ホーム >Blog > 親の歯周病が子供にうつるというのは本当ですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

親の歯周病が子供にうつるというのは本当ですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「歯周病の人から人への感染」です。歯周病は細菌による感染症で、その点については風邪と似た特徴があります。

つまり、風邪と同じで歯周病は人から人にうつってしまうのです。と言うことは親から子に歯周病がうつる可能性もあり、ここではそんな歯周病の人から人への感染をテーマにした説明をしていきます。

歯周病は若くても感染する

「親から子に歯周病がうつる」と聞いて、子供が歯周病になることに驚いた方も多いと思います。歯周病は歯が抜け落ちるという症状から、高齢に方のみに発症するイメージが強いですからね。しかしそれは間違いで、歯周病は若くても発症しますし、実際に歯周病の低年齢化が問題になっています。

最も、若ければそれだけ代謝も活発ですから、歯が抜け落ちるほど歯周病が進行することはないでしょう。それでも歯周病の初期段階にあたる歯肉炎は発症しますし、割合で言うなら小学生や中学生の約半数近くが歯肉に何らかの異常を抱えていると言われています。

どうやってうつるのか

歯周病がどうやって親から子へうつるのか?…それは唾液です。歯周病の原因菌は唾液を介して人から人にうつるため、つまり唾液を介す行為することで親から子へうつってしまうことがあります。

・歯ブラシの接触
・食器の接触
・食器の共用
・キス
・回し飲み

ちなみに、唾液を介す行為としてはこれらのことが挙げられます。最も、正確には歯周病がそのままうつるわけではなく、歯周病の原因菌がうつる形です。ですから、例えば親が中度の歯周病だったとして、その症状がそのまま子供にうつるわけではありません。それでも歯周病の原因菌がうつるわけですから、その時点で子供には歯周病が発症するリスクが生まれます。

夫婦や恋人の間でうつることもある

歯周病…正確には歯周病の原因菌は親子に限らず、夫婦や恋人の間でうつることもあります。と言うのも、上記でお伝えした唾液を介す行為は、夫婦や恋人の間でも行うことだからです。その意味で言えば、例え友達同士だとしてもやはりそれらの行為を行えば歯周病の原因菌はうつります。

親子、夫婦、恋人…これらの間での歯周病の感染を防ぐには、自分だけでなく相手も歯周病の予防を徹底してなければなりません。また自分が歯周病の予防を怠ると、子供や家族にうつしてしまう可能性があることを知りましょう。

歯周病を予防するための3つの方法

歯周病を予防するには次の3つの方法が効果的です。徹底的に予防するには、どれが1つではなく3つ全ての方法を実践しましょう。

精密で丁寧な歯磨き

ブラッシングだけの歯磨きではプラークの除去率は一般的に60%…つまり40%の磨き残しが発生します。これでは予防として不充分なので、プラークの除去率がより高まる歯磨きが必要です。それにはデンタルフロスや歯間ブラシの使用、プラークを染色するプラークテクターの使用がおすすめです。

生活習慣の見直しと改善

歯周病は生活習慣病ですから、日常生活の中にも発症の要因が潜んでいます。例えば上記で紹介した唾液を介す行為に注意することも予防の1つですし、タバコを吸わない、身体の免疫力を低下させないなどの見直しと改善が必要です。

歯科医院での定期検診

定期検診では歯のクリーニングやブラッシング指導を行うため、歯周病を予防しやすくなります。また、生活習慣の見直しと改善における具体的なアドバイスもしてもらえます。仮に歯周病になった場合も、定期検診を受けていれば早期発見による治療が可能です。

歯周病になりやすい人

歯周病になるリスクは人によって違います。特に次の項目に該当する方は歯周病になるリスクが高いため注意が必要です。

・女性(女性ホルモンを栄養源とする歯周病の原因菌が存在するため)
・疲労やストレスが溜まっている(身体の免疫力が低下しており、歯周病の原因菌に感染しやすいため)
・歯石がある(歯石はザラザラしており、歯石があるとそこにプラークが溜まりやすくなるため)
・噛み合わせが悪い(噛み合わせが悪いと歯と歯肉に負担をかけ、歯肉が炎症を起こしやすいため)
・口呼吸をしている(乾燥した空気を直接口の中に取り込むことで、歯周病の原因菌が繁殖しやすいため)

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病の人から人への感染についてまとめます。

1. 歯周病は若くても感染する :歯周病は高齢の方だけに発症する病気ではない
2. どうやってうつるのか :歯ブラシの接触など、唾液を介すことで歯周病の原因菌が移動する
3. 夫婦や恋人の間でうつることもある :夫婦も恋人も唾液を介す行為を行うことがあるため
4. 歯周病を予防するための3つの方法 :精密で丁寧な歯磨き、生活習慣の見直しと改善、定期検診
5. 歯周病になりやすい人 :女性、疲労やストレスが溜まっている、歯石がある、噛み合わせが悪い、口呼吸

これら5つのことから、歯周病の人から人への感染について分かります。歯周病は人から人に感染するため、親から子へうつることもあります。さらに歯周病は自覚症状が少ないことから、うつされた側は歯周病になってもなかなか気づけず、そうなると知らない間に進行してしまい、実際に歯周病は静かなる病気とも呼ばれます。予防方法についても説明しておいたので、しっかりと予防して子供への感染を防ぎましょう。

PAGE TOP