ホーム >Blog > 歯周病で歯を失うことは知っていますが、虫歯でも歯を失うことがありますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

歯周病で歯を失うことは知っていますが、虫歯でも歯を失うことがありますか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「虫歯で歯を失う可能性」です。
歯を失う要因として最も多いのが歯周病であり、そのため、「歯を失う=歯周病」のイメージがあります。

しかし、歯を失う要因はそれだけでなく、例えば事故による衝撃で歯が割れてしまうことだってあるでしょう。
最も、それは不可抗力ですから予防するのは難しいですが、
歯周病以外の病気…例えば虫歯で歯を失うこともあるのです。

虫歯で歯を失うケース1 虫歯の放置

虫歯になるとその原因菌の出す酸によって歯が溶かされますが、
一度でも進行した虫歯は治療しない限り治ることはありません。
このため虫歯を放置すれば、いくらプラークコントロールが万全でも虫歯は進行していくのです。

そうなると歯はどんどん溶かされていき、最終的には原型を留めないほどボロボロになってしまいます。
ここまで虫歯が進行すると、歯を失うことになってしまうでしょう。
放置すれば歯は依然そのまま、治療しても歯を残せないと判断して抜歯することになります。

虫歯で歯を失うケース2 二次虫歯の繰り返し

二次虫歯とは、一度虫歯治療した再度虫歯になることで、要するに虫歯の再発です。
虫歯は放置すると確実に歯を失いますが、二次虫歯の場合、例え治療してもそれを繰り返すと歯を失います。
「二次虫歯で歯が溶かされ、治療で歯を削る」…この繰り返しによって少しずつ歯が失われていきますからね。

ちなみに、詰め物で処置した歯が虫歯になることを不思議に思う人もいるかもしれませんが、
確かに詰め物がしっかりと入っていれば二次虫歯は防げます。しかし、何かの理由で詰め物の接着が剥がれると、詰め物と歯との間に隙間が生じて細菌が入り込み、二次虫歯が起こってしまうのです。

虫歯で歯を失わないために

虫歯で歯を失わないようにする方法は決して難しくなく、いえむしろ簡単と言えるでしょう。
これは、虫歯を早期治療すれば良いだけです。
定期検診を受け、痛みを感じる前の初期段階で虫歯を発見すれば、削らずに虫歯を治すことも可能でしょう。

虫歯を早期発見すれば、その時点なら歯を失うほど溶かされていることはないですし、
また削らずに虫歯を治せることで詰め物も不要…つまり、二次虫歯の繰り返しを予防しやすくなります。
つまり、虫歯を早く治す心掛けが虫歯から歯を守ることになるのです。

虫歯の本当の怖さ

歯を失うことも充分怖いですが、虫歯の本当の怖さはそのことではありません。
虫歯の本当の怖さとは、「脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる病気を引き起こす原因になること」です。
虫歯を放置すると歯は完全に溶かされますが、治療しなければそれでもまだ虫歯の原因菌は生きています。

歯を完全に溶かした虫歯菌は、今度は血液に入り込み、血管を通じて全身に回ってしまうのです。
この時、脳に回れば脳梗塞、心臓に回れば心筋梗塞を引き起こす危険性があり、
確率としてはごく稀であるものの、実際に虫歯の放置によってこうした病気が起こった事例が存在します。

虫歯になりやすい人

歯を失う怖い虫歯ですが、虫歯になるリスクは人によって差があります。
次のことに該当する人は虫歯になりやすく、より注意しなければなりません。

甘いものが好物

甘いものには糖が含まれており、糖は虫歯の原因菌にとって栄養源になります。
このため糖を摂取すると虫歯の原因菌の働きが活発になり、虫歯になるリスクがより高まってしまうのです。

歯並びが悪い

歯並びの悪さがもたらす影響は見た目のみでなく、虫歯になるリスクまで高めます。
これは、歯並びが悪いと歯磨きの精度が落ちるためで、磨き残しが多くなって虫歯になりやすいのです。

唾液の量が少ない

唾液の量が少ないと細菌が流れなくなり、結果口の中で長い間細菌が停滞してしまいます。
細菌の中には虫歯の原因菌も含まれているため、それが停滞すれば虫歯になるリスクも高まるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯で歯を失う可能性についてまとめます。

1. 虫歯で歯を失うケース1 虫歯の放置 :重症化した虫歯は歯がボロボロで、治療しても抜歯が必要になる
2. 虫歯で歯を失うケース2 二次虫歯の繰り返し :「歯が溶かされる→治療で削る」の繰り返しで歯を失う
3. 虫歯で歯を失わないために :虫歯を早期治療する。早期治療のためには定期検診の受診は欠かせない
4. 虫歯の本当の怖さ :放置し続けることで脳梗塞や心筋梗塞が起こる危険性がある
5. 虫歯になりやすい人 :甘いものが好物、歯並びが悪い、唾液の量が少ない

これら5つのことから、虫歯で歯を失う可能性について分かります。
「歯が抜ける」と表現してしまうと、その要因は歯周病しか想像できないかもしれません。
確かに、虫歯によって歯が抜けることはないでしょうからね。
しかし、虫歯によって歯が完全に溶かされてしまえば、歯が抜けないにしても失ってしまう点では同じです。
つまり虫歯も歯を失う要因の一つであり、歯を守るためにはしっかりと予防しなければなりません。

よく読まれている記事

PAGE TOP