ホーム >Blog > インプラントなら歯も歯の根も人工物なので歯周病にはならないですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

インプラントなら歯も歯の根も人工物なので歯周病にはならないですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「インプラントと歯周病」です。
インプラントは、人工の歯の根を埋め込むことで天然の歯に近い安定性を誇っています。

そして、上部構造と呼ばれる人工の歯も美しく、審美性においても天然の歯に近くなっています。
とは言えインプラントは人工物…歯も歯の根も天然のものではありません。
では人工物である以上、歯周病になる心配もないのでしょうか。

インプラントも歯周病になる

まず今回のテーマに回答すると、インプラントでも歯周病になることがあります。
さて、人工物であるインプラントが歯周病になることに疑問を感じる人もいると思います。
これについては、歯周病がどんな病気なのかを知ることで納得できます。

歯周病とは歯の周りの病気…すなわち歯肉の病気であり、歯の病気ではないのです。
確かに、インプラントは人工物ですから虫歯などの歯の病気になることはありません。
しかしインプラントを支える歯肉は天然の歯肉ですから、その部分が歯周病になることはあるのです。

インプラント周囲炎

インプラントの歯周病のことをインプラント周囲炎と呼びます。
症状としては歯周病と全く同じで、歯肉からの出血や腫れ、さらに歯肉から膿みが出ることもあります。
インプラントは顎の骨に穴をあけ、そこにインプラント体を埋め込んでいます。

つまり、「顎の骨に支えられている」という点では天然の歯と同じですから、
インプラント周囲炎によって骨が溶かされることで、
歯周病同様に歯…つまりこの場合インプラントが抜け落ちてしまうのです。

また、病名は違ってもインプラント周囲炎は歯周病と同じですから、
インプラント周囲炎になるということは口の中で歯周病菌が繁殖していることになります。
このため、治療せずに放置すると周囲の歯も歯周病になってしまいます。

インプラント周囲炎を予防するには

インプラント周囲炎の予防方法は歯周病の予防方法と同じです。
予防方法として、以下の3つのことの実践が効果的です。

精密な歯磨き

予防の基本は歯磨きです。
インプラントの場合、人工の歯ということでその箇所の歯磨きを適当にしてしまう人がいますが、
プラークが残ることでインプラント周囲炎が起こるため、天然の歯同様に丁寧で精密な歯磨きをしてください。

生活習慣の改善

例えば、喫煙はインプラント周囲炎を引き起こす要因になりますし、
ブラッシングの仕方や食生活に問題があるとインプラント周囲炎を引き起こすリスクが高まります。
このため歯科医や歯科衛生士に相談し、インプラント周囲炎の起こりにくい生活習慣を身につけましょう。

メンテナンス

インプラントは治療後も定期的にメンテナンスのための通院が必要です。
これを怠ってしまう人の多くが、後にインプラント周囲炎を引き起こしています。
このため、メンテナンスの通院は欠かさないようにしてください。

<メンテナンスではどんなことをするの?>
メンテナンスではインプラントの噛み合わせの調整を行います。
噛み合わせが悪いと他の歯に過剰な力が掛かり、
その結果歯肉に負担が掛かってインプラント周囲炎になるリスクが高まります。
また、インプラント周囲炎になった場合もメンテナンスを受けることで早期発見と早期治療が可能です。

…インプラント周囲炎を予防するには、これら3つの予防方法が効果的です。
ただし、どれか1つの方法を実践するスタイルでは確実な予防はできません。
3つの予防方法全てを実践する…それで初めてインプラント周囲炎を予防しやすくなるのです。

インプラント周囲粘膜炎について

インプラント周囲粘膜炎とは、インプラントの周囲の粘膜に炎症が起こる病気です。
インプラント周囲粘膜の腫れ、歯磨き時の出血などの症状が起こりますが、
特に違和感や痛みなどの自覚症状がないため、気づきにくい病気です。

原因はプラークで、インプラントの周囲にプラークが溜まることで歯周病菌が繁殖し、
それによってインプラント周囲粘膜炎が起こります。
そして、インプラント周囲粘膜炎が進行することで今回お伝えしたインプラント周囲炎が起こるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントと歯周病についてまとめます。

1. インプラントも歯周病になる :歯周病は歯肉の病気のため、人工の歯のインプラントでも起こる
2. インプラント周囲炎 :インプラントの歯周病をインプラント周囲炎と呼ぶ
3. インプラント周囲炎を予防するには :精密な歯磨き、生活習慣の改善、メンテナンスの通院の3つを実践
4. インプラント周囲粘膜炎 :進行するとインプラント周囲炎が起こる

これら4つのことから、インプラントと歯周病について分かります。
インプラントにとって歯周病は言わば天敵です。
インプラントが脱落すれば再度インプラントをしなければならないですし、
それ以前に骨が溶かされたことですんなりと再治療できない可能性も高いでしょう。
最も、ケアとメンテナンスを欠かさなければ必ず予防できる病気です。

PAGE TOP