インプラントをしてから、頬や舌のあたりを噛んでしまいます

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「インプラント後に頬や舌を噛む悩み」です。
インプラントをした後、今までと違った感覚のせいで悩んでしまう人がいます。
例えば、すぐに頬や舌を噛んでしまうというのもそんな悩みの中の一つです。

こういった場合、インプラントをした後という点から考えると、
もしかして何か問題が起こっているのではないかと心配になってしまうでしょう。
そこで、なぜインプラントをした後に頬や舌を噛んでしまうのか、その理由と対策を解説していきます。

1. 歯がない期間が長かったことが原因の可能性

歯がなくなってしまうと、当然そこにはスペースが生まれます。
そして、歯がない期間が長くなることでそのスペースに頬や舌が入り込んでしまいます。
この状態でインプラントを行うと、頬や舌からすればスペースの箇所に突然歯が現れたことになります。
頬や舌にとってこれは言わば環境の変化であり、頬や舌の筋肉がその変化に対応しきれていないのです。

このため、噛んだ時にそこに頬や舌がある事態が起きますし、
頬や舌からすればそこに歯がくるというのは逆に想定外なのです。
この場合、まずは頬や舌を噛まないような慣れも必要になるため、
リハビリの気持ちで最初はやわらかいものをゆっくり噛むようにして、徐々に慣らしていくといいでしょう。

2. 噛み合わせが合っていない可能性

インプラントを快適に使用するには、何より噛み合わせが重要です。
これは天然の歯にも言えることで、噛み合わせが悪いことで思わぬ箇所を噛んでしまうこともあるのです。
インプラントは人工物ですから、こうした噛み合わせの悪さを調節して改善することができます。
最も、本来治療の際に噛み合わせの調整は歯科医が慎重に行います。

しかし、何らかの理由で噛み合わせのバランスが崩れている、
高さが合っていないなどの可能性が考えられます。
この場合、歯科医院に行って担当の歯科医に相談して診察を受けてください。
ちなみに、インプラントは定期的にメンテナンスが必要で、その都度噛み合わせのチェックも行います。

3. インプラント後に起こり得るその他の問題

ここではインプラントした後に頬や舌を噛むのがテーマになっていますが、
実際にはそれ以外にもインプラントした後に起こり得る問題はいくつかあります。
例えば、インプラント周囲の歯肉が腫れたり出血したりする場合は、インプラント周囲炎が考えられます。
これはインプラントにおける歯周病で、インプラントを使用する上で最も注意が必要な病気です。

また、それ以外にも発音がしにくくなる、噛んだ時に痛みを感じる、
隣接する歯がグラつくなどの症状が起こることもあります。
いずれも歯科医の診察を受けることが必要なので、実際に症状が起きたらすぐ歯科医院に行ってください。

4. インプラントはリスクが高いのか

ここまでの解説を見てみると、中にはインプラントはリスクが高いのではないかと心配する人もいるでしょう。
最も、インプラントは手術を伴う治療になるため、リスクが発生することは事実です。
しかし、技術と知識に長けた歯科医に治療を受ければ、そういったリスクをほぼゼロにすることもできます。

その意味では、治療を受ける歯科医院選びも重要になってきます。
虫歯治療などの場合は通院の手間を考えて距離だけで歯科医院を決めてしまいがちですが、
インプラントの場合はリスクがある以上、実績に長けた信頼できる歯科医院で治療を受けるべきでしょう。

5. メンテナンスの重要性

インプラントは治療後もメンテナンスのための通院が必要です。
これを面倒に感じる人もいますが、疎かにしてしまうと様々な問題が引き起こされる危険性があります。
例え快適に使用できていても、メンテナンスをしないと噛み合わせも徐々に悪くなっていくでしょう。

噛み合わせが悪ければ、それこそ今回のテーマのような頬や舌を噛む問題が起きますし、
他にもインプラント歯周炎やインプラントのグラつきといった問題が起こることもあるのです。
治療後のこのような問題を一つでも減らすためには、何よりメンテナンスが欠かせないのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラント後に頬や舌を噛む悩みについてまとめます。

  1. 歯がない期間が長かったことが原因の可能性 :頬や舌の筋肉が、歯がない状態の頃に慣れすぎている
  2. 噛み合わせが合っていない可能性 :噛み合わせのバランスが崩れている、もしくは高さが合っていない
  3. インプラント後に起こり得るその他の問題 :インプラント歯周炎、発音しづらくなる、噛むと痛むなど
  4. インプラントはリスクが高いのか :リスクがあるのは事実。だからこそ信頼できる歯科医院で治療すべき
  5. メンテナンスの重要性 :インプラント後に問題が起こらないようにするには、メンテナンスが欠かせない

これら5つのことから、インプラント後に頬や舌を噛む悩みが分かります。
原因として考えられるのは「歯がない期間が長かったことで頬や舌の筋肉が対応しきれていない」、
もしくは「噛み合わせが合っていない」のどちらかである可能性が高いでしょう。
もちろん診察しないことにはどちらが原因なのかは断言できないですし、
今回のテーマに限らず、インプラント後に何か違和感があった時は必ず歯科医に相談してください。