ホーム >Blog > 子供の歯が白くないのでかわいそうです。子供でもホワイトニングできますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

子供の歯が白くないのでかわいそうです。子供でもホワイトニングできますか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「ホワイトニングの制限について」です。子供の歯が白くない場合、親は子供の歯を白くしてあげたいと考えるでしょう。

歯の表面に汚れが付着しているだけなら丁寧な歯磨きで綺麗にできますが、象牙質が変色しているとなると、その改善にはホワイトニングが必要です。では子供でもホワイトニングすることは可能なのでしょうか。

子供のホワイトニングはおすすめできない

結論から言うと、子供にホワイトニングをすすめる歯科医院はまずありません。子供は年齢的に乳歯から永久歯に生え変わり、歯が成長途中の段階です。歯の表面、歯の根、いずれも未完成の状態であり、この状態でのホワイトニングは悪影響をもたらします。

と言うのも、ホワイトニングでは過酸化水素や過酸化尿素を含んだ薬剤を使用しますが、成長途中の歯にとってこれらは刺激が強すぎるため、歯にダメージを与えてしまうからです。例え永久歯が生えそろっていたとしても、成長途中の段階でのホワイトニングは難しいでしょう。

ホワイトニングができる年齢

ホワイトニングに明確な年齢制限はないですが、一般的には18歳を過ぎればホワイトニングできる歯科医院が多いです。これは年齢的に歯が成長を終えるため、安全性において問題ないと判断されるからです。

また子供が芸能活動をしているなど、事情によっては15歳くらいで相談を受け付ける歯科医院もあるでしょう。ホワイトニングできると判断されるかどうかは分かりませんが、どうしてもホワイトニングしたいのであれば15歳を目安に相談してみるのも一つの方法です。

ホワイトニングをする前に

ホワイトニングをする前に、なぜホワイトニングしたいのかを考えてみてください。その理由によってはホワイトニングでも白くできないケースがあり、例えば次のケースが該当します。

・詰め物や被せ物を白くしたい場合
子供が虫歯になって詰め物で処置したとして、それが目立って嫌だからホワイトニングしたいケースです。ホワイトニングは人工物には効果がないため、詰め物をホワイトニングすることはできません。例えば銀歯を白くしたいのであれば、それは銀歯の材質そのものをセラミックに交換しなければなりません。

・テトラサイクリンで変色した歯を白くしたい場合
テトラサイクリンとは抗生物質の一種であり、ひと昔前は子供の風邪薬によく使用されていました。現在でも治療内容によって処方される薬に含まれていることがありますが、このテトラサイクリンが原因で変色した歯はホワイトニングでもほとんど白くなりません。

・歯を健康にしたい場合
白くて美しい歯は確かに健康に見えますが、「歯が白くなる=歯が健康になる」は違います。原因にもよりますが、歯が変色していても健康なケースは多々あります。歯の健康目的なら、ホワイトニングではなく予防歯科や定期検診を受診してください。

ホワイトニングを受けられないケース

子供にホワイトニングはおすすめできませんが、だからと言って18歳以上ならホワイトニングを受けられるとは限りません。次の基準に該当する人は例え大人でもホワイトニングを受けられないことがあります。

・虫歯や歯周病がある
虫歯や歯周病がある人でもホワイトニングはできますが、まず虫歯や歯周病の治療が優先になります。これは、虫歯や歯周病がある状態でホワイトニングすると知覚過敏を引き起こしてしまうからです。ただし虫歯や歯周病が完全に初期段階の場合など、状態によってはホワイトニングできることもあります。

・妊娠中の女性
妊娠中の女性はホワイトニングできません。ホワイトニングで使用する薬剤が胎児に影響するのか?…現状それは判明していません。しかし判明していないからこそ、安全性を考慮してホワイトニングを受けられない歯科医院がほとんどです。

・無カタラーゼ症の人
ホワイトニングの薬剤には過酸化水素が含まれていますが、無カタラーゼ症の人は過酸化水素を分解できないため、体内に残ってしまいます。そうなると様々な危険な症状をもたらす危険性があるため、ホワイトニングは受けられません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニングの制限についてまとめます。

1. 子供にホワイトニングはおすすめできない :未完成の歯にとってホワイトニングの薬剤の刺激は強すぎる
2. ホワイトニングができる年齢 :明確な年齢制限はないが、一般的には18歳を過ぎてからが多い
3. ホワイトニングをする前に :テトラサイクリンによって変色した歯はほとんど白くならない
4. ホワイトニングを受けられないケース :虫歯や歯周病がある、妊娠中の女性、無カタラーゼ症の人

これら4つのことから、ホワイトニングの制限について分かります。子供だとホワイトニングを受けられないというのは、一見不自由に思えるかもしれません。しかしホワイトニングは審美治療であり、虫歯や歯周病のようにすぐに必要な治療ではありません。ですから安全性を最優先に考え、問題ないと判断された時期になるのを待ちましょう。

PAGE TOP