ホーム >Blog > 歯周病を自覚するのはなぜ難しいのですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

歯周病を自覚するのはなぜ難しいのですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「歯周病と自覚症状について」です。
みなさんは、歯周病が「静かなる病気」と呼ばれていることをご存じでしょうか。

歯周病がそう呼ばれる理由は、歯周病には目立った自覚症状がないからです。
自覚症状がないことで自分が歯周病であることに気づかず、その間に歯周病は静かに進行していきます。
では、仮に今自分が歯周病になっていたとしても、それに気づくことは不可能なのでしょうか。

目立った自覚症状がないことの問題

「歯が痛む虫歯」と「歯が痛まない歯周病」、みなさんはどちらの病気を嫌に思いますか?
おそらくほとんど方が前者…つまり、歯が痛む虫歯の方が嫌だと答えるのではないでしょうか。何しろ、歯の痛みというのは本当に辛いですし、痛みの度合いによっては夜も眠れないですからね。

しかし、歯科医として意見すれば痛みを感じることは辛い反面、大切なことだと思っています。と言うのも、痛みを感じることをきっかけに自分が病気だと自覚できるからです。考えてみてください、仮に歯に痛みを感じなければ自分が虫歯だと気づけるでしょうか。

「歯が痛くない=虫歯がない」と判断してしまい、歯科医院に行かなければ虫歯はどんどん進行していき、気づいた時には歯はボロボロに溶かされてしまいます。このため、痛みというのは自分が病気であることに気づくきっかけとなる貴重なサインとも言えるのです。

歯周病の自覚症状

目立たないとは言え、歯周病の自覚症状も全くないわけではありません。の症状はいずれも歯周病の自覚症状です。

口臭がする

口臭の原因は様々ですから、「口臭=歯周病」と断言することまではできません。しかし可能性としては高く、さらに歯周病による口臭はかなりキツイ臭いがします。

歯肉が腫れている

歯周病になると歯肉が炎症を起こして腫れてしまいます。触った感触もプヨプヨとしており、本来歯肉が持つ引き締まり感や張りもなくなります。

歯肉から出血しやすくなる

身体のメカニズム上、歯周病になると患部に白血球が集まります。このため歯肉から出血しやすくなり、歯磨きや食事で噛む刺激などによって歯肉から出血します。

歯石ができる

歯石の有無は歯周病の有無の根拠にはならないものの、歯石ができると歯周病にかかりやすくなりますし、既に歯周病にかかっている場合は進行しやすくなります。

歯が伸びて見える

歯周病が進行すると歯槽骨が溶かされ、それによって歯肉退縮が起こって歯肉が下がります。そうなると歯肉に覆われていた歯の根が露出するため、その分だけ歯が伸びたように見えます。

冷たいものや熱いものを飲食するとしみる

これは虫歯でも起こる自覚症状ですが、進行した歯周病においても起こります。歯周病が進行して歯の根が露出すると、エナメル質のない歯の根が温度を感じることでしみてしまいます。

噛むと痛む

歯周病が進行して歯槽骨が溶かされると、歯が不安定な状態になります。そして、グラついて不安定なことで噛み合わせた時に痛みを感じることがあります。

歯が動く、グラつく

歯周病の自覚症状の中で最も分かりやすいものですが、この時点で歯周病に気づくのは遅すぎです。歯が動くということは歯槽骨がある程度溶かされており、歯周病が相当進行していることになります。

歯周病の早期発見

進行すると最終的に歯が抜け落ちてしまう歯周病ですが、例え発症しても初期段階で治療すれば歯を失うほどの事態にはなりません。 とは言え、歯周病の初期段階においてはほとんど自覚症状がないため、その時点で歯周病に気づくのは難しく、そのため歯周病を進行させてしまう人が多いのです。

しかし、歯周病を確実に早期発見できる方法があり、それは歯科医院で定期検診を受けることです。定期検診では歯科医は口腔内の健康状態を確認するため、自分では気づきにくい歯周病も確実に発見して治療できるのです。実際、虫歯治療の時に口腔内をチェックしてもらい、偶然歯周病が発見された経験のいる人は多いと思います。

初期段階で発見すれば歯槽骨が溶かされる前に歯周病を治せますし、治療方法としても歯石の除去とプラークコントロールだけで治せることがあります。また、何より定期検診を受けることで歯周病の予防効果も高まるため、半年に1度くらいは必ず歯科医院で定期検診を受けてください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病と自覚症状についてまとめます。

1. 目立った自覚症状がないことの問題 :痛みなどの辛さはないが、自覚症状がなければ病気に気づけない
2. 歯周病の自覚症状 :口臭がする、歯肉が腫れている、歯肉から出血しやすくなるなどの自覚症状がある
3. 歯周病の早期発見 :早期発見して早期治療すれば歯を失うことはない

これら3つのことから、歯周病と自覚症状について分かります。歯周病は痛みもほとんど感じないことから、虫歯に比べて軽い病気と考える人が多くいます。しかしそれは間違いで、自覚症状がないことはむしろ怖いことなのです。

「静かなる病気」である歯周病は目立った自覚症状がないため気づきにくく、そのため虫歯に比べて進行するケースの多い病気です。予防や早期発見のためには歯科医院での定期検診が欠かせないのです。

PAGE TOP