ホーム >Blog > 銀歯を使っていますが、セラミックに変えてもらうことはできるのでしょうか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

銀歯を使っていますが、セラミックに変えてもらうことはできるのでしょうか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「銀歯からセラミックへの交換について」です。既に銀歯を使用している方の中には、セラミックに興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

さて、今回のテーマでもある銀歯からセラミックへの交換についてですが、これを行うことは可能です。セラミック治療を受けることで銀歯の詰め物や被せ物をセラミックに交換することができるのです。とは言え、単に審美性だけで交換を希望するというのはあまりおすすめできません。審美性を含め、銀歯とセラミックそれぞれの特徴を理解した上で検討すべきでしょう。

1. 銀歯の特徴

銀歯は詰め物や被せ物としてはそれほど優秀ではなく、メリットを挙げるなら「安さ」と「硬さ」です。既に銀歯を使用している方は知っていると思いますが、銀歯は健康保険適用となるため費用が安く、さらに金属を材質としているために硬さにおいても申し分ありません。

しかし、銀歯にはいくつかのデメリットもあります。まず真っ先に挙げられるのが審美性の低さで、これが理由でセラミックを希望する方がほとんどです。さらに銀歯は二次虫歯にかかりやすく、劣化することで金属イオンが溶け出して歯肉が黒く変色してしまいます。

それ以外にも銀歯は寿命が短いですし、金属アレルギーの対象にもなってしまいます。デメリットだらけの説明になりますが、実際銀歯にはデメリットが多く、前述したように長所となるのは「安さ」と「硬さ」のみと言っても過言ではないのです。

2. セラミックの特徴

セラミックは詰め物や被せ物として大変優秀な材質です。審美性が高く、セラミックはただ白いだけでなく天然の歯に近い光沢も持っています。また、見た目だけでなく機能性にも優れており、特に注目なのが二次虫歯の予防の高さです。

セラミックはプラークが付着しにくいですし、その上歯との接着の相性も抜群です。しかも劣化しにくいため歯との間に隙間が生じにくく、銀歯に比べて二次虫歯にかかりにくいのです。デメリットを挙げるなら2つで、1つが「費用の高さ」、もう1つが「割れや欠けの可能性」です。

まず費用の高さですが、セラミックは健康保険が適用されないため、銀歯に比べて費用が高くなります。そして割れや欠けの可能性ですが、陶器であるセラミックは金属の銀歯よりは強度においては劣ります。最も、以下の項目で説明していきますが、セラミックの種類によっては硬さの弱点の克服が可能です。

3. セラミックの種類

銀歯に種類はないですが、セラミックにはいくつかの種類があります。そして、それぞれのセラミックごとで特徴が異なります。

オールセラミック

文字どおり100%セラミックであり、セラミックの中でも最も美しいタイプです。劣化も起こりにくく、ケア次第で10年以上はもちろん、20年使用している方もいるほどです。ただし、セラミックの中でも費用は高くなります。

ハイブリッドセラミック

レジンとセラミックを混ぜたタイプであり、100%セラミックでない分費用が安く設定されています。このため、セラミックの中でもお手軽なセラミックとして位置づけられています。オールセラミックには劣るものの、セラミックならではの充分な美しさを誇ります。

メタルボンド

見える表側がセラミック、見えない裏側が金属になった特殊なタイプです。金属が混ざっていることで金属ならではの硬さを得られるのがメリットです。ただし金属を使用しているため、セラミックとは言え金属アレルギーの対象になるので要注意です。

ジルコニアセラミック

新しいタイプのセラミックで、ジルコニアはダイヤモンドの代わりに用いられることもあります。このためジルコニアセラミックは非常に硬く、脆いというセラミックの欠点を補ったタイプでもあります。これも100%セラミックであるため、費用は高めになっています。

…どのセラミックも審美性の高さや二次虫歯の予防といった、セラミックならではのメリットは持っています。ただし細かい点で違いがあるため、どのセラミックにするかは慎重に選びましょう。

4. おすすめのセラミックは

これについてはこの場で断言することはできません。と言うのも、患者さんが何を重視するかでおすすめのセラミックは異なってくるからです。例えば費用の安さを最優先するのであれば、単純にハイブリッドセラミックがおすすめです。

しかし機能性の高さやより高い審美性を求めるのであれば、おすすめとなるのはオールセラミックやジルコニアセラミックです。つまり、セラミックにおいて何を重視するか?…それを考えることでおすすめのセラミックが決まります。

まとめ

いかがでしたか?最後に、銀歯からセラミックへの交換についてまとめます。

  1. 銀歯の特徴 :安さや硬さがメリット。審美性が低く、二次虫歯にかかるリスクも高い
  2. セラミックの特徴 :審美性だけでなく機能性も高く、二次虫歯を予防できる。高額なのが欠点
  3. セラミックの種類 :セラミックにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なる
  4. おすすめのセラミックは :費用、審美性、機能性、何を重視するかで決まる

これら4つのことから、銀歯からセラミックへの交換について分かります。交換は可能ですし、歯科医の視点で意見するならセラミック治療を受けた方が得られるメリットは多いです。審美性の高さはもちろん、二次虫歯の繰り返しで悩んでいる方もセラミックにすることで改善できます。

PAGE TOP