ホーム >Blog > 詰め物を入れる時に痛みはありますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

詰め物を入れる時に痛みはありますか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「詰め物を入れる時の痛みの有無」です。
虫歯治療においては、症状そのものよりも治療の痛みを気にする患者さんがほとんどです。

確かに、一般的に「歯科医院の治療=痛い」というイメージが根付いているため、
患者さんが治療の痛みを気にする心理は当然かもしれません。
そこで、ここでは虫歯治療の過程の中で詰め物を入れる時の痛みの有無について説明していきます。

1. 痛みの有無

あいまいな回答になってしまいますが、詰め物を入れる時に痛むかどうかは人それぞれです。
と言うよりも、「虫歯の程度」に異なると表現した方が正確かもしれません。
詰めものというのは歯を削った後、その箇所を覆う形で入れることになります。

このため、1つの目安を挙げると歯を削った時に痛むのであれば詰め物を入れた時も痛む可能性があります。
最も、詰め物を入れる際に痛む場合は我慢せずにその旨を歯科医に伝えてください。
そうすれば麻酔を使用するなど何らかの処置をしてくれますし、そもそもこの時の痛みはすぐに治まります。

2. 詰め物を入れた後の痛み

詰め物の痛みが気になる人は、材質として銀歯を使用するのはあまりおすすめできません。
と言うのも、銀歯の詰め物は入れる時でなく入れた後にも痛みを感じることがあるからです。
これは、金属が持っている熱を伝えやすいという特徴が理由になっています。

詰め物を入れない状態だと象牙質が剥き出しになっているため、刺激に対して非常に敏感な状態にあります。
詰め物を入れることでそれは解決するのですが、銀歯は金属であるため熱を伝えやすいのです。
このため、銀歯の場合は詰め物を入れたとしても冷たいものや熱いものの飲食で痛むことがあるのです。
時間が経つことで痛まなくなりますが、それまでには少々時間が掛かるのが難点です。

3. 痛みは我慢してはいけない

詰め物を入れる際も入れた後も、痛みを感じるのであればそれは我慢してはいけません。
結論から言ってしまえば、詰め物を入れる際も入れた後も痛むことはあります。
そして、それが詰め物を入れることでどうしても感じる痛みであれば仕方ないでしょう。

しかし、全く別の理由で痛んでいる可能性もあるのです。
例えば、詰め物がピッタリ合っていないせいで痛んでいるのかもしれないですし、
痛みの程度からそれを判断することは不可能です。
このため、詰め物の装着や使用で痛む時は1度歯科医に相談してください。

4. 詰め物の必要性

「詰め物を入れる時に痛むことがある」と表現してしまうと、中には詰め物を嫌がる人もいるでしょう。
では虫歯治療において詰め物は絶対必要なのでしょうか?…その答えはイエスです。
削った歯は患部がエナメル質に覆われていない状態になるため、刺激に対して敏感になっています。

また、それだけでなく細菌にも感染しやすく割れやすい…つまり非常に脆い状態にあるのです。
詰め物はそういった刺激から守る、さらには細菌の感染や歯の割れを防ぐ役割を担っています
このため、虫歯治療で歯を削った際には詰め物は必ず必要になるのです。

5. 二次虫歯について

詰め物をした歯は永久に安全とは限りません。詰め物に覆われているはずの歯が虫歯になることもあり、
それを二次虫歯、もしくは二次カリエスと呼びます。成人の虫歯治療においては二次虫歯のケースが多く、
詰め物をした歯はむしろ他の健康な歯以上にケアが大切です。

この二次虫歯が起こり得るという事実を知っておいてください。
例えば詰め物をして何年か経ち、忘れた頃に詰め物が痛むようになったとします。
その場合は詰め物が入っていることが原因ではなく、二次虫歯が原因で痛んでいる可能性があるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、詰め物を入れる時の痛みの有無についてまとめます。

1. 痛みの有無 :痛みの有無は人それぞれ。歯を削った時に痛む場合は詰め物を入れた時にも痛みやすい
2. 詰め物を入れた後の痛み :詰め物を入れた後も痛むことがあり、特に熱を伝えやすい銀歯は痛みやすい
3. 痛みは我慢してはいけない :全く別の理由で痛んでいる可能性もあるため、痛む時は歯科医に伝える
4. 詰め物の必要性 :詰め物は歯を刺激から守り、細菌の感染や割れを防ぐ役割を担っているので絶対必要
5. 二次虫歯について :詰め物を入れてしばらく経ってから痛むようになった場合は二次虫歯かもしれない

これら5つのことから、詰め物を入れる時の痛みの有無が分かります。
詰め物を入れる時の痛みは人によって感じることもあれば感じないこともあります。
ただし、痛みを感じる場合はその旨を歯科医に伝えることで何らかの処置を受けられます。

最も一般的な方法は麻酔の使用で、麻酔をしてから詰め物を入れることで痛みは感じなくなるでしょう。
また、詰め物を入れる時の痛みはあくまで一時的なものなので、長く続くことはありません。
このため、痛みが長く続くようであれば別の原因の可能性があるため、必ず歯科医に相談してください。

PAGE TOP