ホーム >Blog > 虫歯と歯周病では、どちらの治療を優先するべきですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

虫歯と歯周病では、どちらの治療を優先するべきですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「虫歯と歯周病の治療の優先順位」です。
虫歯になったら虫歯を治さなければならないですし、歯周病になったら歯周病を治さなければなりません。

では虫歯と歯周病の両方にかかった場合はどうなるのでしょうか。
当然どちらの治療も必要ですが、虫歯と歯周病は治療内容が異なるため同時に治療できません。
そこで、ここでは虫歯と歯周病の治療の優先順位について説明していきます。

基本的には歯周病の治療を優先

虫歯と歯周病の両方の治療が必要な場合、基本的には歯周病の治療が優先されます。
これは当院の方針という意味ではなく、おそらくどの歯科医院も歯周病の治療を優先すると思います。
最も、歯周病の治療もすぐに終わるわけではないため、治療の合間に虫歯の治療も行っていく流れです。

つまり歯周病の治療が優先されるものの、歯周病を完治させてから虫歯の治療を行うわけでなく、
歯周病がある程度治ってきたら虫歯の治療も行っていくということです。
ただし「基本的に」と表現したとおり、例外として虫歯の治療を優先するケースもあります。

例えば虫歯の痛みが酷い場合です。この場合はひとまず痛みを解消する必要がありますし、
患者さんの負担軽減のためにも虫歯の治療を優先します。
このため、虫歯の痛みが辛い場合はそちらの治療を優先したいと歯科医に相談しても良いですよ。

歯周病の治療を優先する理由

虫歯よりも歯周病の治療を優先する理由は2つあります。

虫歯の治療を安定した状態で行うため

虫歯は歯、歯周病は歯肉が関係してきますが、この歯と歯肉を家に例えるなら歯は建物で歯肉は土台です。
虫歯は建物が破損している状態に等しく、歯周病は土台が不安定になっている状態に等しいのです。
さて、建物の修理…すなわち虫歯の治療を優先すれば、土台が不安定な状態で行わなければなりません。

そうなると、虫歯の治療も精密に行えなくなります。建物を修理するには安定した土台が必要なように、
虫歯を治療するには安定した状態の歯肉が必要です。このため、歯周病治療を優先するのです。
つまり先に土台を修理して安定させ、それから建物の修理…つまり虫歯の治療に取り掛かるのです。

詰め物や被せ物に事故が起こらないようにするため

歯周病の治療の基本は口の中を清潔にすることで、
歯周病菌が潜むプラークや歯石を綺麗に除去することが歯周病の治療につながります。
一方、虫歯の治療は歯を削って詰め物を入れるのが基本です。

仮に虫歯の治療を優先した場合、プラークや歯石が残った状態で詰め物の処置をしなければなりません。
そうなると詰め物をしても細菌が入り込んでしまうことがあり、神経が炎症を起こす可能性があります。
こうした事態を防ぐため、まずは歯周病を治療して口の中を清潔な状態にした上で虫歯の治療を行うのです。

虫歯の治療を優先するとどうなるか

歯周病よりも虫歯の治療を優先した場合、以下のリスクが発生します。

虫歯の治療で事故が起こる可能性がある

歯周病になると歯肉が不安定な状態になり、歯肉が揺れてしまうことがあります。
その状態で歯を削れば事故が起こりやすく、頬の粘膜などを誤って傷つけてしまう可能性があります。
また削る際にも精度が落ちてしまうため、必要最低限以上の範囲を削ってしまうかもしれません。

被せ物が合わなくなる

歯周病が進行すると歯肉退縮が起こるため、歯肉全体の高さが下がってきます。
虫歯の治療で被せ物が必要になった場合、治療の過程で歯肉退縮が起こると被せ物が合わなくなります。
と言うのも、歯肉が下がることで歯の根が露出するため、露出した分が被せ物からはみ出てしまうのです。

現状の痛みが治まるとは限らない

虫歯の治療を優先するとすれば、それは虫歯の痛みをひとまず解消するのが目的の場合です。
しかし、そもそも痛みの原因が虫歯ではなく歯周病による知覚過敏かもしれません。
その場合、虫歯の治療をしても痛みが治まらない状態になってしまいます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯と歯周病の治療の優先順位についてまとめます。

1. 基本的には歯周病の治療を優先 :どの歯科医院でも例外的なケースを除き、歯周病の治療を優先する
2. 歯周病の治療を優先する理由 :虫歯の治療を安定して行うため、詰め物や被せ物の事故を防ぐため
3. 虫歯の治療を優先するとどうなるか :虫歯の治療で事故が起こりやすい、被せ物が合わなくなるなど

これら3つのことから、虫歯と歯周病の治療の優先順位について分かります。
虫歯も歯周病も進行度によって症状が異なるため、最終的にはその時の状態で治療計画が決まります。
このため、歯周病の治療を優先するのはあくまで基本的な形…一般論だと考えてください。

ですから、仮に虫歯の痛みが我慢できないほどの辛さなら、
先に虫歯の治療をしたいと歯科医に相談しましょう。状態次第では虫歯の治療を優先しますし、
何より患者さんの負担の軽減や安全性を優先した治療計画を立てるのが歯科医の役割です。

PAGE TOP