ホーム >Blog > 歯科医院で定期検診を受ければ、確実に歯周病を予防できますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

歯科医院で定期検診を受ければ、確実に歯周病を予防できますか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「歯科医院の定期検診の効果」です。
歯周病を予防するため、歯科医院では定期検診を受けることをすすめています。

とは言え、患者さんからすれば歯科医院に行くのは手間に感じるかもしれません。
時間を割いて定期検診を受けるからには、それだけの予防効果がないと納得できないでしょう。
そこで、ここでは歯周病予防における歯科医院の定期検診の効果について説明します。

定期検診で行うこと

そもそも定期検診ではどんなことを行うのか分からない人もいると思います。
そこで、一般的に行うメニューを以下で紹介します。

・ブラッシング指導
歯磨きにおいて大切なのは頻度や回数ではなく精度です。
そこで、プラークの除去率を高められる正しい歯磨きの仕方を指導します。
患者さんの歯並びに合わせて指導するため、歯並びが悪い人でも磨き残しを少なくできます。

・歯のクリーニング
どんなに精密な歯磨きをする人でも全てのプラークを除去するのは不可能です。
歯のクリーニングなら、そんな歯磨きでは除去しきれないプラークも除去できます。
さらに歯石も除去できるため、歯というよりは口の中全体が綺麗になります。

・生活習慣改善のアドバイス
患者さんの生活習慣を聞いた上で、その中で虫歯や歯周病のリスクが高まる部分を伝えます。
また、それを改善するためのアドバイスも伝えます。
これによって身体の免疫力が向上し、虫歯菌や歯周病菌に感染しにくくなります。

<生活習慣改善のポイント>
歯周病は細菌による感染症のため、身体の免疫力が低下すると感染しやすくなります。
このため、身体の免疫力の低下につながるストレスや疲労を程度に解消しなければなりません。
また食生活の改善も重要で、プラークの発生を高める糖の摂取はできる限り控えるべきです。

・口の中の健康状態の確認
歯科医が患者さんの口の中の健康状態を確認するため、自分では気づけない病気や問題を発見できます。
例えば自覚症状がないほど初期段階の虫歯や歯周病を発見できますし、
詰め物や被せ物の劣化や破損にも気付けます。

歯周病の予防効果は100%ではない

定期検診を受けることで歯周病を100%予防できるのか?…残念ながらその答えはNOです。
これには2つの理由があり、まず1つ目に定期検診を受ける頻度の問題です。
1回受けるだけでは予防効果はあまりないですし、定期的に受けたとしても頻度が低すぎると問題です。

理想は3ヶ月に1回の頻度で定期検診を受けることですが、それでも100%予防できるとは断言できません。
次に2つ目の理由として、患者さんのプラークコントロールの問題が挙げられます。
いくら定期検診を受けたとしても、日常生活でのプラークコントロールが不充分ではいけません。
定期検診で口の中をクリーニングしたところで、毎日の歯磨きが適当では歯周病の予防はできないのです。

<定期検診は歯周病予防のメインではない>
そもそも、歯科医院の定期検診は歯周病予防におけるメインではありません。
メインはあくまで患者さんによるプラークコントロール…つまり歯磨きや生活習慣にあります。
これは頻度を考えれば一目瞭然で、定期検診を受けるのは一般的に3ヶ月に1回ほどです。

それに対して歯磨きや生活習慣は毎日のことですから、
その点から考えても歯周病予防のメインになるのはやはり後者です。
定期検診は「予防のメイン」ではなく「予防効果をさらに高める」が目的だと捉えてください。

予防以外の定期検診のメリット

定期検診を受けることのメリットは、歯周病予防だけではありません。
歯周病になってしまった時、それを早期発見できるメリットもあるのです。
歯周病には虫歯のような目立った自覚症状がなく、歯周病になっても気づかない人がほとんどです。

このためいつの間にか進行してしまい、事実歯周病は「静かなる病気」とも呼ばれています。
しかし定期検診では歯科医が口の中の健康状態を確認しますから、
歯周病になっていればその時点で気づくことができるのです。

つまり早期発見できるわけで、早期発見できることで早期治療もできるようになり、
大きな症状が起こる前に簡単な治療内容で歯周病を治せます。
ちなみに今回は歯周病をテーマにお話ししていますが、これは虫歯においても同じことが言えます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯科医院の定期検診の効果についてまとめます。

1. 定期検診で行うこと :ブラッシング指導、歯のクリーニング、生活習慣改善のアドバイスなど
2. 歯周病の予防効果は100%ではない :定期検診を受ける頻度から、100%予防できるとは言い切れない
3. 予防以外の定期検診のメリット :歯周病を予防するだけでなく、歯周病の早期発見と早期治療ができる

これら3つのことから、歯科医院の定期検診の効果について分かります。
定期検診を受ければ歯周病の予防効果が高まる上、歯周病の早期発見と早期治療も可能です。
歯周病が進行すれば最終的に歯を失いますし、進行した歯周病の治療は患者さんに大きな負担となります。
しかし、定期検診を受けることでそのような問題を起こらないようにできるのです。

PAGE TOP