ホーム >Blog > セラミックの歯を貼りつけることもできると聞きました。これはどんな治療なのですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

セラミックの歯を貼りつけることもできると聞きました。これはどんな治療なのですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。 今回のテーマは「貼り付けるセラミック」です。 セラミック治療というと、詰め物や被せ物にセラミックを使用する治療のことを連想すると思います。

確かにそれは間違いではないですが、中には少し変わった方法もあります。 それはセラミックの歯を貼り付ける方法で、これは付け爪をイメージすると分かりやすいでしょう。 つまり、元々の歯にセラミックの歯を貼り付けることで美しく見せるという仕組みです。

 ラミネートベニア

貼り付けるセラミック…その治療方法を「ラミネートベニア」と呼びます。 方法としては歯の表面を薄く削り、その部分に歯の色をした薄い付け爪のような歯を貼り付けます。 貼り付ける歯の材質は一般的にセラミックでできており、このため見た目はセラミック同様の美しさがあります。 付け爪との違いは自分では外せないことで、ポロリと自然に落ちることはありません。

ラミネートベニアのメリット

ラミネートベニアをすることで歯を白く見せられますが、 歯を白くする手段を言えばホワイトニングが一般的です。 それでも敢えてラミネートベニアをする理由…つまりラミネートベニアならではのメリットを説明します。

歯並びも美しく見える

セラミックの歯を貼り付けることで、歯の色ではなく歯並びも美しく見せられます。 歯の形やすきっぱなどの状態でも、綺麗に並べて貼り付けることができるからです。

ホワイトニングよりも白くなる

歯の変色の原因によってはホワイトニングでは効果が薄いケースがあります。 そんな場合にもラミネートベニアをすることで、確実に歯を白く見せられます。

痛みが少ない

ラミネートベニアは治療として歯を削りますが、削る量や範囲はごく僅かです。 後は貼り付けるだけで終わるので、治療において痛みを感じることがありません。

後戻りが起こらない

ホワイトニングの効果は永久には続かず、いずれ後戻りが起こります。 一方ラミネートベニアには変色も起こらず、ずっと白い歯を維持することができます。

…自分の歯そのものを白くできるわけではないのでその点ではホワイトニングに劣りますが、 歯を白く見せるラミネートベニアにはこうしたメリットがあります。

ラミネートベニアのデメリット

ラミネートベニアはメリットがある一方で、デメリットもあります。 ではラミネートベニアでは実際にどんなデメリットがあるのでしょうか。

自分の歯の状態は変わらない

セラミックの歯を貼り付けることで白く見せているわけで、自分の歯を白くできるわけではありません。 言わばメイクと同じで、美しく見せることはできても自分の歯の状態は何も変わっていないのです。

ホワイトニングよりも高額

これは費用の問題です。歯を白くする治療としては他にホワイトニングが挙げられますが、 ホワイトニングと比較するとラミネートベニアの方が費用は高くなります。

歯を削る必要がある

ラミネートベニアをするには歯を削らなければなりません。 削る範囲は小さいものの、実質自分の歯を削らなければならないのはデメリットと言えるでしょう。

剥がれることがある

白さを維持することはできますが、長く使用していると貼り付けたセラミックの歯が剥がれることがあります。 またセラミックという材質上、割れてしまうこともあります。

…ラミネートベニアにはこうしたデメリットがあります。 メリットだけでなく、こうしたデメリットがあることも知っておきましょう。

ホワイトニングとの比較

歯を白くすると効果のため、ラミネートベニアはよくホワイトニングと比較されます。 ではラミネートベニアとホワイトニングはどちらがおすすめなのか?…それはこの場で断言できません。 どちらもメリットとデメリットがありますし、どちらがおすすめかは患者さんの考えや状態次第でしょう。 ちなみに、以下の点に該当する方はラミネートベニアの方がおすすめです。

手っ取り早く歯を白くしたい
さだけでなく歯並びも良く見せたい
ホワイトニングでは効果が薄いと言われた

まとめ

いかがでしたか? 最後に、貼り付けるセラミックについてまとめます。

1. ラミネートベニア :歯を削ってセラミックの歯を貼り付けることで、歯を白く見せることができる
2. ラミネートベニアのメリット :歯並びも美しく見える、ホワイトニングよりも白くなるなど
3. ラミネートベニアのデメリット :自分の歯の状態は何も変わらない、歯を削る必要があるなど
4. ホワイトニングとの比較 :手っ取り早く歯を白くしたい、ホワイトニングでは効果が薄い方などにおすすめ

これら4つのことから、貼り付けるセラミックについて分かります。 こうした治療方法を正確にはラミネートベニアと呼び、イメージとしては歯の付け爪です。 メイクと同じで自分の歯の状態は変わらず、あくまでも歯を白く見せるための治療です。 とは言え、ホワイトニングで効果が薄い方などにはおすすめで、 相手に違和感を与えることなく自然な美しさを見せることができます。

PAGE TOP