ホーム >Blog > 虫歯は進行すると具体的にどのような症状が起こりますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

虫歯は進行すると具体的にどのような症状が起こりますか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「虫歯の進行と症状」です。
「虫歯の症状=歯が痛む」のイメージがありますが、実際にはそれだけではありません。

虫歯の症状は進行度によって異なりますし、歯が痛むにしても理由があるのです。
そこで、ここでは虫歯の進行と症状をテーマにして、
どこまで進行するとどんな症状が起こるのかについて説明します。

症状1. 歯が変色する

初期の虫歯の症状です。実は、歯が痛む場合は既に虫歯は進行しており、
完全な初期段階の虫歯では痛みを感じません。これは虫歯が歯の表面に発症するからで、
歯の表面にはエナメル質があるため痛みを感じないのです。

最も、虫歯が発症すると歯の見た目が変化します。
虫歯になりたての歯は少しだけ変色し、患部が白や茶色になっているのです。
この時点ではまだ穴もあいておらず、そのため虫歯を自覚するのは少々難しいかもしれません。

症状2. 歯が痛む

虫歯が象牙質まで進行すると起こる症状で、ほとんどの人が虫歯を自覚きっかけとなる症状でもあります。
虫歯で歯が痛むのは、虫歯の穴が象牙質まで到達したことで象牙質が露出してしまうのが原因です。
象牙質はエナメル質と違い、刺激に対して非常に敏感な特徴を持っています。

触れた刺激はもちろん、飲食物の温度でさえ刺激となり、
そのため冷たいものや熱いものを飲食すると歯が痛む、もしくは歯がしみるようになるのです。
これは知覚過敏と呼ばれる症状で、虫歯以外のことが原因で起こるケースもあります。

症状3. 歯がズキズキと痛む

「症状2」との違いは痛みの程度で、こちらは夜も眠れないほどの激痛を常に感じます。
この症状は虫歯が神経まで進行すると起こるもので、原因は神経が虫歯菌に感染したことによる炎症です。
ここまで虫歯が進行すると治療方法にも変化が見られ、歯を削るだけでは治せなくなってしまいます。

神経まで虫歯が進行すると治療時に歯を削る範囲も深くなりますし、
神経の除去、根管の清掃と消毒をするための根管治療が必要です。
最も、虫歯を放置しなければここまで虫歯が進行することはありません。

症状4. 神経が死ぬ

虫歯が神経まで進行するとズキズキとした激痛を感じますが、その後は一変して痛みがおさまります。
これは、虫歯が進行して神経が死んでしまったことが原因です。虫歯を放置する人の中には、
突如痛みがおさまって安心する人もいますが、その場合は神経が死ぬという深刻な状況が起こっています。

神経を失うことは痛みが解消される点ではメリットに思えますが、
歯が黒く変色する、歯が脆くなる、歯の異常に気づきにくくなるなどのデメリットがあるのです。
また、虫歯の進行度によっては神経が死んでいない場合でも、その除去が必要になるケースがあります。

症状5. 歯を失う

歯を失う原因としてよく挙げられるのは歯周病ですが、虫歯でも歯を失います。
一切治療せずに放置すれば、歯は虫歯菌にどんどん溶かされてしまい、
末期段階まで進行すれば歯はボロボロの状態で原型を失っているほどです。

また、そこまでの状態にすると治療しても抜歯が必要になるでしょう。
どちらにしても最終的には歯を失うことになってしまいますし、
二次虫歯(虫歯の再発)と治療を繰り返すことで歯を失ってしまうケースもあります。

症状6. 脳梗塞や心筋梗塞の原因になる

脳梗塞や心筋梗塞は命にかかわる病気ですが、これらは虫歯が原因で起こることもあります。
虫歯を治療しなければ最終的に歯を失いますが、歯をボロボロに溶かした後も虫歯菌はなお生き続け、
その後は血液に入り込んで血管を通じて全身に回ってしまうのです。

この時、脳に回ることで脳梗塞、心臓に回ることで心筋梗塞が起こることもあります。
可能性としてはごく稀ですから、これは虫歯の一般的な症状ではありません。
しかし実際に起こった事例もあり、虫歯の放置が原因による死亡例も存在するのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯の進行と症状についてまとめます。

1. 歯が変色する :初期の虫歯の症状。歯の表面に虫歯が発症することで、患部が白や茶色に変色する
2. 歯が痛む :象牙質まで虫歯が進行した場合の症状。象牙質が刺激を受けることで知覚過敏が起こる
3. 歯がズキズキと痛む :神経まで虫歯が進行した場合の症状。虫歯の進行によって神経が炎症を起こす
4. 神経が死ぬ :神経まで進行した虫歯を放置すれば、やがて神経は死んでしまう
5. 歯を失う :虫歯の末期段階。歯はボロボロで原型を失い、治療しても抜歯が必要となる
6. 脳梗塞や心筋梗塞の原因になる :ごく稀だが、虫歯菌が全身に回ってこのような病気を引き起こす

これら6つのことから、虫歯の進行と症状について分かります。
歯が痛むのはあくまで虫歯の症状の一つであり、その虫歯が進行すればさらに深刻な症状が起こります。
痛みは激痛に変化しますし、歯に栄養を届ける神経を失うことにもなってしまうでしょう。
そして、最も怖いのが大きな病気を招く原因になることで、
虫歯を放置したために脳梗塞や心筋梗塞が起こった事例もあるのです。

よく読まれている記事

PAGE TOP