ホーム >Blog > 痛みを我慢できるなら、虫歯治療はしなくても良いですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

痛みを我慢できるなら、虫歯治療はしなくても良いですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「虫歯の症状と治療」です。
「なぜ虫歯を治すのか?」…その質問に対して「歯が痛いのが嫌だから」と答える方がいます。

痛みを我慢した挙句、どうしてもそれが我慢できなくなって歯科医院に来院する方は少なくなく、では痛みを我慢できさえすればその方は虫歯治療をしないのだろうかと思えてしまいます。実際、痛みを我慢できるのであれば虫歯治療は必要ないのでしょうか。

虫歯は自然には治らない

虫歯の痛みを我慢することが、風邪による熱を我慢するのと同じ感覚だと思っている方は大きな間違いです。と言うのも、虫歯は風邪と違って自然に治ることがないからです。完全な初期段階の虫歯なら別ですが、痛みを感じるほどの虫歯は自然には治らないのです。

つまり、治療しなければ虫歯がずっと続くことになりますし、それどころか進行してしまいます。虫歯の原因菌は治療しない限り生き続けるため、必ず治療しなければなりません。まず、虫歯は自然には治らないということを知っておきましょう。

虫歯を放置するとどうなるか

虫歯を放置すれば虫歯の状態が続いて進行してしまいます。そして、虫歯が進行することで現在の痛み以上の問題が起こります。

痛みが酷くなる

虫歯の痛みは一定ではありません。象牙質まで虫歯が進行すると痛みを感じるようになりますが、さらに進行すれば虫歯は神経まで到達し、そうなると痛みどころか激痛を感じるようになります。つまり、痛みを我慢して虫歯を放置すれば、より酷い痛みを感じるようになってしまうのです。

神経を失う

神経まで虫歯が進行すれば、やがて神経は死んでしまいます。また、そこまで虫歯が進行すると神経が細菌に感染しているため、治療しても神経は残せません。つまり、虫歯の放置によって確実に神経を失ってしまうのです。

歯を失う

歯を失う原因としては歯周病を連想しがちですが、虫歯でも歯を失います。正確には、歯が抜けるのではなくボロボロに溶かされてしまうのです。末期段階まで虫歯が進行すれば、その時にはもう歯は原型を失うほど溶かされてしまっているでしょう。

大きな病気を引き起こす

虫歯を放置すればやがて歯がボロボロに溶かされますが、それでもまだ虫歯菌は生きています。歯を破壊した虫歯菌は、今度は血液に入り込み、血管を通じて全身にまわってしまいます。その時虫歯菌が脳にまわれば脳梗塞に、心臓にまわれば心筋梗塞を引き起こす危険性があります。

神経を失うことについて

虫歯を放置すると神経を失うと説明しましたが、神経を失うと具体的にどのような問題が起こるのでしょうか。神経を失えば痛みを感じなくなりますから、虫歯の痛みが解消される点でむしろプラスに思う方もいます。しかし実際には神経を失うと、次のような問題が起こります。

歯の異常に気づけなくなる

痛みを感じなくなることはプラスではなく実はマイナスです。と言うのも、痛みは歯の異常に気づくきっかけとなる大切で分かりやすい自覚症状だからです。痛みを感じなくなれば、歯に異常が起こっても気づくことができず、知らない間に症状が進行してしまいます。

歯が脆くなる

神経を失った歯には栄養が行き届かなくなるため、歯は脆くなってしまいます。やわらかくなることで割れやすくなり、さらに細菌にも感染しやすくなってしまいます。これは、神経が歯に栄養や水分を届ける役割を担っているからです。

虫歯が進行しやすくなる

虫歯になると神経に防御機能が働きます。歯を強くして溶かされないようにしますし、虫歯菌の進行経路を塞いで虫歯の進行を防ぎます。しかし、神経を失うことでこうした防御機能も失われ、虫歯が進行しやすくなってしまいます。

治療が嫌で虫歯を放置するケース

痛みを我慢してまで虫歯を治療しない理由が「虫歯治療が嫌だから」の場合、放置することは全くの逆効果になります。なぜなら、虫歯治療は虫歯が進行するに比例して大きな治療が必要になるからです。

歯を削るのが嫌で虫歯を放置すれば、虫歯が進行するため治療の際は削る範囲が広くなります。また、神経の除去などを行う根菅治療が必要になるケースもあります。つまり、虫歯を放置すればするほどもっと嫌な治療をしなければならなくなるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯の症状と治療についてまとめます。

1. 虫歯は自然には治らない :治療しなければ虫歯菌は生き続ける
2. 虫歯を放置するとどうなるか :痛みが酷くなる、神経を失う、歯を失う、大きな病気を引き起こす
3. 神経を失うことについて :痛みは感じなくなるため、痛みという自覚症状で歯の異常に気づけなくなる
4. 治療が嫌で虫歯を放置するケース :放置することで、余計に辛い治療をしなければならなくなる

これら4つのことから、虫歯の症状と治療について分かります。
進行した虫歯は自然には治らないため、痛みを我慢してまで治療を怠ることに何のメリットもありません。
むしろあるのはデメリットだけであり、放置すると神経や歯を失うことになってしまいます。
痛みを歯が送っているSOSのサインと捉え、例え我慢できたとしても必ず治療を受けましょう。

PAGE TOP