ホーム >Blog > 二次虫歯はどうやって予防すれば良いのですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

二次虫歯はどうやって予防すれば良いのですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「二次虫歯について」です。
二次虫歯とは一度虫歯治療した歯が再度虫歯になることで、いわゆる虫歯の再発を意味します。

これは決して稀なケースではなく、実際に成人の虫歯治療の多くがこの二次虫歯によるものです。
さて、この二次虫歯は初めての虫歯に比べると厄介な部分が色々と多く、そのため予防方法をしっかりと知っておかなければなりません。

二次虫歯が深刻な理由

初めての虫歯に比べると二次虫歯は深刻で、その理由として次のことが挙げられます。

虫歯を予防できていない

初めて虫歯になり、その歯を治療してまた同じ歯が虫歯になる…状況的に虫歯を全く予防できておらず、
このままだと他の健康な歯も虫歯になる可能性が高いと判断できます。

歯がどんどん失われる

虫歯になって歯が溶かされ、治療によって歯を削る…二次虫歯はこれが繰り返されることになります。
当然歯はどんどん失われていくことになり、歯を失う要因になりかねないでしょう。

自覚しづらい

二次虫歯は一度虫歯治療した歯が再度虫歯になることですから、その歯は一見詰め物で覆われており、
そのため目で見て虫歯を確認できず自覚しづらい問題があります。

セラミック治療で二次虫歯を予防する

二次虫歯も虫歯である以上、予防方法は従来の虫歯予防の方法と変わりません。
精密な歯磨き、食生活の見直しと改善、定期検診の受診の3つを実践するのが効果的です。
さらにここに一つ効果的な予防方法が加わり、それはセラミック治療を受けることです。

セラミック治療とは詰め物や被せ物をセラミックにする治療であり、
こうした人工物を銀歯ではなくセラミックにすることで、二次虫歯の予防効果を高めます。
ではなぜセラミックが二次虫歯を予防しやすいのか?…その理由は2つあります。

セラミックはツルツルしている

セラミックは陶器であり、言わば茶碗や湯呑みと同じ材質です。
このため表面がツルツルしており、虫歯の原因菌が含まれたプラークが付着しにくいのです。

セラミックは歯との間に隙間が生じにくい

元々セラミックは歯としっかり接着するため、接着の剥がれによる隙間の発生が起こりにくくなっています。
さらに製作過程におけるサイズの誤差も生じにくく、患部にピッタリとおさまって余分な隙間が生じません。

定期検診の重要性

定期検診の受診は虫歯予防のために欠かせませんが、二次虫歯においてはより重要です。
二次虫歯の原因は詰め物や被せ物に生じた隙間からの細菌の侵入です。
詰め物や被せ物の接着が何らかの理由で弱まっている場合、そこに隙間が生じてしまうのです。

ここで問題なのは、どうやって詰め物や被せ物の異常に気づけるのかという点で、
特に奥歯の場合は鏡で見ても確認しづらく、自分でそれに気づくのは難しいでしょう。
しかし、それに気づいて対処しなければやがて二次虫歯は起こってしまいます。

…これが、二次虫歯において定期検診の受診が重要な理由です。
定期検診では歯科医が口の中の健康状態を確認しますから、
こうした詰め物や被せ物の異常も発見でき、そのため二次虫歯を予防しやすくなるのです。

銀歯は二次虫歯になりやすい

二次虫歯になりやすい人の特徴を挙げるなら、それは銀歯を使用している人ではないでしょうか。
銀歯は保険診療であるため費用が安いのが特徴ですが、二次虫歯の予防は難しい材質です。
まず銀歯は材質的にプラークが付着しやすく、そのため清潔な状態を維持しにくくなっています。

また接着が弱い上に劣化するのも早いため、歯との間に隙間が生じやすいのです。
もちろんケア次第ではありますが、こうした理由から二次虫歯を予防しにくくなっており、
自由診療の材質であるセラミックと比較するとその差は大きなものになります。

近年、セラミック治療を希望する人が増加傾向にありますが、それは審美性の高さだけが理由ではありません。
銀歯を使用している人の中には二次虫歯と治療の繰り返しに悩まされている人も多く、
その状況を改善する目的でセラミック治療を希望するケースも少なくないのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、二次虫歯についてまとめます。

1. 二次虫歯が深刻な理由 :虫歯を予防できていない、歯がどんどん失われる、自覚しづらい
2. セラミック治療で二次虫歯を予防する :セラミックはプラークが付着しにくく、二次虫歯を予防しやすい
3. 定期検診の重要性 :詰め物や被せ物の異常を発見するには定期検診が欠かせない
4. 銀歯は二次虫歯になりやすい :銀歯はプラークが付着しやすく、劣化も早くて接着も剥がれやすい

これら4つのことから、二次虫歯について分かります。
虫歯になったら治療すれば良い…二次虫歯はそんな安易な問題ではありません。
虫歯になれば歯が溶かされますし、その虫歯を治療するためには歯を削ります。
このため、虫歯と治療の繰り返しによって歯は確実に失われていき、
二次虫歯を予防できないことは歯を失うことを意味するのです。

PAGE TOP