ホーム >Blog > ホワイトニングでしみる人としみない人がいますが、その差は何が原因なのですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

ホワイトニングでしみる人としみない人がいますが、その差は何が原因なのですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「ホワイトニングと知覚過敏」です。ホワイトニングは歯を白くする治療ですが、その際には専用の薬剤を使用します。

さて、歯科治療においては痛みの有無が気になると思いますし、ホワイトニングも例外ではありません。そこでホワイトニングをした患者さんに意見を聞くと、治療で歯がしみたと言う人もいれば、全くしみなかったと言う人もいます。

ホワイトニングで歯がしみる人としみない人…この違いは何が原因なのでしょうか。

知覚過敏について

ホワイトニングで歯がしみるのは知覚過敏が原因です。知覚過敏とは歯が一瞬ピシッとしみることで、ホワイトニングに限らず日常生活の中で起こることもあります。最も、知覚過敏は無条件で起こるわけではなく、歯に何らかの刺激が加わることで起こります。

一般的には「冷たさ」などの温度が刺激となり、例えばアイスクリームを食べた時や冷たい飲み物を飲んだ時に起こりやすい症状です。この知覚過敏が起こることで、ホワイトニングの時に歯がしみてしまいます。

歯の構造について

知覚過敏が起こる原因を知る上で、まず歯の構造を知っておくと分かりやすいと思います。歯は象牙質が中心となり、その象牙質を覆う表面のエナメル質、そして象牙質の奥には神経があります。歯の表面のエナメル質、その奥の象牙質、さらにその奥の神経、歯はこれら3つの構造からなっています。

さて、歯の中心である象牙質は刺激に対して非常に敏感であり、冷たさを感じるだけでしみたり痛んだりします。しかし普段それを感じないのは、象牙質がエナメル質によって保護されているためです。つまり知覚過敏が起こるのは、象牙質がエナメル質に保護されていない状態になっているからです。

知覚過敏の原因

知覚過敏は象牙質が直接刺激を受ける…つまりエナメル質に保護されていない状態になると起こります。ではなぜエナメル質に保護されていないのか?…それは何らかの理由でエナメル質が破損しているからです。その原因として、次のことが考えられます。

虫歯

虫歯が進行している場合、虫歯の穴が象牙質まで到達しているため、患部はエナメル質に保護されていない状態になります。

事故

ぶつけるなどの衝撃を歯に与えてしまうと、それが原因でエナメル質が破損することがあります。そうなると象牙質の一部が露出してしまい、知覚過敏が起こります。

歯周病

歯周病が進行して歯肉退縮が起こると、歯の根が露出した状態になります。この歯の根は元々エナメル質に保護されていないため、象牙質が直接刺激を受けてしまいます。

噛み合わせが悪い

噛み合わせが悪いと噛んだ時に一部の歯に過剰な負担がかかります。その力がダメージとなり、エナメル質が破損してしまうことがあります。

歯ぎしりや食いしばりの癖

歯ぎしりや食いしばりは摩擦によって歯にダメージを与えます。繰り返すことでエナメル質が傷ついてしまい、象牙質の一部が露出してしまうことがあります。

歯磨きの仕方が悪い

起こり得るケースとしては、ゴシゴシと強く歯を磨く場合です。強く歯を磨きすぎるとエナメル質が傷ついてしまい、象牙質が露出して知覚過敏が起こります。

…知覚過敏が起こる原因にはこのようなものがあります。エナメル質が傷つく、もしくは破損することで象牙質が露出してしまい、そのためホワイトニングの薬剤が刺激となって知覚過敏が起こります。

知覚過敏対策

通常、ホワイトニングによる知覚過敏は一過性なもののため時間の経過で治ります。また、知覚過敏用の歯磨き粉で歯磨きする、痛み止めを飲むなどの方法でも解消できますし、これらの方法はホワイトニングの知覚過敏への事前対策としても効果的です。

ホワイトニングにはいくつか方法があり、中には自宅でホワイトニングできるホームホワイトニングがあります。ホームホワイトニングではマウスピースを使用してホワイトニングしているので、マウスピースに知覚過敏用のジェルを入れて装着することでも解消が可能です。

ただし、知覚過敏の原因が虫歯や歯周病になると話は別で、この場合はこれらの治療…つまり虫歯や歯周病を歯科医院で治療しなければなりません。なぜなら、知覚過敏の解消方法には虫歯や歯周病の治療としての効果はないからです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニングと知覚過敏についてまとめます。

1. 知覚過敏について :「冷たさ」などの刺激で歯が一瞬ピシッとしみる症状
2. 歯の構造について :表面のエナメル質が破損して象牙質が直接刺激を受けると知覚過敏が起こる
3. 知覚過敏の原因 :虫歯、事故、歯周病、噛み合わせが悪い、歯ぎしりや食いしばりの癖、歯磨きの仕方
4. 知覚過敏対策 :知覚過敏用の歯磨き粉で歯磨きする、痛み止めを飲む

これら4つのことから、ホワイトニングと知覚過敏について分かります。ホワイトニングで知覚過敏が起こった場合、通常は一定時間で解消されます。このため、何日も歯が痛む場合は歯科医院に行って相談してください。また、虫歯や歯周病が原因で知覚過敏が起こることもありますが、ホワイトニングを希望した患者さんに虫歯や歯周病がある場合、これらの治療を優先しなければなりません。

よく読まれている記事

PAGE TOP