎の骨が結合するのを待つ期間です。
この定着期間の過ごし方によっては結合がうまくいかず、インプラントが脱落してしまう可能性があるのです。
具体的には、手術した患部を指で触れたり舌で撫でたりする行為です。

こうした行為でもインプラントに負荷を掛けることになり、うまく結合しないことで脱落してしまいます。
患部が気になる気持ちは分かりますが、軽率に触れることはこうした事態を招く可能性があるのです。
最も、定着期間中の注意点は歯科医から説明がありますし、
不安であればインプラント脱落に繋がる可能性がある注意点を確認しておくといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントの動揺や脱落の問題についてまとめます。

  1. スクリューの緩みや破損 :咬合力が強すぎると、スクリューの緩みや破損でインプラントが動揺する
  2. インプラント周囲炎 :インプラントにおける歯周病。歯周病よりも進行が早く、インプラント脱落を招く
  3. 治療の失敗 :治療の失敗が原因と言うこともあり得る。信頼できて実績に長けた歯科医院を選ぶべき
  4. 定着期間中の問題 :患部に触れたり舌で撫でたりすることでインプラントに負荷が掛かり、脱落を招く

これら4つのことから、インプラントの動揺や脱落の問題が分かります。
こうしたインプラントの動揺や脱落が起こる要因は予防することも可能です。
メンテナンスを欠かさずケアを徹底することでインプラント周囲炎は防げますし、
専門医などが在籍する信頼できる歯科医院で治療を受けることで、失敗のリスクを減らすこともできるのです。