ホーム >Blog > 子供がすぐ虫歯になるので、効果的な予防方法があったら知りたいです

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

子供がすぐ虫歯になるので、効果的な予防方法があったら知りたいです

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「子供の虫歯予防」です。
小さな子供は虫歯になりやすく、そのため大人以上に虫歯予防を徹底しなければなりません。

とは言え、年齢的に子供が自分だけの力で予防するのは難しいでしょう。
そこで、ここでは子供の虫歯予防のために親ができることをテーマにして説明します。
なぜ子供は虫歯になりやすいのか?どうすれば予防できるのか?…この機会に覚えておきましょう。

子供が虫歯になりやすい理由

子供が虫歯になりやすい理由として、次のことが挙げられます。

乳歯が生えているため

乳歯は永久歯に比べてやわらかく、そのため虫歯にもなりやすいのです。
乳歯はいずれ抜けるため、虫歯になっても問題ないと考える人もいます。
しかしそれは間違いで、乳歯が虫歯になることはその下に存在する永久歯にも影響するのです。

歯磨きの技術が未熟なため

子供は歯磨きの技術が未熟です。と言うより、磨き方もよく分からないくらいでしょう。
このため、歯磨きによる磨き残しが多く、その分虫歯にもなりやすいのです。
面倒で歯磨きを嫌う子供もいますし、子供の歯磨きの効果はそれほど高くありません。

糖を摂取するため

子供が好きな食べ物には、大抵糖が含まれています。
糖は虫歯菌にとってのエネルギーであり、糖を摂取することでより多くの酸を出します。
つまり、子供の食生活は大人に比べて虫歯になりやすいのです。

子供の虫歯を予防するには

子供の虫歯を予防するには、次の方法を実践してください。

予防方法1. 歯磨きの時に親が仕上げをする

子供が歯磨きした後は、親が必ず仕上げをしてあげましょう。
これには2つの効果があり、1つ目は子供の磨き残し対策になることです。
2つ目は子供が歯磨きの大切さを知ることで、親が仕上げをする姿を見て歯磨きが大切だと学べます。

予防方法2. 検診を受ける

小児歯科では虫歯を治すためだけでなく、虫歯を予防するための治療も行っています。
このため、定期的に小児歯科に通って子供に検診を受けさせてあげましょう。
また、検診を受ければ虫歯がある場合もいち早く発見して治療できます。

予防方法3. 親も虫歯を予防する

子供は親の姿を見て育ちますが、虫歯予防の意識においてもそれは同じです。
親が虫歯を予防すれば自分の一緒に予防したくなりますし、何より予防の大切さを学べます。
虫歯がいかに怖い病気なのかを子供によく教えてあげましょう。

食生活改善のポイント

子供が虫歯になりやすい理由として、食生活の問題が挙げられます。
そこで食生活の改善が必要になりますが、改善の具体的なポイントを次にまとめます。

ポイント1. おやつにルールを作る

おやつを食べる時間を決めないと、子供は食べたい時に食べてしまいます。
そうなると間食の頻度が高くなり、歯の脱灰ばかりが進んでしまうでしょう。
そこで、おやつを食べることに対してルールを作り、決まった時間だけ食べるようにしてください。

ポイント2. おやつのメニューを考える

極端な話、おやつに毎日チョコレートを与えていては、子供はたちまち虫歯になってしまいます。
このため、親は子供のおやつのメニューを考えてあげてください。
糖ばかり摂取させないこと、口の中に残るのは避けること、こうした工夫をしてメニューを考えましょう。

ポイント3. ダラダラ食いをさせない

食事することで脱灰が起こり、その後再石灰化が起こるのが歯のメカニズムです。
そして、このメカニズムにおいて脱灰ばかりが進み、再石灰化が追い付かないことで虫歯になります。
脱灰は食事の時間が長引くほど進むため、そうならないためにダラダラ食いをさせないようにしてください。

歯並びが悪い子供の場合

歯並びが子供は虫歯になりやすく、それは凸凹した歯並びが原因で歯磨きがしづらくなるからです。
そこで、子供の歯並びが悪ければ矯正治療を検討すると良いでしょう。
最も、矯正治療は費用が高くて長い期間がかかるため、気軽にすすめられる治療ではありません。

ただ、矯正治療に対して100%審美目的と考えている人が多いのではないでしょうか。
確かに、矯正治療は歯並びを美しくするという審美目的があります。
しかし、虫歯を予防しやすくなるなど健康面においても様々なメリットがあるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、子供の虫歯予防についてまとめます。

1. 子供が虫歯になりやすい理由 :乳歯が生えているため、歯磨きの技術が未熟なため、糖を摂取するため
2. 子供の虫歯を予防するには :歯磨きの時に親が仕上げをする、検診を受ける、親も虫歯を予防する
3. 食生活改善のポイント :おやつにルールを作る、おやつのメニューを考える、ダラダラ食いをさせない
4. 歯並びが悪い子供の場合 :矯正治療で歯並びを改善すれば、虫歯を予防しやすくなる

これら4つのことから、子供の虫歯予防について分かります。
乳歯が虫歯になれば、その奥に存在する永久歯の近くまで虫歯は進行します。
そうすると、永久歯が変色するなど様々な問題が起こるのです。

また、虫歯で乳歯が抜けてしまえば永久歯が生えた後の歯並びが悪くなり、
これは早すぎるタイミングで乳歯が抜けてしまうことが原因です。
こうした理由から、子供の虫歯は絶対予防してあげましょう。

PAGE TOP