ホーム >Blog > 虫歯治療よりも歯周病治療を優先する理由を教えてください

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

虫歯治療よりも歯周病治療を優先する理由を教えてください

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「歯周病治療を優先する理由」です。虫歯と歯周病の両方にかかった場合、基本的には歯周病治療を優先することになります。

しかし、これについて不満に思う患者さんも多いと思います。と言うのも、患者さんからすれば痛みを感じる虫歯の方が深刻に思えるからで、ここでは歯周病治療をテーマにして、なぜ歯周病治療を優先するのかについて説明します。

歯周病治療を優先する理由

虫歯は歯の病気であり、歯周病は歯の骨の病気です。歯は歯の骨によって支えられているため、これを建築物に例えると「歯=建物」、「歯の骨=土台」になります。さて、土台が崩れて建物も壊れている場合、どのような手順に修理していくでしょうか。

それにはまず土台を修復して安定させるでしょう。と言うのも、建物を先に修理したところで土台が不安定であれば、再び建物は壊れてしまいますからね。ですから土台を修復し、安定させた上で今度は建物を修理する…これが基本です。

虫歯と歯周病の両方を治療する場合、この例と同じことが言えます。歯周病を治療しなければ歯の骨…つまり歯の土台は不安定なままですから、精密な虫歯治療ができません。このため歯周病治療を優先し、土台である歯の骨を安定させた上で虫歯治療を行うのです。

虫歯治療の優先は可能なのか

歯周病治療を優先するのはあくまで基本であり、必ずしもそうするとは限りません。例えば神経まで進行した虫歯では激痛を感じますから、歯周病治療が終わるのを待つのは辛いでしょう。この場合は虫歯治療を先に行って痛みを解消し、それから歯周病治療を行うことも可能です。

歯科医にとって大切なのは、患者さんが辛いと感じている負担を解消することです。ですから、虫歯の痛みが辛い時にはそのことを正直に歯科医に伝えれば良いのです。そうすれば歯科医は臨機応変に対応し、患者さんにとって最良の治療計画を立てます。

また、一方の治療を行った時点でその治療を最後まで行うことにこだわる必要もありません。もちろん最終的には最後まで治療を行うものの、「虫歯治療で痛みを解消」→「虫歯治療を中断」→「歯周病治療」→「虫歯治療の続き」の流れも可能でしょう。

希望した治療を受けられないケース

虫歯治療と歯周病治療は歯科の一般的な治療ですから、どちらの治療もほとんどの一般歯科で受けられます。ただし、必要な治療方法や患者さんの希望によってはその治療を受けられないこともあります。具体的には次のようなケースが挙げられ、歯科医院がその治療に対応していないのが理由です。

セラミック治療を希望する

詰め物や被せ物の材質にセラミックを希望した場合、歯科医院によっては対応できません。セラミックは全ての歯科医院で対応しているわけではないですし、さらに言えば取り扱っているセラミックの種類も歯科医院によって異なります。

外科的治療が必要

歯周病治療はスケーリングによる歯石の除去とプラークコントロールが基本ですが、進行度によっては歯肉を切開する外科的治療が必要なケースもあります。しかし、歯科医の技術や医療設備の問題で外科的治療に対応していない歯科医院もあります。

骨の再生療法を希望する

歯周病によって溶かされた歯槽骨は、骨の再生療法によって再生を促すことが可能です。治療方法としてGTR法やエムドゲイン法が挙げられますが、これらの治療方法に対応していない歯科医院はむしろ多いでしょう。

歯を失った場合にインプラントを希望する

虫歯にせよ歯周病にせよ、末期段階まで進行していると抜歯しなければなりません。抜歯後は失った歯の対処として入れ歯、ブリッジ、インプラントの選択肢になります。特にインプラントは一般歯科では対応していない可能性が高いでしょう。

…特に、歯周病治療においては近年新しい治療方法は次々と登場し、中にはレーザーによる治療や薬の処方による治療方法も存在します。こうした治療方法を導入している歯科医院はまだ少なく、その治療を希望しても受けられないことがあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病治療を優先する理由についてまとめます。

1. 歯周病治療を優先する理由 :歯周病治療をすることで虫歯治療を安定した状態で行えるため
2. 虫歯治療の優先は可能なのか :可能なので、虫歯の痛みが酷い場合は歯科医に相談するべき
3. 希望した治療を受けられないケース :セラミック治療を希望した時、外科的治療が必要な時など

これら3つのことから、歯周病治療を優先する理由について分かります。まとめると、歯周病治療を優先するのは虫歯治療における土台作りになるからです。歯周病は歯の骨の病気であり、歯の骨は歯を支える土台です。

ですから虫歯治療を優先してしまうと、土台が不安定なままでの治療になってしまいます。このため、まずは土台を安定させるために歯周病治療を行い、その上で虫歯治療を行います。最も、これは基本の流れであり、患者さんの状態によっては虫歯治療の優先も可能です。

PAGE TOP