ホーム >Blog > 頭痛や腹痛時に飲む薬は歯の痛みに対しても効果ありますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

頭痛や腹痛時に飲む薬は歯の痛みに対しても効果ありますか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「歯の痛みに対する応急処置について」です。症状や治療に対する痛みに備え、歯科医院では患者さんに痛み止めを処方することがあります。

この痛み止めは様々な歯の痛みに効果的ですが、歯科医院で処方された痛み止めを持っていない場合、市販の鎮痛剤でも効果があるのでしょうか。例えば頭痛や腹痛時に飲む薬を飲めば、歯の痛みも解消されるのでしょうか。

歯の痛みに対する鎮痛剤の効果

結論から言うと、頭痛や腹痛時に飲む薬は歯の痛みに対しても効果があります。ですが全ての鎮痛剤を把握しているわけではないため、飲む前に必ず効果の欄を確認してください。効果の欄に「歯痛」と明記されていれば、その鎮痛剤は歯の痛みにも効果があります。

ただし鎮痛剤で歯の痛みを解消しようとする場合、痛みの度合いによっては完全に痛みが解消されない可能性があります。また、鎮痛剤には即効性がないため、痛みが解消されるまで少々時間がかかります。

正露丸についての注意

腹痛時に使用する正露丸は歯の痛みにも効果がありますが、正露丸は腹痛時と歯の痛みとで使用方法が全く異なるので注意してください。腹痛時の正露丸の使用方法は「飲む」ですが、歯の痛みに対しては「詰める」が正しい使用方法です。

正露丸は粘土くらいのかたさになっているため、患部に押し込むと詰めることができます。これが正しい使用方法で、このことは正露丸の使用方法にも明記されています。詰めた正露丸はそのままにしておけば、時間の経過によって唾液と混ざって自然に溶けていきます。

あらかじめ鎮痛剤を飲む方法

急な歯の痛みはともかく、何らかの歯科治療によって歯が痛む場合、治療前の段階であらかじめ鎮痛剤を飲んでおけば、治療後も痛みを感じずにすみます。例えばインプラント治療では、歯肉を切開するため治療時に痛みを感じます。

このため治療時は麻酔で対処するのですが、治療が終わって麻酔が切れると痛みを感じるようになります。しかしあらかじめ鎮痛剤を飲んでおけば、麻酔が切れた後も鎮痛剤によって痛みを解消できます。このように、これから歯が痛むと分かっていれば、先に鎮痛剤を飲んでおくのも効果的です。

鎮痛剤以外の歯の痛みの解消方法

鎮痛剤で歯の痛みを解消することはできますが、解消方法はそれ以外にもあります。急に歯が痛んだ時に鎮痛剤を持っていなければ、次の方法を実践してください。

頬側から冷やす

歯の痛みに対して冷やすのは効果的ですが、直接冷やすと患部への強い刺激となって知覚過敏を引き起こす可能性があります。このため、直接ではなく頬側から濡らしたタオルや解熱用のシートを貼り付けて冷やしましょう。

ぬるま湯でうがいをする

食べカスが詰まると神経が圧迫され、それで歯が痛むことがあります。この場合は食べカスを除去しなければなりませんが、歯磨きは患部を傷つける可能性があります。このためうがいを繰り返して対処し、うがいの水は患部への刺激にならないようぬるま湯にしてください。

救急センターに行く

子供の急な体調不良で夜間に救急センターに行く人がいますが、歯科にも同様に救急センターがあり、もちろん大人でも利用できます。時間によっては診察してもらえるため、最寄りの救急センターを調べてみましょう。

やってはいけない行為

歯が痛む時には絶対にやってはいけない行為があります。一見歯の痛みを解消できそうなものの、実は逆効果となる行為がいくつかあるため注意してください。

温める

生理痛など、体調不良の原因によっては冷やすよりも温めた方が良い場合があります。しかし歯の痛みに対して温めるのは逆効果で、温めることで血流が良くなり、神経が圧迫されてむしろ痛みが増してしまいます。

ゆっくりと入浴する

リラックス効果があるように思えますが、歯が痛む時は基本的に身体を温めてはいけません。上記でも説明しましたが、温めると血流によって神経が圧迫されて痛みが増してしまうからです。とは言え、入浴を控えるのは抵抗があると思うので、簡単なシャワーですませるようにしましょう。

患部に触れる

これは人間の癖と言うべきでしょうか。歯が痛むとどうしても気になって患部を触ってしまいがちですが、患部に触れることで指に付着している細菌が患部に付着し、症状が悪化してしまう可能性があります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯の痛みに対する応急処置についてまとめます。

1. 歯の痛みに対する鎮痛剤の効果 :効果の欄に「歯痛」と明記されていれば効果がある
2. 正露丸についての注意 :正露丸で歯の痛みを解消する場合、飲むのではなく患部に詰めて使用する
3. あらかじめ鎮痛剤を飲む方法 :治療の痛みは、あらかじめ鎮痛剤を飲んでおくと対処できることがある
4. 鎮痛剤以外の歯の痛みの解消方法 :頬側から冷やす、ぬるま湯でうがいをする、救急センターに行く
5. やってはいけない行為 :温める、ゆっくりの入浴する、患部に触れる

これら5つのことから、歯の痛みに対する応急処置について分かります。頭痛や腹痛時に飲む鎮痛剤は、効果の欄に「歯痛」と明記されていれば歯の痛みの解消にも使用できます。ただし、痛みが解消されたとしてもその原因まで解消されたわけでなく、例えば虫歯による痛みなら虫歯の状態は変わることはありません。このため、痛みが解消されたとしても必ず歯科医院に行って診察を受けてください。

よく読まれている記事

PAGE TOP