ホーム >Blog > 子供はまだ乳歯なので、虫歯になってもそこまで気にしなくて良いですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

子供はまだ乳歯なので、虫歯になってもそこまで気にしなくて良いですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「乳歯の虫歯について」です。
虫歯になると歯が溶かされ、放置し続ければ最終的に歯は失われてしまいます。

歯が失われるのは深刻な問題ですが、ケースによってはそれを深刻と考えない人もいます。
それは乳歯の虫歯です。乳歯はいずれ抜けて永久歯に生え変わるため、例え虫歯になっても問題ないと考えてしまうのですが、もちろんそれは大きな間違いです。

乳歯でも虫歯治療と予防は必要

結論から言うと、乳歯の虫歯もしっかり治療しなければならないですし、もちろん虫歯の予防も大切です。
このため、虫歯になっても気にしないという考え方は絶対にしてはいけません。
仮に乳歯の虫歯を気にしない親がいるとすれば、その親は次の2つのことを考えているでしょう。

・乳歯が虫歯になっても治さなくて良い
・乳歯が虫歯になっても気にしない以上、予防も気にしない

…乳歯の虫歯を気にしないのであれば、その乳歯が虫歯になることも気にしないため、必然的に虫歯予防の対策も不充分だと予想でき、これらの状況によって問題が生じます。
では、以下の項目で乳歯の虫歯と虫歯予防の怠りが招く問題点をお伝えします。

乳歯の虫歯がもたらす問題

乳歯が虫歯になると、次のような問題が生じます。

永久歯の歯並びが悪くなる

乳歯の虫歯は永久歯の歯並びに影響します。これについて説明すると、まず虫歯になることで歯に穴があきますが、乳歯は穴があくことで歯が小さくなってしまいます。
歯が小さくなると隣接する歯との間に隙間が生じ、そのせいで隣接する歯が傾いてきます。

そして隣接する歯が傾くと、その箇所が窮屈になって永久歯が生えるスペースが失われてしまいます。
当然それでも永久歯は生えてきますから、無理に生えてきた永久歯もまた傾いてしまうのです。
また、虫歯によって乳歯が早い段階で抜けることで、永久歯が正常な位置に生えてこないこともあります。

永久歯が変色する

永久歯は、乳歯が生えている時点で既に顎の中に埋まっています。
つまり永久歯は乳歯のすぐ下に存在しているため、乳歯の虫歯は永久歯にも影響します。
例えば乳歯が虫歯になり、歯根付近までその虫歯が進行したとします。

その場合、虫歯菌は永久歯のすぐ近くに到達していることになります。
このため永久歯は虫歯菌や細菌の膿みなどの影響を受けてしまい、変色してしまうことがあります。
そうなると、実際に永久歯が生えてきた時も変色したままになってしまいます。

乳歯の虫歯予防の怠りがもたらす問題

乳歯の虫歯予防を怠ると、次のような問題が生じます。

歯科医院嫌いになる

本来なら、乳歯の子供は定期的に小児歯科で虫歯予防のための治療を行います。
しかし虫歯予防を怠ってしまえば、そのような定期検診を受けようとしないでしょう。
そうすること子供は歯科医院に不慣れになり、いざ通院が必要になった時に怖がってしまいます。

例えば虫歯が発見された治療に行く時、元々歯科医院に通ってことがないため子供が酷く嫌がってしまい、
そんな時に対処に困ってしまうのは何より親なのです。
もっと問題なのは、歯科医院を嫌がる子供が虫歯であることを隠してしまう危険性もあることです。

永久歯が虫歯になりやすくなる

子供は親のしつけや教育で育ちますから、虫歯予防を怠れば子供は虫歯に対する危機感を持たなくなります。
例えば、歯磨きの時に親が仕上げをしてあげると、子供はそれを見て歯磨きの仕方を覚えますし、何より毎回仕上げをすることで歯磨きが大切なことなのだと学びます。

一方、虫歯予防を怠ればそのようなことを学ぶ機会がなくなり、歯磨きをただ面倒にしか思わなくなるでしょう。
そうなると歯も適当に磨くでしょうし、甘い物を食べる時も虫歯のリスクを考えなくなってしまいます。

親の虫歯予防も大切

子供の虫歯を予防するには、親の虫歯予防も大切です。
と言うのも、虫歯は親から子へうつってしまう可能性があるからです。
正確には、唾液を介して虫歯菌が移動してしまうのです。

行為としては食器の共用、歯ブラシ同士の接触、回し飲みなどが挙げられ、直接虫歯がうつるわけではないものの、虫歯の原因菌…つまり虫歯菌が移動してしまうのです。
このため子供の虫歯予防を徹底するなら、親もまた同様に徹底しなければなりません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、乳歯の虫歯についてまとめます。

1. 乳歯でも虫歯治療と予防は必要 :例え乳歯でも虫歯治療は必要であり、もちろん予防も必要
2. 乳歯の虫歯がもたらす問題 :永久歯の歯並びが悪くなる、永久歯が変色する
3. 乳歯の虫歯予防の怠りがもたらす問題 :子供が歯科医院嫌いになる、永久歯が虫歯になりやすくなる
4. 親の虫歯予防も大切 :虫歯菌は唾液を介して親から子へうつるため

これら4つのことから、乳歯の虫歯について分かります。
乳歯と永久歯、どちらにおいても虫歯の予防と治療は必要です。
特に乳歯は虫歯になりやすく、子供も年齢的に歯磨きの技術が未熟なため、永久歯の大人に比べて虫歯になるリスクが高いでしょう。その意味では、虫歯予防においては大人以上に注意しなければなりません。

PAGE TOP