ホーム >Blog > セラミックの詰め物は金属よりも優秀だと聞きますが、逆に金属の方が優れている部分は何ですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

セラミックの詰め物は金属よりも優秀だと聞きますが、逆に金属の方が優れている部分は何ですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「金属がセラミックよりも優れている部分」です。
最近では詰め物の材質にセラミックを希望する人が多く、金属ではなくセラミックが主流になりつつあります。

このため、多くの歯科医院のHPでセラミックについての説明がなされています。
しかし、どんな材質にもメリットとデメリットがありますし、セラミックにおいてもそれは例外ではありません。
そこで、ここでは敢えてセラミックのデメリットに注目し、金属の方がむしろ優れている部分を挙げていきます。

1. 費用が安い

金属…すなわち銀歯の詰め物の最大のメリットは費用が安いことです
。 銀歯は健康保険が適用されますが、セラミックの場合は適用されないため費用に大きな差が出るのです。
比較的お手軽とされているハイブリッドセラミックでさえ、保険が適用されないことで費用は高額です。

最も、審美性や機能性で銀歯がセラミックに劣るのはこの費用の安さが1つの理由になっています。
健康保険適用には最低限の治療であることが前提になるため、銀歯は審美性や機能性は高くありません。
逆に、セラミックは確かに高額ですがその分高い審美性と機能性を誇っているのです。

2. 硬くて割れにくい

詰め物としての硬さで比較すれば、セラミックよりも銀歯の方が丈夫です。
何しろセラミックは陶器ですし銀歯は金属なので、銀歯の方が硬くて割れにくいというのはある意味当然です。
このため、奥歯の詰め物においては依然セラミックよりも銀歯を希望する人がいるのです。

奥歯は目立たないのでそこまで審美性にこだわらない、
むしろ力が掛かることで頑丈な銀歯にしたいという人が多いのです。
ただし、このセラミックの割れやすさはセラミックの種類次第で克服可能です。
近年登場したジルコニアセラミックは硬すぎると言えるほど硬く、奥歯で使用しても充分な強度を誇ります。

3. どの歯科医院でも希望できる

銀歯は費用だけでなく治療方法にもお手軽さがあります。
と言うのも、どの歯科医院でも銀歯の詰め物には対応しているからです。
例えばセラミックの場合、セラミックの種類によってはそれに対応していない歯科医院もあるのです。

ジルコニアセラミックにしたいけどその治療をしてくれる歯科医院がない、
患者さんの地域によってはそんな不便さに悩むこともあるでしょう。
一方銀歯にはそんな不便さはなく、銀歯の詰め物をしてくれる歯科医院が見つからないことはあり得ません。

4. 短い周期で新品にできる

銀歯はセラミックに比べて寿命が短く、それが銀歯の欠点の1つとも言われています。
しかし、見方によってはこれも銀歯がセラミックに勝るメリットだと捉えることもできます。
なぜなら、寿命が短いことでセラミックに比べて短い周期で新品にできるからです。

その気になればセラミックを短い周期で交換することも可能ですが、
費用の高いセラミック治療をそこまで短い周期で希望する人はまずいません。
その点銀歯は費用が安いですから、セラミックに比べて少ない負担で新品に交換できるのです。

5. 二次虫歯と金属アレルギーについて

「銀歯は二次虫歯が起こりやすく金属アレルギーの対象にもなる」…これは事実です。
そして、この事実を理由に金属の詰め物ではなくセラミックの詰め物を希望する人がいますが、
金属の詰め物全てがこの欠点を持っているわけではありません。
と言うのも、金属の詰め物は銀歯だけでなく金歯という選択肢もあるからです。

そして金歯は二次虫歯になりにくいですし、イオン化しにくいことから金属アレルギーも起こりにくいのです。
ただし金歯はセラミックと同じで保険が適用されないですし、
だったら金歯でなく審美性の高いセラミックを希望するという人がほとんどです。
しかし、金歯という選択肢があることを知っておいて損はありません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、金属がセラミックよりも優れている部分についてまとめます。

  1. 費用が安い :健康保険適用の有無の差があるため、銀歯とセラミックでは費用に大きな差がある
  2. 硬くて割れにくい :単純な強度はセラミックよりも銀歯が上。ただしジルコニアセラミックは強度が高い
  3. どの歯科医院でも希望できる :銀歯に対応できない歯科医院はまずないため、歯科医院探しに困らない
  4. 短い周期で新品にできる :費用が安い分、短い周期で新品に交換しても大きな負担にならない
  5. 二次虫歯と金属アレルギーについて :金歯を選べば、二次虫歯や金属アレルギーをある程度予防できる

これら5つのことから、金属がセラミックよりも優れている部分が分かります。
詰め物の材質は金属かセラミックの二択が主ですが、
単に人気というだけでセラミックを選択すれば思わぬ欠点に後悔するかもしれません。
金属の詰め物にもここでお伝えしたようなメリットがあるため、
それぞれのメリットを把握した上で金属かセラミックかを決めてください。

PAGE TOP