ホーム >Blog > 歯がズキズキと痛みますが、原因と考えられることを教えてください

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

歯がズキズキと痛みますが、原因と考えられることを教えてください

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「歯がズキズキと痛む原因」です。歯の痛みには様々なパターンがあり、そのパターンは原因を特定する手掛かりになります。

例えば、時折歯がしみるように痛む場合は知覚過敏が起こっている可能性が高いですし、噛んだ時に痛みを感じる場合は歯周病の可能性が高いでしょう。では歯がズキズキと酷く痛む場合、可能性として何が考えられるでしょうか。

歯がズキズキ痛む時の原因

実際に診断してみないと断言できませんが、可能性としては2つ考えられます。1つは虫歯で、この場合は虫歯が神経まで進行しており、そのためズキズキと強い痛みを感じます。虫歯の痛みは進行度によって異なり、象牙質まで進行した時点ではそれほど激しい痛みは感じません。

しかし虫歯は歯の奥にどんどん進行していきますから、治療しないとやがて神経まで進行してしまいます。そうなると神経に炎症が起こり、感覚を伝える神経が炎症を起こすことで激しい痛みを感じるようになります。もう1つは、根管治療の治療に問題があった可能性です。

根管治療は歯の根の治療で、根管の清掃や消毒をするのが目的です。しかし根管の形状は人それぞれ異なる上、治療時はそれを目で見て確認することができません。このため細菌を取り逃してしまうことがあり、その影響で神経に炎症が起こって激しい痛みを感じます。

虫歯の場合は深刻

歯がズキズキと痛む原因が虫歯であれば、その虫歯は深刻なほど進行しています。ズキズキと痛むのは虫歯が神経まで進行しているためであり、その場合治療しても神経は残せないでしょう。そうなると神経の除去が必要となり、一度除去した神経はもう再生することはありません。

神経を失った歯は治療しても虫歯が再発しやすくなり、それは神経を失ったことで歯に栄養が届きにくくなるからです。さらに見た目の黒く変色するため、歯の美しい白さも失われてしまいます。

また、虫歯が再発した時にも痛みを感じないため、歯周病のようにいつの間にか発症していつの間にか進行するケースも珍しくありません。このため虫歯が重症化しやすく、虫歯の状態によっては歯まで失ってしまうのです。

虫歯を放置してはいけない

上記の説明を見ると、神経まで進行した虫歯の怖さが分かると思います。最も、虫歯を放置することさえなければそこまで虫歯が進行することはありません。象牙質まで進行した時点で痛みを感じて虫歯をできるため、その時点で治療すれば良いのです。

もっと言えば、定期的に歯科医院で検診を受けると良いでしょう。定期検診では歯科医が虫歯の有無を確認するため、その時点で虫歯があれば発見して治療できます。ですから、例え虫歯になったとしても神経まで進行する前に確実に治療できるのです。

要するに、虫歯を放置することさえしなければ虫歯が神経まで進行することはないですし、虫歯が神経まで進行しない以上、歯がズキズキと痛む思いをすることもありません。このため怖い問題ではあるものの、意識の持ち方次第で確実に防げる問題でもあります。

その後虫歯はどうなるか

神経まで進行した時点でズキズキと激しく歯が痛むようになりますが、そこで治療しなかった場合、今度は一変して痛みを全く感じなくなります。これは神経が死んでしまったためですが、治療しない限り虫歯菌は生きています。

神経が死んだ後も虫歯はさらに進行し、やがて歯はボロボロに溶かされてしまいます。そうなると歯を残すことはできず、例え治療しても抜歯するしかありません。さて、ここでも虫歯を治療しなかった場合、虫歯は本当の怖い姿を現します。

歯を完全に破壊すると、虫歯菌が血液の中に入り込んでしまうのです。血液の中に入り込んだ虫歯菌は血管を通じて全身に回ります。この時、脳に回ってしまうと脳梗塞、心臓に回ってしまうと心筋梗塞が起こる危険性があり、実際に虫歯が原因による死亡例もあるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯がズキズキと痛む原因についてまとめます。

1. 歯がズキズキ痛む時の原因 :可能性として高いのは、虫歯か根管治療の影響
2. 虫歯の場合は深刻 :虫歯が原因の場合、その虫歯は神経まで進行していることになる
3. 虫歯を放置してはいけない :虫歯の放置さえしなければ、虫歯が神経まで進行することはまずない
4. その後虫歯がどうなるか :神経や歯を破壊した後も虫歯菌は生き続け、脳梗塞などの原因になる

これら4つのことから、歯がズキズキと痛む原因について分かります。歯がズキズキと痛むのは夜も眠れないほど辛く、痛み止めを飲んでも痛みが完全に解消されない可能性があります。

この場合、まずするべきことは歯科医院に行くことで、放置してしまえば症状はさらに深刻な状態になります。虫歯の放置は歯を失うのはもちろん、思わぬ大きな病気を引き起こす原因にもなるため、そこまで歯が痛むのであれば迷わず歯科医院に行き、診察と治療を受けてください。

PAGE TOP