ホーム >Blog > ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの違いは何ですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの違いは何ですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの違い」です。
ホワイトニングの方法には種類があるのをご存じでしょうか。

ホワイトニングは歯科治療の1つですから歯科医院で行うイメージがありますが、
それはオフィスホワイトニングと呼ばれる方法で、それだけでなく自宅で行う方法もあります。
これをホームホワイトニングと呼び、ここではそれぞれのホワイトニングの違いを説明していきます。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングで、過酸化水素や過酸化尿素が含まれた薬剤を使用します。
この薬剤を歯に塗った後、強めの光を当てることで薬剤の作用が高まり、歯を白くできます。

ホームホワイトニング

自宅で行うホワイトニングで、歯科医院でマウスピースと薬剤を受け取って自分でホワイトニングします。
使用する薬剤はオフィスホワイトニングと同じですが、こちらは濃度が薄くなっています。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングには以下の違いがあります。

3-1. 効果が出るまでの時間
オフィスホワイトニングは効果が出るのが早いですが、ホームホワイトニングは時間が掛かります。
これは使用する薬剤の濃度の違いが関係しており、
オフィスホワイトニングは歯科医が薬剤を扱うため高濃度の薬剤を使用できます。
一方ホームホワイトニングは患者さんが薬剤を扱うため薬剤の濃度が薄く、そのため時間が掛かるのです。

3-2. 1回の治療に掛かる時間
オフィスホワイトニングは1回につき1時間ほどの治療時間になります。
一方ホームホワイトニングは薬剤を入れたマウスピースを着用してホワイトニングを行いますが、
これは毎日2時間ほどの着用が必要なため、治療に掛かる時間は2時間と考えれば良いでしょう。
つまりホームホワイトニングをするのであれば、毎日2時間の治療時間を確保できることが前提になります。

3-3. 持続力
ホワイトニングの持続力は一般的に半年~1年ほどとされています。
そして、オフィスホワイトニングはホームホワイトニングに比べて持続力が低くなっています。
ホームホワイトニングは薬剤の濃度が薄いことで白くなるまでに時間が掛かりますが、
その分薬剤がしっかりと浸透するため、後戻りが起こりにくくオフィスホワイトニングより持続力が高いのです。

3-4. 費用
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングでは費用に差があります。
と言っても、極端な差があるわけではなくオフィスホワイトニングの方が若干高くなっています。
あくまで目安ですが、オフィスホワイトニングの費用の相場は15000円~50000円、
ホームホワイトニングの費用の相場は10000円~30000円ほどになっています。

<補足>
オフィスホワイトニングは、ホワイトニングを希望する歯の本数によって費用が変わります。
また、光を当てる際に使用する機械の種類によっても費用が変わります。
ちなみにホワイトニングは審美治療ですから、どちらも健康保険は適用されません。

デュアルホワイトニング

ホワイトニングの方法はもう1つあり、それはデュアルホワイトニングです。
これはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した方法で、
効果が早く出るオフィスホワイトニングと持続力が高いホームホワイトニングの両方の長所を持っています。

このため、効果や持続力を基準にすればこのデュアルホワイトニングが最も優れていますが、
一方でオフィスホワイトニングやホームホワイトニングに比べて費用が高いのが欠点です。
デュアルホワイトニングは費用関係なしでとにかく白さを追求したい人向けの治療方法です。

ホワイトニングで白くならない歯

全く効果がないわけではないですが、以下の状態の歯はホワイトニングでもあまり白くなりません。
これはオフィスホワイトニングやホームホワイトニング関係なく、どの方法でもあまり白くなりません。

•テトラサイクリンによって変色した歯
•神経が死んでいる、もしくは神経が抜いてある歯
•人工の歯(インプラントや詰め物や被せ物など)

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの違いについてまとめます。

1. オフィスホワイトニング :歯科医院で行うホワイトニング。薬剤を歯に塗った後に光を当てて歯を白くする
2. ホームホワイトニング :自覚で行うホワイトニング。使用する薬剤の濃度が薄くなっている
3. オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い :効果が出るまでの時間などが異なる
4. デュアルホワイトニング :オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法
5. ホワイトニングで白くならない歯 :テトラサイクリンによって変色した歯や神経が死んでいる歯など

これら5つのことから、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの違いについて分かります。
2つのホワイトニングの違いとして特に重要なのは「効果が出るまでの時間」と「持続力」でしょう。
と言うのも、これらはそれぞれのホワイトニングで全く逆の特徴になっているからです。
オフィスホワイトニングは効果が出るのが早い一方で後戻りしやすくなっており、
ホームホワイトニングは効果が出るのが遅い一方で後戻りしにくくなっています。

PAGE TOP