ホーム >Blog > 詰め物がとれたまま放置すると何か問題がありますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

詰め物がとれたまま放置すると何か問題がありますか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「詰め物がとれたまま放置すると起こる問題」です。
何かの弾みで詰め物がとれてしまった、そんな経験をした人もいるでしょう。
詰め物は虫歯の治療跡を覆うためのものですから、この時点で虫歯治療は終わっていることが考えられます。

このため、別にとれてしまっても何も問題ないのではないかと考える人もいます。
しかしそれは間違いで、詰め物がとれてそのままにしておくことで様々な問題が起こるのです。
また、「詰め物を入れた=虫歯治療が終わった」とは限らないですから、
治療途中の虫歯に影響を与えることにもなり、ここではとれた詰め物を放置して起こる問題をお伝えします。

1. 虫歯になる

歯は表面のエナメル質によって保護された状態になっています。
しかし、詰め物をした歯は削ってあるためエナメル質のない状態になっているのです。
本来ならエナメル質がなくても詰め物によって保護されていますが、
これがとれてしまったことでエナメル質の奥にある象牙質が剥き出しになってしまうのです。

象牙質は非常に柔らかく、虫歯が起こるのも早ければ進行するのも早いです。
もし詰め物をした歯が虫歯治療の途中だった場合は進行しやすくなりますし、
治療が終わって虫歯のない状態だったとしてもすぐに虫歯になってしまいます。
人間の身体で例えるなら、詰め物のとれた歯は鎧を失った裸の状態と同じようなものなのです。

2. 冷たいものや熱いものがしみる

虫歯が進行すると冷たいものや熱いものがしみるようになりますが、
これは虫歯が象牙質まで進行したことで、象牙質がエナメル質に保護されなくなってしまったのが原因です。
上記で「象牙質は柔らかい」と説明しましたが、刺激に対して非常な敏感な特徴もあるのです。
本来冷たいものや熱いものを飲食しても平気なのは、エナメル質が歯を刺激から守っているからです。

このため、虫歯が進行してエナメル質を突き破ることで、
象牙質の一部が剥き出しになって刺激を受けてしまうのです。
ちなみに、詰め物がとれた歯は象牙質が剥き出しなっているため、これと同じ状態にあります。
つまり、詰め物がとれたままにしておくと冷たいものや熱いものがしみるようになってしまうのです。

3. 歯が割れる、ヒビが入る

詰め物がとれた歯は脆い状態にあるため、硬いものを噛むと割れる、もしくはヒビが入ることがあります。
特に奥歯の場合は噛んだ時にかかる力も強いため、その力がそのままかかれば簡単に割れてしまうでしょう。
もし割れた場合は神経の除去が必要になる可能性がありますし、割れ方によっては抜歯もあり得ます。
つまり、詰め物がとれた歯を放置することは歯を失うことにもなるのです。

ちなみに、歯が割れたり欠けたりするのは硬いものを噛んだ時に起こり得るわけですから、
言い換えるなら「詰め物がとれたまま放置すると硬いものが食べられない」ということにもなるでしょう。
硬いものが食べられないことは当然食生活に影響を与えます。
ただ詰め物がとれたのを放置するだけで、普段どおりの食生活を送れなくなってしまうのです。

4. 歯肉が腫れる

詰め物がとれた歯と歯肉、一見無関係に思えますがそれでもありません。
なぜなら、詰め物がとれた歯を放置することで歯肉が腫れてしまう可能性があるからです。
これはそこに至るまでの流れで説明した方が分かりやすいと思います。
まず、詰め物がとれたことで歯に溝や隙間が生じるため、そこは食べカスが詰まりやすくなります。

そして、食事のたびに食べカスが詰まることで食べカスが何層にも重なってしまうのです。
こうなると歯肉を圧迫することになってしまい、その影響で歯肉が腫れてしまうのです。
この状態をフードインパクション、もしくは食片圧入と呼び、
酷い場合は歯肉が退縮して下がってしまう、さらには歯槽骨が破壊されることもあり得ます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、詰め物がとれたまま放置することで起こる問題についてまとめます。

  1. 虫歯になる :詰め物がとれて象牙質が剥き出しになった歯は虫歯になりやすく、進行もしやすい
  2. 冷たいものや熱いものがしみる :象牙質が剥き出しになっていることで、刺激に敏感になってしまうため
  3. 歯が割れる、ヒビが入る :詰め物がとれた状態の歯は脆く、硬いものを噛むと歯がヒビ割れてしまう
  4. 歯肉が腫れる :食べカスが詰まりやすいため、フードインパクションが起こって歯肉が腫れる

これら4つのことから、詰め物がとれたまま放置することで起こる問題についてまとめます。
身体の病気やケガは、大丈夫だと思って放置することで予想外の深刻な事態に発展することがあります。
詰め物がとれた歯を放置することも、まさにそれと同じことが言えます。

すぐ歯科医院に行けば何でもないことですが、
これを放置することで歯を失う可能性がありますし、お伝えしたように歯槽骨の破壊もあり得ます。
こうした事態を招かないためにも、詰め物がとれた際はすぐ歯科医院に行くようにしましょう。

PAGE TOP