ホーム >Blog > セラミックに審美性以外のメリットはあるのか

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

セラミックに審美性以外のメリットはあるのか

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「審美性以外のセラミックのメリット」です。
セラミックのメリットとして、誰もが真っ先に挙げるのが審美性の高さです。

歯を美しく見せられる審美性の高さは確かに魅力的ですが、保険が適用されないことを考えると、
たったそれだけのメリットならセラミックにする必要はないと考える方もいるでしょう。
そこで、ここでは審美性以外のセラミックのメリットを挙げて説明していきます。

1. 二次虫歯になりにくい

一度虫歯治療をした歯が再度虫歯になる…そんな虫歯と治療の繰り返しに悩んでいる方は少なくありません。
この厄介な二次虫歯ですが、実はセラミックにすることで高い確率で予防できます。
なぜならセラミックはプラークが付着しにくく、さらに歯との接着の相性も良いからです。

そもそも、二次虫歯は詰め物や被せ物と歯との間に隙間が生じることがきっかけで起こります。
その点、セラミックなら歯とピッタリ接着するため隙間が生じにくいのです。
虫歯の原因菌が潜むプラークも付着しにくい点を考えても、二次虫歯を予防しやすくなるのです。

2. 金属アレルギーの心配がない

金属アレルギーを患っている方からすれば、これがセラミックの最大のメリットになるのではないでしょうか。
セラミックの材質は文字どおりセラミック…つまり陶器ですから、金属アレルギーが起こる心配がありません。
ただしセラミックにはいくつかの種類があり、中には金属を使用したタイプのものも存在します。

このため、仮に金属アレルギーの回避を理由にセラミックを検討している方は、
あらかじめその旨を歯科医に伝え、金属を使用していないセラミックを選択するようにしてください。
ちなみに、金属を使用しているのはメタルボンドというタイプです。

3. 歯肉の美しさも維持できる

セラミックの審美性の高さは言うまでもないですが、それは歯に限ったことではありません。
セラミックにすることで歯肉の美しさを維持することもできるのです。
と言うのも、銀歯の場合は長年使用することで劣化を起こし、その影響で金属イオンが溶け出してきます。

そうなると、溶けた金属イオンの影響で歯肉が黒く変色してしまうのです。
その点セラミックには目立った劣化は起こらないですし、溶け出して歯肉に影響することもありません。
セラミックにすることで直接歯肉が美しくなるわけではないですが、変色による見た目の悪さを防げます。

4. 長持ちする

詰め物や被せ物は人工物ですから、永久に使用することはできません。
実際銀歯の場合は数年で劣化が起こり、一定期間ごとに交換しなければなりません。
さて、寿命があるのはセラミックも同じですが、セラミックは寿命が長いという特徴を持っています。

特にオールセラミックなら10年はもちろん、ケア次第で20年使用している方もいるほどです。
さらに、使用している間は変色といった目立った劣化も起こらないのです。
長持ちすればそれだけ美しさを維持できますし、もっと言えば歯科医院に通院する頻度も少なくてすみます。

5. セラミックの脆さについて

セラミックには審美性の高さ以外に上記のようなメリットがありますが、
ここで1つセラミックの欠点についてお話しておきます。
セラミックは銀歯に比べて材質的に脆く、その影響で欠けや割れが起こる欠点が指摘されていました。

しかし、最近ではオールセラミックにおいてはより丈夫に仕上げられていますし、
さらにジルコニアセラミックという高い強度を誇るセラミックも登場しました。
このため、セラミックは脆さの弱点が克服されており、今や目立つデメリットのなるのは費用の高さくらいです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、審美性以外のセラミックのメリットについてまとめます。

1. 二次虫歯になりにくい :プラークが付着しにくく歯との間に隙間が生じにくいため、二次虫歯を予防できる
2. 金属アレルギーの心配がない :100%セラミックのタイプなら金属を一切使用していない
3. 歯肉の美しさも維持できる :銀歯のように材質が溶けて歯肉が変色する事態が起こらない
4. 長持ちする :セラミックの寿命は長く、オールセラミックならケア次第で10年以上普通に使用できる
5. セラミックの脆さについて :最近のオールセラミックは丈夫なため、脆さの弱点が克服されている

これら5つのことから、審美性以外のセラミックのメリットが分かります。
審美性の高さが目立つセラミックですが、実は機能性においても優れて特徴を持っています。
特に、二次虫歯の予防は歯を守る意味で大きなメリットとなるでしょう。

このため、見た目の理由だけでなくケア効果を理由にセラミック治療を希望する方も多いですし、
最近では銀歯に代わってセラミックが詰め物や被せ物の主流になりつつあります。
費用が高いのが欠点ですが、こうしたメリットを考えれば費用の高さに見合った価値があるのも事実です。

PAGE TOP