ホーム >Blog > 歯が一瞬痛むことが時々あります。どんな原因が考えられますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

歯が一瞬痛むことが時々あります。どんな原因が考えられますか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「歯が一瞬だけ痛む場合に考えられる原因」です。歯がピシッと一瞬痛む…そんな経験のある方も多いと思います。

歯の痛みと言えば虫歯を連想しますが、その場合は慢性的に痛みを感じるイメージがあります。ですから一瞬だけ痛む場合、虫歯ではなく他のことが原因だと考えられるでしょう。ではこの場合、実際にどんな原因が考えられるのでしょうか。

知覚過敏

「歯が一瞬痛む」という症状から判断して、最も可能性が高いのは知覚過敏です。知覚過敏の症状は歯が一瞬しみる、痛むなどがあり、冷たいものを飲食した時や風に当たった時などにこうした症状が起こるのが特徴です。

ではなぜこうした場合に歯がしみたり痛んだりするのか?…それには歯の構造が関係しています。歯の構造は大きく3つに分かれており、歯の中心となる象牙質、それを覆う表面のエナメル質、そして象牙質の下にある神経です。そもそも歯の中心となる象牙質は刺激に対して非常に敏感です。

しかし普段それを感じないのは、歯の表面のエナメル質が象牙質を刺激から保護しているからです。ですからエナメル質の保護が失われた場合、象牙質は刺激をまともに感じるようになります。何らかの理由でエナメル質の保護が失われ、象牙質が刺激を感じることで一瞬痛む…それが知覚過敏です。

知覚過敏の原因

知覚過敏が起こっているということは、エナメル質が傷ついている、もしくは破損していることは確かです。しかし、その原因としてはいくつかのことが考えられます。

虫歯

虫歯によって歯に穴があくことで、患部は象牙質が露出した状態になります。このため、冷たさなどの刺激を感じると知覚過敏が起こります。

歯周病

歯周病が進行すると歯肉が退縮して歯の根が露出します。露出した歯の根はエナメル質が存在せず象牙質が剥き出しのため、刺激を感じると知覚過敏が起こります。

衝撃によるエナメル質の破損

例えば歯を強くぶつけた場合、歯の表面のエナメル質が傷ついたり破損したりすることがあります。そうなると象牙質が露出してしまい、刺激を感じることで知覚過敏が起こります。

噛み合わせが悪い

噛み合わせが悪いと、噛んだ時に特定の歯に負担がかかります。その負担の継続が歯にとってダメージとなり、エナメル質を傷つけて知覚過敏が起こることもあります。

日常の癖

例えば、歯ぎしりや食いしばりの癖などが該当します。これらの癖はエナメル質を傷つけるため、象牙質が露出して知覚過敏が起こることがあります。

知覚過敏の治療方法

知覚過敏に対しては、ケア用の歯磨き粉の使用など、自宅でできる知覚過敏対策もあります。また、日常の癖よって知覚過敏が起こった場合、癖の改善も知覚過敏対策になるでしょう。ちなみに知覚過敏は歯科医院でも治療ができ、次のような治療方法が採用されています。

薬剤による治療

薬剤を塗布して治療する方法です。薬剤には複数の種類があり、取り扱う種類は歯科医院によって異なります。ただし、「象牙質を透明な膜で覆うことで知覚過敏を防ぐ」…この仕組みはどの薬剤も同じです。

レーザーによる治療

レーザーを照射して神経の感度を下げることで知覚過敏を起こりにくくされます。また、象牙細管を塞いで刺激を感じにくくさせる効果のあるレーザーもあります。

抜髄による治療

神経を抜く治療方法で、神経が失われることで痛みを感じることがなくなり、知覚過敏が起こらなくなります。ただし神経を失うと虫歯になりやすい、虫歯に気づきにくいなどの問題もあり、デメリットの多い治療方法です。

歯科治療で知覚過敏が起こるケース

歯科治療を行うことで知覚過敏が起こるケースもあります。例えばホワイトニングでは薬剤を使用しますが、その薬剤によって歯がしみる、もしくは痛むことがあります。これは何らかの理由でエナメル質が傷ついており、そのため薬剤によって知覚過敏が起こるのです。

最も、一般的な知覚過敏はあくまで一時的なものですから、この場合はそれほど深刻な問題ではありません。ただし痛みが続けばそれは知覚過敏ではなく別の原因が考えられますし、知覚過敏だとしても知覚過敏が起こっている原因によっては全く別の治療が必要になってきます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯が一瞬だけ痛む場合に考えられる原因についてまとめます。

1. 知覚過敏 :エナメル質が傷つき、象牙質が剥き出しになることで知覚過敏が起こる
2. 知覚過敏の原因 :虫歯、歯周病、衝撃によるエナメル質の破損、噛み合わせが悪い、日常の癖
3. 知覚過敏の治療方法 :薬剤による治療、レーザーによる治療、抜髄による治療
4. 歯科治療で知覚過敏が起こるケース :ホワイトニングでは薬剤の刺激で知覚過敏が起こることもある

これら4つのことから、歯が一瞬だけ痛む場合に考えられる原因について分かります。「歯が一瞬だけ痛む」…この症状からは知覚過敏の可能性が考えられますが、そうなってしまった原因にはいくつかのことが考えられます。例えば虫歯や歯周病が原因で知覚過敏が起こるケースもあり、そのため知覚過敏が起こった場合は必ず歯科医院に行って診察を受けてください。

PAGE TOP