ホーム >Blog > 現在妊娠していますが、ホワイトニングしても問題ないですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

現在妊娠していますが、ホワイトニングしても問題ないですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「妊娠中のホワイトニング」です。妊娠中は普段のように薬が飲めなくなり、そのため風邪には気をつけなければなりません。

さて、薬の使用ができないというのであれば、ホワイトニングは可能なのでしょうか。確かにホワイトニングで薬が処方されることはないですが、ホワイトニングにおいて薬剤を使用するため、そこに問題はあるのでしょうか。

妊娠中のホワイトニングについて

結論から言うと、妊娠中のホワイトニングはおすすめできません。最も、ホワイトニングで使用する薬剤の胎児への影響については解明されていないため、実際には影響がないのかもしれません。しかし解明されてない以上、影響がある可能性は否定できません。

つまり、ホワイトニングは「胎児に影響があるのかないのか分からない」というのが現状の回答なのですが、影響がある可能性がある以上、歯科医としてはおすすめできません。そもそもホワイトニングは審美治療ですから、敢えて妊娠中に行う必要性もありません。

ホワイトニングできる時期

妊娠して出産しても、その後は新生児への授乳が必要です。この時、母乳は母親の体内の成分に影響しますから、その点を考慮すると出産した直後もホワイトニングは避けるべきでしょう。

ですから、ホワイトニングできる時期は出産して授乳を終えた頃になります。妊娠中は避けるべきと考えると、その可能性がある妊活中も避けるべきですから、妊娠の可能性がある時期、妊娠中、出産して授乳する時期、これらの時期のホワイトニングは避けましょう。

妊娠中の歯科治療について

勘違いしてはいけないのが、妊娠中の歯科治療は全て避けるべきと考えてしまうことです。ホワイトニングがおすすめできないのは、あくまで使用する薬剤が胎児に影響する可能性への考慮と、そのリスクを冒してまで必要な治療ではないというのが理由です。

しかし、虫歯や歯周病は治療する必要がありますし、特に歯周病は早産や低体重児出産のリスクも高めます。それに、虫歯や歯周病の治療は胎児に一切影響ないですし、これらの治療の通院はむしろ出産後に困難になってしまうため、妊娠中でも治療を受けてください。

妊娠中に歯を白くしたい場合

患者さんによって事情はありますから、何らかの理由でどうしても妊娠中に歯を白くしたい方もいるかもしれません。そのような場合、ホワイトニングではなく別の方法で歯を白くすることを考えてみましょう。

ホワイトコート

いわゆる歯のマニキュアで、一時的な効果しかないものの簡単に歯を白くできる治療方法です。ホワイトコートは妊娠中でも問題なく受けられる治療ですが、万全に考えるのであれば例え妊娠中でも安定期以外の時期は避けるでしょう。

ホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉はホワイトニングの名がついているものの、歯科治療のホワイトニングとは別物です。歯の表面の着色は落とせますが、変色した象牙質を白くする効果は全くありません。しかし逆に言えば、歯の表面の着色を落としたい場合はホワイトニング歯磨き粉を使用すれば良いわけです。

その他、ホワイトニングについて多い質問と回答

妊娠中のホワイトニング以外にも、ホワイトニングについて多い質問とその回答を紹介します。

Q1. ホワイトニングするには歯科医院に行かなければダメですか?
A1. 通院がゼロにはならないですが、自宅で行えるホームホワイトニングという方法もあります。

Q2. ホワイトニングの効果はどのくらい続きますか?
A2. 一般的にオフィスホワイトニングなら3ヶ月程度、ホームホワイトニングなら6ヶ月~1年程度です。

Q3. ホワイトニングに健康保険は適用されますか?
A3. 完全に審美目的の治療となるため、健康保険は適用されません。

Q4. どんなに変色していても白くなりますか?
Q4. テトラサイクリンの影響など、変色の原因によってはホワイトニングしても白くなりません。

Q5. ホワイトニングに痛みはありますか?
Q5. エナメル質の状態によっては一時的に知覚過敏が起こることもあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、妊娠中のホワイトニングについてまとめます。

1. 妊娠中のホワイトニングについて :薬剤の胎児への影響が不明のため、妊娠中は避けるべき
2. ホワイトニングできる時期 :出産して授乳を終えた時期。授乳中もホワイトニングは避けるべき
3. 妊娠中の歯科治療について :虫歯や歯周病の場合は治療が必要で、胎児への影響もない
4. 妊娠中に歯を白くしたい場合 :ホワイトコートやホワイトニング歯磨き粉(歯の表面の着色のみ対応)
5. その他、ホワイトニングについて多い質問と回答 :「健康保険は適用されますか?」→「されない」など

これら5つのことから、妊娠中のホワイトニングについて分かります。明確な回答ができないので納得しづらいかもしれませんが、妊娠中のホワイトニングが胎児に影響を与えるのかについて現状では不明です。

しかし、不明である以上は影響を与える可能性を否定できないですし、健康目的ではなく審美目的であるホワイトニングを敢えて妊娠中に行う必要性もありません。ですから妊娠中のホワイトニングは避けるべきですし、対応していない歯科医院がほとんどです。

PAGE TOP