ホーム >Blog > 矯正治療について相談したいのですが、どうすれば良いですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

矯正治療について相談したいのですが、どうすれば良いですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「矯正治療についての相談」です。
歯並びが悪いことは病気ではないため、虫歯のように絶対に治さなければならないわけではありません。

ですから矯正治療は自由診療となっており、健康保険が適用できないため費用が高いのです。
そうなると患者さんとしても治療の決断を即決できず、まず歯科医に相談したいと考えるでしょう。
さて、こうした矯正治療における相談はどのような形で行えば良いのでしょうか。

相談だけすることも可能

まず知っておいてほしいのが、相談するだけでも可能だということです。
相談した時点で矯正治療しなければならない…そんなことはありません。
気軽に相談し、その結果治療を断っても何も問題はないのです。

また、矯正治療に対応するほとんどの歯科医院が無料で相談を受け付けていますし、中にはメールでの相談を受け付けている歯科医院もあります。
ただ院内の雰囲気を知るためにも、できれば直接歯科医院に行って相談するのが理想です。

では、以下の項目で相談時に確認が必要なことをお伝えしていきます。

費用の相談

矯正治療は自由診療であり、自由診療の費用は歯科医院ごとで異なります。
ある程度の相場は決まっているのでそこまで大きな差はないですが、複数の歯科医院で費用を確認して比較することも大切です。

また、その際は費用をどのように支払うか?…言わば料金のシステムも確認しておきましょう。
一括で支払うシステムを採用している歯科医院もあれば、通院ごとに費用を支払うシステムを採用している歯科医院もあります。

矯正方法の相談

矯正治療の方法は「矯正装置を装着して歯を動かす」ですが、使用する矯正装置にはいくつか種類があり、取り扱っている矯正装置の種類は歯科医院ごとで異なります。
このため、矯正装置にこだわりがある方はその点についての確認をしておきましょう。

ちなみに多いパターンとしては、最近流行しているマウスピース矯正を希望するケースです。
この場合、そもそもマウスピース矯正に対応した歯科医院でなければならないですし、マウスピースにもアソアライナーやインビザラインなどの種類があります。

治療期間の相談

相談の段階でさすがに明確な治療期間は断言できないでしょうが、患者さんの歯並びの状態からある程度の治療期間は予測できます。
このため、目安程度で良いのでおおよその治療期間を確認しておきましょう。

歯並びが良ければ部分矯正だけですむため、予想以上に治療期間が短くすむ場合がありますし、その一方で歯並びが悪ければ3年以上の治療期間になることもあります。
また、その際には通院のペースについても確認しておくと良いでしょう。

矯正治療のメリットとデメリットの相談

矯正治療にはメリットがある一方でデメリットもあります。
歯科医に相談した際、そんなデメリットも確認しておくと良いですね。
最も、腕の良い歯科医なら質問しなくてもデメリットを教えてくれるでしょう。

また、「メリット=歯並びが綺麗になる」のイメージがありますが、矯正治療のメリットはそれだけではなく、虫歯になりにくくなるなどのメリットもあります。
その意味でもメリットとデメリット全般を確認し、矯正治療を受けるか受けないかの判断材料にしてください。

疑問点や不明点の相談

上記でお伝えしたことは全て相談した方が良いですが、実際には他にも疑問点や不明点があると思います。
矯正治療におけるそのような疑問点や不明点は気軽に相談してください。
患者さんは矯正治療のことを詳しく知らないわけですから、疑問点や不明点があるのはむしろ当然です。

このため、「こんな初歩的なことを聞いても良いだろうか?」などと気にする必要はありません。
どんな小さなことでも相談すれば良いですし、仮にそれに対して歯科医が不快な反応を示した場合は、その歯科医院で治療を受けるのは止めましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療についての相談についてまとめます。

1. 相談だけすることも可能 :相談することで治療が確定するわけではないため、気軽に相談して良い
2. 費用の相談 :トータルの費用の金額だけでなく、支払いのシステムも確認しておく
3. 矯正方法の相談 :特に使用する矯正装置は歯科医院ごとで異なるため、必ず確認しておく
4. 治療期間の相談 :明確な治療期間は断言できないだろうが、ある程度の目安は分かる
5. 矯正治療のメリットとデメリットの相談 :メリットだけでなくデメリットも確認しておく
6. 疑問点や不明点の相談 :どんな小さなことでも、疑問点や不明点があれば気軽に相談して良い

これら6つのことから、矯正治療についての相談について分かります。
こうした相談をすることは、単に矯正治療に対する知識を深めることだけが目的ではありません。
相談した時の歯科医の態度、院内の雰囲気などにも注目することで、治療を受ける歯科医院として相応しいかの判断にも役立ちます。

PAGE TOP