ホーム >Blog > 虫歯で歯が痛かったのですが治まりました。何もしていないのですが、症状がやわらいだのでしょうか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

虫歯で歯が痛かったのですが治まりました。何もしていないのですが、症状がやわらいだのでしょうか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「虫歯の痛みがやわらいだ理由」です。
虫歯の痛みは放置すると酷くなり、やがてズキズキした激痛を感じるほどの辛い痛みになります。

そしてここでもさらに放置すると、一変して虫歯の痛みを一切感じなくなります。
痛みが治まることで、中にはこの状態を虫歯の症状がやわらいだと捉えてしまう人もいるでしょう。
しかしそれは大きな間違いで、痛みが治まるというのはむしろ虫歯がさらに悪化したことを意味するのです。

虫歯の症状の回復について

まず知っておかなければならないのは、進行した虫歯は治療しない限り治らないという事実です。
確かに、完全な初期段階の虫歯ならケア次第で治ることもあるでしょう。
しかし、一度でも進行した虫歯は自然に治ることはないですし、症状がやわらぐことはありません。

例えば、現在虫歯で歯が痛む状態だとします。
この場合、いくら丁寧に歯磨きしても虫歯が治ることはないですし、
症状がやわらいで回復することもなく、虫歯は進行し続けていくのです。

虫歯の痛みが治まる理由

虫歯の症状がやわらぐことはない以上、なぜ痛みが治まったのか?
それは歯の神経が死んでしまったことが原因です。
虫歯が象牙質に到達することで痛みを感じ、さらに進行することで虫歯が神経まで到達します。

そうなると痛みは激痛に変化しますが、これは虫歯によって神経が炎症を起こしてしまうからです。
炎症を起こした状態で放置し続けると、やがて神経は虫歯によって完全に死んでしまうのです。
神経が死ぬことで感覚が失われ、痛みも感じなくなる…これが虫歯の痛みが自然に治まる理由です。

神経が死ぬことの問題

歯の神経が死ぬことで痛みを感じなくなる…虫歯の痛みで悩まされている人にとって、
それはプラスに思えるかもしれません。しかし、神経が死ぬことには問題があります。
それは、痛みという重要な自覚症状を今後感じられなくなることです。

死んでしまった神経は、例え虫歯を治療しても元に戻すことはできません。
そうなれば、その歯に虫歯が再発しても痛みがないことで気付かず、
その結果虫歯を放置し続けることになってしまうでしょう。

また、神経が死んだ歯には栄養が行き届きにくくなるため、
歯自体が脆くなってしまいますし、変色して見た目も悪くなってしまいます。
そして何より問題なのが、神経が死んでも虫歯は終わっていないということです。

神経が死んだ後の虫歯の放置

虫歯は虫歯の原因菌によって起こりますが、この虫歯の原因菌は自然に消えることはありません。
神経が死んで歯をボロボロの状態にさせても、虫歯の原因菌は生き続けているのです。
では歯をボロボロにした後、虫歯の原因菌はどうなるのでしょうか。

今度は血液の中に入り込み、血管を通じて全身に回っていくのです。
この時、虫歯の原因菌が脳にまわることで脳梗塞、心臓にまわることで心筋梗塞が起こる可能性があります。
脳梗塞や心筋梗塞が起こる可能性はごく稀ですが、実際に起こって死亡した例もあります。

つまり神経が死んだ後に虫歯を放置すると、
「歯がボロボロになって失われる」、「命にかかわる病気を招く」などの問題が起こるのです。

虫歯治療について

虫歯の痛みを放置する人は、虫歯治療が嫌だから放置したというケースが大半です。
確かに、歯を削る虫歯治療は大人でも怖さを感じるのは分かります。
しかし、虫歯治療が嫌なら尚更早く虫歯を治療すべきです。

と言うのも、虫歯の治療方法は虫歯の進行度によって異なるからです。
「歯を削って詰め物を入れる」…ほとんどの人は虫歯治療に対してこの治療方法をイメージするでしょう。
しかし、神経が死んで痛みが治まるほどの状態の虫歯だと、歯を削るだけでは治せません。

歯の神経を除去して根管の清掃と消毒を行う根菅治療が必要になりますし、
さらに進行して末期段階になれば抜歯しなければなりません。
つまり、虫歯を放置して進行させてしまうほど、治療も大掛かりで負担の大きなものになるのです。
逆に言えば、虫歯を早く治療すればするほど治療は簡単なものですむのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯の痛みがやわらいだ理由についてまとめます。

1. 虫歯の症状の回復について :進行した虫歯が自然に治ることはなく、症状がやわらぐのはあり得ない
2. 虫歯の痛みが治まる理由 :歯の神経まで虫歯が進行し、その結果神経が死んでしまったため
3. 神経が死ぬことの問題 :その箇所において痛みという自覚症状を失う、歯が脆くなって変色する
4. 神経が死んだ後の虫歯の放置 :虫歯の原因菌は生き続け、やがて血管を通じて全身にまわる
5. 虫歯治療について :虫歯の治療は虫歯が進行するほど大掛かりで辛いものになる

これら5つのことから、虫歯の痛みがやわらいだ理由が分かります。
虫歯の痛みがやわらぐのは、歯の神経が死んでしまったためです。
痛みがやわらぐことで一見症状が治まったように思えますが、逆に酷くなっているのです。
そもそも進行した虫歯は治らないため、虫歯になった以上は症状関係なく治療しなければなりません。

PAGE TOP