ホーム >Blog > ホワイトニングで歯を白くすれば、同時に歯も健康になりますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

ホワイトニングで歯を白くすれば、同時に歯も健康になりますか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「ホワイトニングの効果」です。健康な歯と言えば、白く綺麗に並んだ歯を連想する人が多いでしょう。

さて、歯を白くする方法と言えばホワイトニングがそれに該当しますが、審美目的とは言えホワイトニングも歯科治療ですし、治療の過程で薬剤も使用します。ではホワイトニングにも歯を健康する効果はあるのでしょうか。

ホワイトニングの効果

結論から言うと、ホワイトニングに歯を健康にする効果はありません。使用する薬剤も歯を白くするためのものであり、歯の健康とは一切関係ありません。最も、歯が白くなれば見た目のコンプレックスが解消させるため、心の健康には効果があると言えるでしょう。

ですから、歯の健康目的でホワイトニングをしても意味がないですし、実際にホワイトニングは完全に審美目的の治療で健康保険や医療費控除も対象になりません。あくまでも歯を白くすることがホワイトニングの効果です。

虫歯とホワイトニング

ホワイトニングは歯の健康とは無関係ですから、虫歯の人がホワイトニングをしても虫歯は治らないですし、そもそも虫歯がある人は基本的にホワイトニングの治療を受けることができません。ホワイトニングをするのであれば、虫歯治療を終えて歯が安定してからになります。

最も、ホワイトニングの可否を判断するのは担当の歯科医ですから、虫歯の状態や患者さんの事情によってはホワイトニングできると判断されるケースもあるでしょう。しかし、虫歯の状態でホワイトニングをすると知覚過敏を引き起こす可能性があります。

歯を健康にするための治療

ホワイトニングをしても歯が健康になるわけではないですが、歯を健康にするための治療自体はあり、具体的には次の治療が挙げられます。

歯のクリーニング

磨き残したプラークを綺麗に除去でき、虫歯予防に効果的です。また、歯の表面に付着した着色や汚れを落とすこともできます。

ブラッシング指導

正しい歯磨きの仕方を指導します。毎日の歯磨きの技術が向上することで、より効果的なプラークコントロールが可能です。

スケーリング

歯周病治療などで行うもので、専用の医療器具で歯石を除去します。歯石はプラークが石灰化したもので歯磨きでは除去できず、除去するにはこのスケーリングが必要です。

定期検診

定期的に検診を受けることで歯の健康状態を確認できますし、虫歯や歯周病の予防効果も高まります。上記で説明した治療も、定期検診で行う治療メニューの中に含まれているものもあります。

ホワイトニングの仕組み

そもそもホワイトニングではどうやって歯を白くしているのでしょうか。歯が変色しているのは象牙質が変色しているからであり、象牙質は歯の表面のエナメル質の奥にあります。ですからこの場合、歯のクリーニングなどで白くすることはできません。

ホワイトニングで使用する薬剤には過酸化水素や過酸化尿素が含まれており、これによって発生した活性酸素がエナメル質の構造を角状から球状に変化させます。そうすることで光が乱反射し、変色した象牙質が見えなくなり、歯が白くなって見えるのです。

ホワイトニングで白くならないケース

次のケースではホワイトニングしても歯が白くならないため、白くするには全く別の治療が必要です。

詰め物や被せ物

詰め物や被せ物などの人工物はホワイトニングでも白くできません。白くするには材質そのものを変える必要があり、審美性を求めるならセラミックがおすすめです。また、人工物をホワイトニングできない点から、入れ歯やインプラントにも同じことが言えます。

テトラサイクリンで変色した歯

テトラサイクリンは以前子供の風邪薬に使用されており、現在でも症状によっては使用する抗生物質です。テトラサイクリンで変色した歯はホワイトニングでも効果が低く、ホワイトコートなどでの対処が必要です。ホワイトコートは歯のマニキュアで、白く塗ることで歯を白くする治療方法です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニングの効果についてまとめます。

1. ホワイトニングの効果 :歯を健康にする効果はなく、完全な審美目的の治療
2. 虫歯とホワイトニング :そもそも虫歯がある人は治療してからでないとホワイトニングできない
3. 歯を健康にするための治療 :歯のクリーニング、ブラッシング指導、スケーリング、定期検診など
4. ホワイトニングの仕組み :薬剤によってエナメル質を構造変化させ、象牙質を見えなくさせる
5. ホワイトニングで白くならないケース :詰め物や被せ物、テトラサイクリンで変色した歯

これらのことから、ホワイトニングの効果について分かります。ホワイトニングは審美目的の治療であり、健康目的の治療ではありません。確かに歯は美しくなりますが、それは見た目の問題であって健康状態は変わりありません。このため、例え白くて美しい歯を手に入れてもケアを怠れば虫歯になってしまいます。

PAGE TOP