ホーム >Blog > 歯が痛い時、冷やせば痛みがおさまりますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

歯が痛い時、冷やせば痛みがおさまりますか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「歯が痛い時の正しい応急処置」です。歯が痛い時、タイミングによっては歯科医院に行きたくても行けないことがあります。

そんな時は応急処置で痛みを一時的に解消すると良いのですが、応急処置は間違った方法を行ってしまうと逆効果…つまりむしろ痛みが増してしまうこともあります。そんな応急処置として間違えやすいのが、「冷やす」か「温める」の二択です。

冷やし方に注意する

歯が痛い時に冷やすのは正しい応急処置です。温めようとする人もいますが、温めると血行が良くなるため血流によって神経が圧迫され、逆に痛みが増してしまいます。症状の中には温めた方が良い場合もありますが、歯の痛みにおいては冷やさなければなりません。

ただし冷やし方には注意が必要で、氷を口に含むなどして患部を直接冷やしてはいけません。その場合冷たさが患部に刺激を与えてしまい、知覚過敏を引き起こす可能性があるからです。冷やす時は頬側から、例えば水で濡らしたタオルや解熱シートを貼り付けて冷やしてください。

冷やす以外の応急処置

歯が痛む時の応急処置は冷やすのが基本ですが、それ以外にも痛みを解消する方法はあります。ですから冷やしつつ、次の方法もあわせると応急処置としてより効果的です。

痛み止めを飲む

効果の欄に「歯痛」と明記されていれば、市販のもので構いません。痛み止めで歯の痛みを解消できますが、即効性がなく効果が出るまで時間がかかるのが欠点です。また、神経の炎症など激痛と言えるほどの痛みになると、痛み止めでも完全には解消できないことがあります。

正露丸を詰める

正露丸は「痛み止めを飲む」とイコールのイメージですが、使用方法が全く違います。正露丸も腹痛時などは飲んで使用しますが、歯の痛みに対しては患部に詰めるのが正しい使用方法です。粘土状の正露丸を患部に押し込めるようにつめれば、痛み止めよりも早く歯の痛みを解消できます。

ぬるま湯でうがいをする

食べカスが詰まることで神経が圧迫され、歯の痛みを感じることがあります。その場合はぬるま湯で丁寧なうがいを繰り返し、詰まった食べカスを取り除きましょう。冷水のうがいは患部に刺激となりますし、患部への歯磨きは患部を傷つけることがあるので避けましょう。

救急センターに行く

夜に歯が痛んだ時には歯科医院に行きたく行けないと思うかもしれませんが、地域ごとで歯科の救急センターが存在するため、そこに行けば休日や夜間の治療も受けられます。「歯科 救急 〇〇(地域名)」で最寄りの救急センターをあらかじめ調べておくと良いでしょう。

間違った応急処置

応急処置の方法は起こっている症状によって全く異なります。このため、他の症状には効果的にも歯の痛みに対しては逆効果のケースもありますし、一見正しい応急処置に見えつつも実は間違ったものもあります。

患部を温める

温めると血行が良くなるため、血流が高まって神経を圧迫します。このため歯の痛みの場合は、温めることでむしろ痛みが増してしまいます。

ゆっくりと入浴する

歯の痛みの辛さを紛らわすため、リラックス目的でゆっくり入浴する人がいます。しかし、入浴は患部を温めるのと同じことになりますから、やはり痛みが増してしまいます。

歯をガチガチと噛み合わせる

特に奥歯が痛む場合、気になって歯をガチガチと噛み合わせてしまいがちです。しかし噛み合わせた時に痛むことが多いため逆効果ですし、何より患部を傷つけてしまいます。

歯磨きをする

歯磨き自体は大切ですが、歯の痛みを解消するため患部を中心に歯磨きする行為はやってはいけません。歯ブラシが患部を傷つける可能性がありますし、冷水によるうがいも知覚過敏の原因になります。

喫煙する

タバコを吸っている人は、歯が痛んだ時に気分を落ち着けるためにタバコを吸おうとするでしょう。しかし、タバコは刺激物ですから症状を悪化させてしまいますし、喫煙自体が歯の健康に良くありません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯が痛い時の正しい応急処置についてまとめます。

1. 冷やし方に注意する :直接冷やすのではなく、頬側から濡れタオルや解熱シートで冷やす
2. 冷やす以外の応急処置 :痛み止めを飲む、正露丸を詰める、ぬるま湯でうがいをするなど
3. 間違った応急処置 :患部を温める、ゆっくりと入浴する、歯をガチガチと噛み合わせる、歯磨きをするなど

これら3つのことから、歯が痛い時の正しい応急処置について分かります。ここでお伝えした方法なら、ある程度の歯の痛みは一時的に解消できるでしょう。ただしこれらの応急処置には治療としての効果は一切ありません。

仮に虫歯による歯の痛みなら虫歯はそのままになっているため、例え痛みが解消されたとしても、歯科医院に行って診察と治療を受けてください。放置すれば痛みが再発しますし、それどころか症状自体も悪化してしまいます。

PAGE TOP