ホーム >Blog > 歯が痛んでから歯医者に行くようでは遅いと言われました。どういう意味ですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

歯が痛んでから歯医者に行くようでは遅いと言われました。どういう意味ですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「歯が痛んでから歯医者に行くのは遅い」です。
風邪を引いたと感じたら内科に行くように、歯の調子が悪いと感じたら歯科医院に行くでしょう。

では、歯の調子が悪いと感じるのはどんな時なのかを考えると、それは歯が痛んだ時です。
歯が痛い、歯が痛いから歯の調子が悪いと自覚する、自覚したから歯科医院に行く…これが大抵の流れです。
しかし、タイミング的にはそれでは遅いのです。

虫歯の原因の場合

歯が痛む原因の主は虫歯です。さて、虫歯は歯に穴があいて痛む…そんなイメージがありますね。
しかし虫歯の症状は常に一定というわけではないため、進行度によってそれ以上にも以下にもなるのです。
例えば虫歯が酷く進行した場合、感じる痛みは激痛と言えるほどズキズキしたものになります。

一方、初期段階の虫歯においては痛みが全くありません。
と言うことは、歯が痛くなくても虫歯になっている可能性もあるわけです。
さらに言えば、痛みを感じる虫歯はある程度進行した虫歯です。

当然、早い段階で治療すれば治療内容も簡単なものになりますが、
そのためには虫歯の初期段階…つまり痛みを感じない時点で虫歯を発見して治療しなければなりません。
このため、早期治療を心掛けるなら痛みを感じてから歯科医院に行くようでは遅いのです。

初期段階で虫歯を発見する難しさ

痛みを感じる虫歯は既に進行しており、
虫歯を早期治療するなら痛みを感じる前に虫歯を発見しなければならない…これが今回のテーマの回答です。
しかし、現実的に考えるとそれを実践するのは難しいでしょう。

痛みを感じる前に虫歯に気付くには常に歯の健康に気を配らなければならないですし、
痛みがない状態で常に虫歯を疑う人はまずいないでしょう。
そもそも痛みがないのであれば本当に歯が健康な可能性だってあるわけですからね。

では、実際に痛みを感じる前に虫歯に気付き、そして治療するためにはどうすればいいのでしょうか。
それは、歯科医院で定期検診を受けることです。
そうすれば虫歯を早期発見と早期治療できますし、それ以前に虫歯そのものを予防しやすくもなるのです。

定期検診のメリット

歯科医院の定期検診では虫歯予防のためにお口のクリーニングを行い、
歯磨きでは磨き切れないプラークや歯石を綺麗に除去できます。
またブラッシング指導も行っており、それを受けることで歯磨きの技術も向上します。

これらによって虫歯の予防効果がありますが、さらにお口の状態を歯科医がしっかりとチェックします。
そうすれば本来なら気付かないほど初期の虫歯を発見でき、早期治療が実現するのです。
痛みというのは自覚症状の1つであり、本来なら自覚症状がなければ虫歯に気付くことはできません。

しかし定期検診でお口の状態をチェックすれば、
痛みを感じる前の時点の初期段階の虫歯も用意に発見して治療できるのです。
このため、歯が痛む前に虫歯を治療する…それを実践するにはこの定期検診が欠かせないのです。

4. 虫歯を早期治療するメリット

そもそもなぜ虫歯は早く治療するべきなのか?…虫歯の早期治療には患者さんにも大きなメリットがあり、
それは簡単な治療で虫歯を完治できることです。
虫歯の治療方法を質問した時、ほとんどの人は「歯を削って詰め物を入れる」と答えるでしょう。

しかしそれは進行した場合の虫歯であり、初期段階の虫歯なら削らずに治せることもあります。
虫歯は治療しない限り治らないと言われていますが、正確に言えばそれは進行した虫歯のことであり、
進行前の初期段階の虫歯ならその後のケア次第で治すことが可能なのです。

また、削らなければならないにしても初期段階の虫歯なら削る範囲も僅かですむため、
歯を削ることによる痛みはほとんどありません。
つまり、虫歯を早期治療すれば歯を削ったり痛みを感じたりすることない治療で虫歯を治せるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯が痛んでから歯医者に行くのは遅いについてまとめます。

1. 虫歯が原因の場合 :痛みを感じるということは既に虫歯が進行しているということになる
2. 初期段階で虫歯を発見する難しさ :痛みがなければその時点で虫歯に気付くのは難しい
3. 定期検診のメリット :虫歯を予防しやすくなるだけでなく、虫歯を初期段階で発見して治療できる
4. 虫歯を早期治療するメリット :削らずに治せることもある上に、削ってもごく僅かな範囲ですむ

これら4つのことから、歯が痛んでから歯医者に行くのは遅いについて分かります。
まとめると、歯が痛むということは虫歯が既に進行していることになるため、
その時点で歯科医院に行くようでは早期治療が不可能です。

ではなぜ早期治療するべきなのか?…それは患者さんにとって簡単な治療ですむからです。
歯を削る、痛む、こうした治療を最大限防ぐことができ、簡単に治せるのが早期治療のメリットです。
しかしそれには痛みを感じる前に虫歯に気付く必要があり、そのためには歯科医院の定期検診が効果的です。

PAGE TOP