ホーム >Blog > 歯の神経が死ぬと痛みを感じなくなると聞きましたが、虫歯も痛まなくなりますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

歯の神経が死ぬと痛みを感じなくなると聞きましたが、虫歯も痛まなくなりますか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「神経が死んだ場合の虫歯の痛み」です。
虫歯が進行するといずれは歯髄まで虫歯菌に侵され、そうなると虫歯の痛みは激痛に変わります。

また、さらに虫歯が進行すれば神経は死に、そうなると痛みを感じなくなります。
つまり今回のテーマに対して結論を言えば、「神経が死ねば虫歯は痛まなくなる」です。
辛い痛みから解放されるのは嬉しく思うかもしれません。しかしそれは決して良いことではないのです。

患部に異状があっても気付けない

痛みというのは大切な自覚症状の1つです。
みなさんが虫歯に気付くきっかけも歯に痛みを感じたからでしょうし、
ある日突然歯が痛んだとしたら、みなさんは歯に何らかの異状が起こっていることに気付きます。

しかし神経が死ねばそこにある歯は痛みを感じなくなるため、
今後何らかの異状が起こっても全く気付けません。つまり神経が死ぬことで痛みという自覚症状が失われ、
同時にそれは歯の異状に気付くきっかけを失うということにもなるのです。

見た目が悪くなり、歯も脆くなる

身体の健康において栄養が必要なように、歯にも栄養が必要です。
しかし、神経が死んだ歯には栄養が行き届きにくくなり、そうなると2つの問題が起こります。
1つは見た目の問題で、神経が死ぬと歯が変色して元の美しい白さを失ってしまいます。

もう1つの問題は歯が脆くなることです。
栄養の行き届かない歯は他の歯に比べて脆く、ボロボロの状態になってしまいます。
このため、ささいなことで歯が欠けたり割れたりしてしまうのです。

治療内容に影響する

虫歯の治療内容を想像した時、ほとんどの人は「歯を削って詰め物を入れる」と想像するでしょう。
確かに、進行して間もない虫歯の治療内容はその想像とほぼ同じです。
しかし、神経が死ぬほど虫歯が進行している場合、それだけで治すことはできません。

削るのはもちろん必要ですが、酷く進行した虫歯の場合は削る範囲も広く、そして深くなるでしょう。
また、神経が死んだ場合は神経の除去、根管の清掃と消毒を行うための根管治療が必要です。
このような削る以外の治療が必要となりますし、治療内容が増えれば治療期間や治療費にも影響します。

さらに虫歯を放置した場合

虫歯で神経が死ぬと痛みを感じなくなりますが、中にはそれを理由に治療しない人もいます。
「痛むから虫歯を治療するが、痛まないなら治療しなくても良い」、
そんな考えを持ってしまっている人は正直少なくありません。

しかしそれは大きな間違いで、例え神経が死んでも虫歯は治療しなければなりません。
と言うのも、治療しない限り虫歯菌は生き続け、身体の至るところに悪さをするからです。
神経まで進行した虫歯を放置すれば、やがて歯は完全にボロボロになって完全に原型を失います。

さらに放置すれば今度は虫歯菌が血液に入り込み、血管を通じて全身にまわります。
ここで脳にまわれば脳梗塞、心臓にまわれば心筋梗塞を引き起こす可能性があるのです。
ケースとしては確かに稀ですが、実際にこうした事態が起こって死亡した例もあるのです。

虫歯治療のタイミング
今回の説明から、神経が死ぬことにどれだけの問題があるのかが分かるでしょう。
最も、虫歯の痛みを感じてすぐに治療すれば神経が死ぬほどの事態にはなりません。
このため、歯が痛い時にはすぐ歯科医院に行くと心掛けていれば、それほど大きな事態にはなりません。

しかし、正確に言えば歯が痛くなってから歯科医院に行く場合もタイミングとしては遅いです。
初期段階で虫歯を治すには痛みを感じる前に気付き、その時点で治療しなければならないからです。
それを実践するには、定期的に検診を受けて虫歯にいち早く気付ける環境を整えることです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、神経が死んだ場合の虫歯の痛みについてまとめます。

1. 神経が死んだ場合の問題 :痛みは感じなくなるが、以下のような問題がある
2. 患部に異状があっても気付けない :痛みという自覚症状が失われれば、歯の異状に気付けなくなる
3. 見た目が悪くなり、歯も脆くなる :栄養が行き届きにくくなり、その影響で歯が変色して脆くなる
4. 治療内容に影響する :根管治療など、重度の虫歯ならではの治療が必要になる
5. さらに虫歯を放置した場合 :血液に虫歯菌が入り込み、脳梗塞や心筋梗塞の引き金になる
6. 虫歯治療のタイミング :痛みを感じる前に虫歯に気付いて治療するのが理想

これら6つのことから、神経が死んだ場合の虫歯の痛みについて分かります。
神経が死ねば虫歯の痛みは感じなくなりますが、それは決して良いことではありません。
自覚症状を失うなどの問題が起こり、何より治療しない限り虫歯菌は生き続けているのです。

また、一旦そこまで進行した虫歯は簡単には治りません。
根管治療が必要となってきますし、もっと酷ければ抜歯しなければならないケースだってあるのです。
つまり痛みを感じなくなる一方で、歯を失う危険性や思わぬ病気を招く危険性が生まれてしまうのです。

PAGE TOP