ホーム >Blog > 詰め物が割れてしまうことはありますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

詰め物が割れてしまうことはありますか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「詰め物が割れてしまう可能性」です。
気付いたら詰め物が取れていた、詰め物が割れてしまった…こうした経験のある人もいるでしょう。

先に今回のテーマに回答するなら、詰め物が割れてしまうことはあります。
また詰め物を失うという意味で答えるなら、割れるだけでなく前述したように取れてしまうこともあります。
ではなぜこうした事態が起こるのでしょうか。そして詰め物が割れるとどうなるのでしょうか。

1. 詰め物が割れる原因

ぶつけたというような事故のケースを除くと、詰め物は割れる原因は主に3つです。

1つ目は詰め物の劣化…詰め物は人工物ですから、永久に使用できるわけではありません。
長年使用することで劣化し、セメントの接着が弱まって外れてしまうのです。
最も、この場合は「割れる」ではなく「取れる」と表現するのが的確です。

2つ目は詰め物の高さが合っていない…詰め物を入れる時には高さを合わせますが、
これが合っていないと噛んだ時に割れてしまうことがあります。
特に歯全体を覆う被せ物が割れた場合、高さが合っていなくて割れるケースが多いですね。

3つ目は噛み合わせの悪さ…噛み合わせが悪いと歯全体に均等に力が掛からず、
特定の歯だけに強い力が掛かります。そうなると、その歯には必要以上の負担が掛かることになるのです。
それによって詰め物がダメージを受け、割れてしまうというケースがあるのです。

2. 詰め物が割れて起こる問題

では、詰め物が割れるとどんな問題が起こるのでしょうか。
誰もが真っ先に想像するのが見た目の悪さです。詰め物の下にあるのは虫歯の治療跡ですから、
詰め物が割れることでそれが剥き出しになるのは、人から見て不衛生に感じてしまいます。

また、詰め物が割れることで二次虫歯が起こります。
歯科医の視点で意見するなら、詰め物が割れることの最大の問題点がこの二次虫歯です。
詰め物が取れた歯はエナメル質がなく、人間の身体で例えるなら丸裸の状態です。

このため、すぐに細菌に感染してしまうのです。
二次虫歯を繰り返せばその都度治療で歯を削ることになり、やがて歯は失われてしまうのです。
つまり、最終的な意味も含めれば詰め物が割れることは歯を失う要因になるのです。

3. 詰め物の割れを防ぐには

詰め物が割れるのを防ぐには、2つのことを実践する必要があります。
1つは詰め物の異常に気付くことで、そうすることで詰め物の劣化や問題に敏感に対応でき、
詰め物が割れてしまうことを防ぐことができます。

もう1つは、長持ちする詰め物を使用することです。詰め物には寿命がありますが、
使用する材質によって寿命が異なりますし、その後のケア次第でも詰め物の寿命は大きく変わります。
つまり、「詰め物の異常に気付く」、「長持ちする詰め物を使用する」…この2つが詰め物の割れ防止になります。

4. 定期検診のすすめ

上記で詰め物の割れ防止のポイントを2つ説明しました。
問題はそのポイントをどうやって実践するかですが、そこでおすすめなのが歯科医院の定期検診です。
定期検診ではお口の状態をチェックするため、詰め物に問題があれば歯科医がそれに気付きます。

つまり、自分では分かりにくい詰め物の劣化や異常に気付くことができるのです。
それに気付くことができれば新品のものと交換し、割れたり取れたりする前に対応が可能です。
お口の状態をチェックすることで、噛み合わせの悪さにも気付けます。

5. セラミックのすすめ

「長持ちする詰め物を使用する」…それを考えると材質としておすすめなのはセラミックです。
元々セラミックは寿命が長く、ケア次第で10年どころか20年使用できることもあります。
さらに歯との接着の相性も良いため、接着が剥がれにくいメリットもあるのです。

最も、セラミックは陶器ですから強度について心配する人もいるでしょう。
確かにセラミックは単純な硬さでは銀歯に劣るものの、銀歯は二次虫歯になりやすい欠点があります。
また、最近では強度においても申し分ないジルコニアセラミックというものもあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、詰め物が割れてしまう可能性についてまとめます。

1. 詰め物が割れる原因 :詰め物の劣化、詰め物の高さが合っていない、噛み合わせが悪いなど
2. 詰め物が割れて起こる問題 :虫歯の治療跡が剥き出しで見た目が悪い、二次虫歯が起こるなど
3. 詰め物の割れを防ぐには :詰め物の異常に気付く、長持ちする材質の詰め物にするなど
4. 定期検診のすすめ :定期検診を受ければ、歯科医がお口の状態をするので詰め物の異常に気付ける
5. セラミックのすすめ :セラミックは寿命が長い上、接着がしっかりしているので取れにくい

これら5つのことから、詰め物が割れてしまう可能性が分かります。
詰め物は劣化や高さが合わないことで割れることがあり、
割れると見た目の悪さの問題や二次虫歯が起こります。

とは言え詰め物の状態を自分でチェックするのは難しいため、
歯科医院の定期検診を受けていち早く詰め物の異常に気付ける環境を作りましょう。
また、長持ちと二次虫歯の予防を考えてセラミックにするのも良い方法です。

PAGE TOP