ホーム >Blog > 歯周病で口臭が起こる理由

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

歯周病で口臭が起こる理由

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「歯周病で口臭が起こる理由」です。
静かなる病気と呼ばれる歯周病には、虫歯の痛みほど明確な自覚症状はありません。

しかしながら自覚症状が全くないわけではなく、例えば「口臭」は歯周病の自覚症状の一つです。
ではなぜ歯周病になると口臭が起こるのでしょうか。そこで、今回は歯周病と口臭の関係をテーマにした説明をしていきます。

歯周病で口臭が起こるのはなぜか

歯周病になると口臭が起こりますし、しかもその口臭はキツイものと言われています。口臭が起こる以上、その臭いを発しているもの…すなわち原因があるわけですが、歯周病における口臭を引き起こしているのは次の3つです。

・歯周病の原因菌
・歯肉から出た血液
・歯肉から出た膿み

まず「歯周病の原因菌」ですが、これはいわゆる歯周病菌と呼ばれる細菌です。歯周病菌は揮発性硫黄化合物を発生させ、これが口臭となりますし、さらに歯周病によって歯周病菌が繁殖しているため、口臭をより感じるようになります。

次に歯肉から出た血液や膿みについてですが、歯周病になると歯肉が炎症を起こしますし、身体のメカニズムによって患部に血液が集結するため、歯肉からの出血も起こりやすくなります。こうした膿みや血液が口の中に留まることによって、それらの臭いが口臭となります。

安易に口臭ケアを考えない

仮に口臭を自覚した場合、多くの人はそのためのケアを考えるでしょう。最も、その口臭が一時的なもの…例えばニンニクを食べたことが理由による口臭なら、エチケット目的でミントのガムを噛むなどのケアに問題はありません。

しかし歯周病が原因の口臭の場合、いくらガムなどで口臭を解消しても一時的な効果しかありません。原因となる歯周病を治療しない限り、何度口臭を解消しても再び口臭が起こります。それ以前に、歯周病を治療しなければ歯周病はどんどん進行してしまいます。

ですから、口臭がする場合に考えるべきことは解消方法よりも原因の究明です。明らかに食べ物による口臭の場合は別ですが、そうでない場合は歯科医院に行って口臭の原因を考えるべきでしょう。

歯周病の自覚症状

歯周病は自覚症状が少なく、そのため「静かなる病気」と呼ばれています。口臭はそんな歯周病の自覚症状の一つですが、自覚症状は他にもあります。ちなみに、口臭以外には次のような自覚症状があります。

歯肉が腫れる

歯周病になると歯肉が炎症を起こすため、その影響で歯肉が腫れあがります。さらに腫れるだけでなく普段の歯肉の張りもなくなり、指で揺れるとプヨプヨとした感触になります。

歯肉から出血しやすくなる

身体のメカニズム上、歯周病になると歯周病菌と戦うために患部に白血球が集まります。いわば血液が集合した状態になるため、歯磨きやかたいものを噛んだ時に歯肉から出血しやすくなります。

歯石ができる

歯石があることは歯周病になっていることの根拠とは言い切れませんが、歯石があると歯周病になりやすく、既に歯周病の場合は進行しやすくなります。

歯が長くなる

実際には歯が長くなっているわけではなく、歯が長くなって見えるだけです。歯周病が進行すると歯肉退縮が起こるため、歯肉の高さが下がって歯の根が露出して歯が長く見えるのです。

冷たいものや熱いものを食べるとしみる

歯肉退縮が起こって歯の根が露出すると起こる自覚症状です。露出した歯の根はエナメル質に覆われていないため、冷たいものや熱いものを感じるとしみてしまうのです。

歯が動く

歯周病が進行すると歯槽骨が溶かされ、歯が支えを失ってグラつくようになります。自覚症状としては非常に分かりやすいものの、この自覚症状で歯周病に気づくようでは遅すぎます。

口臭の怖さ

口臭がする場合、その原因として最も可能性が高いのが歯周病です。しかし他の原因の可能性もあり、例えば胃や腸の不調や病気で口臭が起こっていることも考えられます。

歯周病を含め、口臭がすることは身体に何らかの異常が起こっていることを示すサインであり、このため単にガムなどによる一時的な解消で解決と考えてはいけません。口臭がする場合、まずしなければならないのは歯科医院に行くことです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病で口臭が起こる理由についてまとめます。

1. 歯周病で口臭が起こるのはなぜか :歯周病菌の繁殖、歯肉から出た膿みや血液が口臭になる
2. 安易に口臭ケアを考えない :一時的な解消では意味がなく、口臭の原因から解決しなければならない
3. 歯周病の自覚症状 :歯肉が腫れる、歯肉から出血しやすくなる、歯石ができる、歯が長くなるなど
4. 口臭の怖さ :歯周病、胃や腸の不調や病気など、口臭は身体の異常を示すサインでもある

これら4つのことから、歯周病で口臭が起こる理由について分かります。口臭はエチケットの問題だけでないため、安易な解消方法を考えてはいけません。歯周病になると口臭が起き、この場合は歯周病を治療しなければ口臭は解消されません。

ガムなどによる口臭解消は一時的な効果しかなく、何より歯周病の治療になりません。一時的な解消だけ続ければ歯周病はどんどん進行してしまうため、歯周病に限らず口臭が起こる場合はその原因究明を第一に考え、まず歯科医院に行って相談してください。

PAGE TOP