ホーム >Blog > 金属アレルギーの人がセラミック治療をする場合も審美目的になるのですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

金属アレルギーの人がセラミック治療をする場合も審美目的になるのですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「金属アレルギーとセラミック治療」です。
セラミック治療とは、詰め物や被せ物をセラミックにするための治療です。

さて、詰め物や被せ物は虫歯治療などの処置において絶対に必要なものですが、
セラミック治療の費用においては基本的に健康保険が適用されません。
今回はその事実と金属アレルギーを持つ人をテーマにしたお話をしていきます。

健康保険適用の基準

健康保険適用の基準は身体の健康目的の治療であり、
なおかつその治療が必要最低限のものである場合に適用されます。
セラミック治療は確かに身体の健康目的の治療ですが、必要最低限ではありません。

と言うのも、見た目の美しさから「審美」という必要最低限以上の価値があるからです。
つまりセラミック治療は審美目的を兼ねているため、健康保険が適用されないのです。
では必要最低限の治療とは何か?…詰め物や被せ物においては銀歯が該当します。

金属アレルギーの人の場合

金属アレルギーの人からすると、「セラミック治療=審美目的」と判断されるのは納得できないと思います。
と言うのも金属アレルギーという体質上、銀歯にしたくてもできない事情があるからです。
つまり銀歯にできないからセラミックにするのであって、その場合は審美目的と言えないからです。

これについての回答ですが、以前なら例外なく審美目的とされていました。
しかし健康保険の改定によりそれが緩和され、
金属アレルギーの人がセラミック治療をする場合、健康保険が適用されるケースがあるのです。

ただしそれについては内容が複雑になっているため、その詳細を以下の項目で分かりやすく説明します。

健康保険適用のセラミック治療

2014年に健康保険改定があり、セラミック治療に健康保険が適用されるようになりました。
ただし無条件ではなく国の基準を満たしている場合のみ適用され、その基準は次のとおりです。

・厚生労働省に施設基準の届け出を行い、認可された歯科医院である
・歯科補綴治療に関する専門知識、及び3年以上の経験を持つ歯科医師が在籍している
・厚生労働省の定める歯科用CAD/CAM装置で製作する
・製作する歯科医技工所との連携がとれている
・被せ物のハイブリッドセラミックに限られる

上から4つまでの基準から、治療する歯科医院に基準が設けられていることが分かります。
つまり、どの歯科医院でも適用されるわけではありません。
また、5つ目の基準から治療方法に基準が設けられていることが分かります。
「ハイブリッドセラミックの被せ物」…健康保険が適用されるのはこの場合に限られます。

次に、治療対象となる歯の部位について説明します。本来被せ物はどの歯に被せることもできますが、
健康保険適用のハイブリッドセラミックの場合、対象となる歯の箇所が次のように限られます。

・第1小臼歯(前から4番目の歯)
・第2小臼歯(前から5番目の歯)

…そして、金属アレルギーの人はさらに次の箇所の歯も対象になります。

・第1大臼歯(前から6番目の歯)
・第2大臼歯(前から7番目の歯)
・第3大臼歯(前から8番目の歯)

…このように、現在では金属アレルギーであることを配慮した基準が設けられており、
金属アレルギーを理由にする人は基準によっては健康保険が適用されるのです。
ちなみに、最近では2年ごとにこのような改定がなされており、
2017年の12月以降は金属アレルギーでない人も第1大臼歯が健康保険適用の対象になっています。

健康保険適用のハイブリッドセラミック

健康保険適用のハイブリッドセラミックは従来のハイブリッドセラミックとは別物で、
審美性と強度において劣ったものになります。
このため、従来のハイブリッドセラミックに健康保険が適用されるわけではありません。

従来のハイブリッドセラミックを希望する場合は健康保険が適用されないですし、
それは金属アレルギーの人も同様です。また、健康保険適用の基準が少々厳しいため、
その基準を満たして対応している歯科医院は一部になっています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、金属アレルギーとセラミック治療についてまとめます。

1. 健康保険適用の基準 :健康目的のための必要最低限の治療
2. 金属アレルギーの人の場合 :セラミック治療において金属アレルギーであることが考慮されている
3. 健康保険適用のセラミック治療 :いくつか基準がある。基準の詳細は本文参照
4. 健康保険適用のハイブリッドセラミック :従来のハイブリッドセラミックより審美性と強度が劣る

これら4つのことから、金属アレルギーとセラミック治療について分かります。
まとめると、セラミック治療において健康保険が適用されるケースがあり、
そのケースにおいて金属アレルギーであることが考慮されています。

しかし「金属アレルギー=全てのセラミック治療に健康保険が適用される」ではなく、
定められた基準は少々複雑かつ厳しくなっています。
最も、あくまでこの基準は現状のものなので、今後さらに改定される可能性はあります。

PAGE TOP