ホーム >Blog > 歯周病の有無を自己診断したいので自覚症状を知りたいです

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

歯周病の有無を自己診断したいので自覚症状を知りたいです

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「歯周病の自覚症状」です。
歯周病は静かなる病気と呼ばれていますが、その理由をご存知でしょうか。

それは自覚症状がほとんどないからで、そのため歯周病はいつの間にか発症して、
またいつの間にか進行するケースが多く、それが静かなる病気と呼ばれるようになった理由です。
最も、自覚症状がゼロではなく、目立たないとは言え実際にはいくつかの自覚症状があります。

歯肉の変化

歯周病になると歯肉の状態が変化します。
見た目は赤く腫れて変色して、触った感触にも張りがなくなります。
また、患部に血液が集中することで少しの刺激に対しても歯肉から出血してしまいます。

口臭の発生

歯周病になると口臭が発生しますが、そもそも口臭の原因は歯周病とは限りません。
このため「口臭=歯周病」と断言することはできませんが、口臭の原因で最も可能性が高いのは歯周病です。
また、歯周病による口臭は他の原因の場合と比べて臭いがきつい特徴があります。

歯石の付着

歯石とは、歯と歯の間や歯と歯肉の間に付着する白い塊です。
これはプラークが石灰化した細菌の塊で、歯肉から出た膿みや血液も含まれています。
歯石が付着しても歯周病になっているとは限りませんが、発症や進行のリスクが高くなります。

知覚過敏が起こる

知覚過敏とは、温度や触れた刺激によって一瞬歯がピシッとしみる症状です。
歯周病の進行によって歯根が露出した場合、露出した歯根にはエナメル質がありません。
このため象牙質が剥き出しになっており、刺激を受けることで知覚過敏が起こります。

歯が伸びて見える

歯周病が進行すると、健康な状態の時より歯が伸びて長くなったように見えます。
これは実際に歯が伸びているわけではなく、歯肉退縮によって歯根が露出しているのが原因です。
本来歯肉に覆われた歯根が露出することで、その分だけ歯が伸びて長くなったように見えるのです。

歯がグラグラする

歯周病が進行すると歯槽骨が溶かされますが、この歯槽骨は歯を支える役割を担っています。
つまり、歯槽骨が溶かされることは歯が支えを失うことを意味しており、
そのため歯は不安的になってグラグラと動くようになります。

噛み合わせた時に痛む

歯がグラグラした状態だと歯がしっかりと支えられておらず、噛み合わせた時に痛みます。
この場合、普段は痛まないのが特徴で、噛み合わせた時だけに強い痛みを感じます。
これは、歯が傾いた状態で噛み合わせることで、歯肉に食い込むなどしてしまうためです。

歯周病は早期発見が大切

歯周病の自覚症状を知っておくことは、歯周病の重症化を防ぎます。
口の中の病気と言えば他に虫歯を連想しますが、虫歯は辛い痛みを感じるため、
それに比べると歯周病は軽い病気だと思ってしまう人がいます。

しかし歯周病は怖い病気です。進行すれば歯が抜け落ちてしまいますし、
重症化した歯周病は例え治療しても歯を残せない…つまり抜歯が必要になる可能性もあるのです。
また、歯周病の進行度によっては治療時に歯肉を切開する手術を行います。

このように、歯周病が進行すると症状も治療内容も大きなものになるため、
歯周病の予防はもちろん、発症時には早期発見と早期治療が大切です。
そのためには歯科医院で定期的に検診を受け、口の中の健康状態をチェックしてもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病の自覚症状についてまとめます。

1. 歯肉の変化 :歯肉が腫れて変色し、触った感触にも張りがなくなる。また歯肉から出血しやすくなる
2. 口臭の発生 :歯周病による口臭は臭いがきつく、歯肉から出た膿みや血液などが臭いの原因となる
3. 歯石の付着 :歯石があっても歯周病とは限らないが、歯石の付着は歯周病の発症のリスクを高める
4. 知覚過敏が起こる :歯周病の進行で歯根が露出した場合、歯根が刺激を受けると知覚過敏が起こる
5. 歯が伸びて見える :歯周病の進行で歯根が露出した場合、歯根が見える分だけ歯が長くなって見える
6. 歯がグラグラする :歯周病の進行で歯槽骨が溶かされると、やがて歯は不安定になってグラグラ動く
7. 噛み合わせた時に痛む :歯がグラグラしている状態だと、噛み合わせた時に強い痛みを感じる
8. 歯周病は早期発見が大切 :歯周病が進行するに比例して、症状も治療内容も大きなものになる

これら8つのことから、歯周病の自覚症状について分かります。
このように、静かなる病気と呼ばれる歯周病にもこれだけの自覚症状が起こります。
ただし、いずれの自覚症状も目立つものではなく、また神経まで進行した虫歯のような辛い痛みもありません。

しかし、だからと言って放置するのは厳禁です。
歯周病は虫歯同様に怖い病気であり、治療せずに進行すれば最終的に歯を失います。
歯周病を予防する、さらには発症時に早期治療するためにも歯科医院で定期的に検診を受けてください。

よく読まれている記事

PAGE TOP