ホーム >Blog > 詰め物が取れてしまったのですが、そのままにしておくのは問題ありますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

詰め物が取れてしまったのですが、そのままにしておくのは問題ありますか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「詰め物が取れてしまった時の注意点」です。
虫歯治療の処置などで入れる詰め物は、専用の接着剤の力で歯とくっついています。

しかし、何らかの原因で接着が弱まることがあり、そうすると詰め物は取れてしまうでしょう。
そんな時、最もしてはいけないのがそのまま放置することで、
ここでは詰め物が取れた場合の問題について説明していきます。

詰め物が取れて放置すると起こる問題

詰め物が取れたままにしておくと、次の問題が起こります。

二次虫歯が起こる

詰め物が取れた歯は象牙質が露出しており、そのため細菌に感染しやすくなっています。
これは歯を削ったことでエナメル質が失われているためで、
せっかく虫歯治療した歯が細菌に感染してしまい、二次虫歯が起こってしまうのです。

知覚過敏が起こる

これも、詰め物が取れて象牙質が露出していることが原因で起こる問題です。
象牙質は刺激に対して敏感であり、触れた場合はもちろん、熱さや冷たさすら刺激となってしまいます。
象牙質が刺激を受けると歯が一瞬ピシッと痛むようになり、知覚過敏が起きてしまうのです。

歯が割れる

詰め物が取れた歯は脆く、そのため割れやすくなっています。
数値上の話をすれば、詰め物が取れた歯を成人男性が強く噛み合わせてしまえば、
平均咬合力から判断して歯は割れてしまい、そうなると全く別の治療が必要になってしまうのです。

…こうした問題が起こるため、詰め物が取れた歯を放置してはいけません。

詰め物が取れた時の注意点

詰め物が取れてもすぐに歯科医院に行けない場合、次のことに注意してください。

患部に触れない

詰め物が取れたことで、どうしても患部が気になってしまうと思います。
しかし、患部には絶対に触れないようにしてください。
上記で説明したとおり詰め物が取れた歯は細菌で感染しやすく、触れることで細菌感染のリスクが高まります。

詰め物を元に戻そうとしない

取れた詰め物を元に戻そうとすると、位置がずれて歯が割れてしまうことがあります。
また、指を使って戻すわけですから、やはりこれも細菌感染のリスクを高める行為ですし、
害はないものの詰め物を飲み込んでしまうことも考えられるでしょう。

冷たいものや熱いものを飲食しない

詰め物が取れた歯は象牙質が露出しており、冷たさや熱さで痛みを感じてしまいます。
いわゆる知覚過敏であり、そのため冷たいものや熱いものの飲食は避けましょう。
また、食事の際は患部に食べカスが残らないよう、普段以上に丁寧な歯磨きを心掛けてください。

強く噛まない

詰め物が取れた歯は脆く、あまり強い力で噛むと割れてしまいます。
このため、詰め物が取れた時はその歯を使ってあまり噛まないようにしてください。
仮に歯が割れてしまった場合、神経の除去や抜歯が必要になる可能性があります。

…詰め物が取れた状態での生活は不自由で、そのためにもすぐ歯科医院に行って対処してもらいましょう。

詰め物が取れる原因

そもそも、処置したはずの詰め物がなぜ取れてしまうのか?…その原因として次のことが挙げられます。

二次虫歯が起こっている

虫歯が再発することで、詰め物で処置した歯は再び虫歯菌の出す酸によって溶かされます。
そうすると、詰め物を入れた時と歯の形状が変わることになり、詰め物が合わなくなるのです。
ちなみに、二次虫歯は詰め物に隙間が生じることで患部に細菌が入り込んで起こります。

詰め物の劣化

詰め物は永久に使用することはできず、長く使えばやがては劣化するでしょう。
元々詰め物や専用の接着剤で歯とくっついており、劣化することで当然接着の力も弱まるのです。
こうした理由からの接着の剥がれ、もしくは劣化した詰め物が割れてしまうことも考えられます。

<セラミックのすすめ>
二次虫歯や詰め物の劣化の対処として、おすすめなのがセラミックの詰め物にすることです。
セラミックは素材の特徴からプラークが付着しにくく、そのため二次虫歯を予防しやすいですし、
ケアを欠かさなければ長持ちしやすく、銀歯に比べると劣化しづらくなっています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、詰め物が取れてしまった時の注意点についてまとめます。

1. 詰め物が取れて放置すると起こる問題 :二次虫歯が起こる、知覚過敏が起こる、歯が割れる
2. 詰め物が取れた時の注意点 :患部に触れない、詰め物を元に戻そうとしないなど
3. 詰め物が取れる原因 :二次虫歯が起こっている、詰め物の劣化

これら3つのことから、詰め物が取れてしまった時の注意点について分かります。
詰め物が取れること自体は病気ではないため、そのため歯科医院に行くのが面倒に思うかもしれません。
しかし、放置すればもっと面倒なことになりますし、何よりお口の健康に害をもたらしてしまいます。
このため、詰め物が取れた時には必ず歯科医院に行って対処となる治療を受けてください。

PAGE TOP