ホーム >Blog > セラミックが美しいのは知っていますが、被せ物としての質も高いですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

セラミックが美しいのは知っていますが、被せ物としての質も高いですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「セラミックの被せ物としての質」です。 セラミックは被せ物として審美性が高く、天然の歯と変わらないほどの美しさを誇っています。

その点では銀歯よりも遥かに魅力がありますが、単に被せ物の質としてはどうなのでしょうか。 仮にいくら美しくても、被せ物の質として悪ければセラミックの魅力は審美性の高さのみになってしまいます。 そこで、ここではセラミックの被せ物としての質…つまり機能性について説明していきます。

被せ物の役割

そもそも被せ物はどんな役割を果たしているのか?…それは虫歯の治療跡を細菌から保護することです。 虫歯治療で削った歯は象牙質が剥き出しになっており、やわらかく細菌に感染しやすい状態になっています。 このため、そのままにしておくとすぐに細菌に感染して虫歯が再発してしまうのです。

そうならないために被せ物で覆い、患部を保護しているのです。 また、虫歯の治療跡というのは見た目が悪いですから、被せ物を立てることでそれを隠す意味もあります。 つまり「虫歯の再発防止」と「見た目の悪さへの対処」…それが被せ物の役割です。

セラミックの虫歯再発の予防効果

被せ物を立てることで虫歯の再発を防いでいるわけですが、 セラミックは他の被せ物に比べて虫歯再発の予防効果が非常に高い特徴があります。 銀歯の場合、元々銀歯の材質と歯は接着しにくいため、専用のセメントを使用して接着させています。

しかし長年使用することで接着が弱まり、隙間が生じて細菌が侵入する隙を生んでしまいます。 さらに銀歯はプラークも付着しやすいため、虫歯の再発を予防しにくいのです。 一方セラミックは歯との接着の相性が抜群に高い上にプラークも付着しにくいため、 虫歯の再発を予防しやすくなっているのです。

セラミックの寿命の長さ

被せ物と天然の歯の最大の違いは人工物かそうでないかです。 人工物である被せ物には寿命があり、長年使用することで劣化して交換が必要になってきます。 実際、銀歯の接着が剥がれる要因としてこうした劣化が挙げられます。

さて、セラミックにも当然寿命があるのですが、その寿命は銀歯に比べて格段に長くなっています。 オールセラミックの場合10年はもちろんのこと、ケアをしっかり行うことでそれ以上の使用も可能です。 さらに使用できる間は目立った劣化も起こらないので、 長期間被せ物としての役割をしっかり果たしてくれるのです。

セラミックへの身体への優しさ

いくら優秀な被せ物でも、それを使用することで身体に害をもたらしては何の意味もありません。 例えば銀歯…銀歯の材質が悪いわけではないですが、 金属を使用しているため金属アレルギーの方が使用することで身体に害をもたらします。

一方セラミックの材質は陶器ですから、銀歯のように金属アレルギーが起こる心配がないのです。 その意味でも、セラミックは他の材質の被せ物に比べて身体に優しいと言えるでしょう。 ただし全てのセラミックがそうというわけではなく、唯一メタルボンドは例外です。 メタルボンドはセラミックの種類の1つですが、一部金属を使用しているため金属アレルギーの対象になります。

セラミックの強度

セラミックは寿命が長いことは説明しましたが、強度についてはどうでしょうか。 最近のオールセラミックは以前のものに比べて強度が増しており、簡単に割れることはありません。 とは言え、あまり強い力で噛み過ぎてしまうと割れたり欠けたりすることがあるのも事実です。

このため、セラミックの強度においては銀歯に比べてそれほど高いというわけではありません。 ただし、ジルコニアセラミックというタイプは硬すぎると言われるほど硬い仕様になっているため、 割れや欠けが起こるといったセラミックの欠点を克服しています。

まとめ

いかがでしたか? 最後に、セラミックの被せ物としての質についてまとめます。

1. 被せ物の役割 :治療した患部を細菌から守って虫歯の再発を防ぐ、患部の見た目の悪さをカバーする
2. セラミックの虫歯再発の予防効果 :細菌が侵入する隙間が生じにくいので、虫歯の再発を予防しやすい
3. セラミックの寿命の長さ :銀歯よりも寿命は長く、ケアをしっかり行っていれば10年以上使用できる
4. セラミックの身体への優しさ :100%セラミックのタイプなら、金属アレルギーでも安心して使える
5. セラミックの強度 :割れや欠けは起こり得るが、ジルコニアセラミックなら相当硬くて丈夫

これら5つのことから、セラミックの被せ物としての質が分かります。 二次虫歯の予防効果の高さ、寿命の長さ、身体への優しさなどから、 セラミックは審美性だけでなく被せ物の質…言わば機能性においても大変優秀です。

ではセラミックには欠点がないのか?…欠点を挙げるとすれば費用の高さです。 審美性にも機能性にも優れたセラミックはその特徴から健康保険が適用されず、 銀歯に比べて費用が高くなるのです。とは言え、それに見合う特徴を持っているのも事実です。

PAGE TOP