ホーム >Blog > ホワイトニングをしたいのですが、歯科医院に行かなければダメですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

ホワイトニングをしたいのですが、歯科医院に行かなければダメですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「自宅でホワイトニングをする方法」です。
ホワイトニングを希望しつつも、通院の時間が確保できないことで断念する人もいます。

しかし、ホワイトニングの方法には種類があることをご存知でしょうか。
種類によっては自宅でもホワイトニングが可能であり、それをホームホワイトニングと呼びます。
そこで、ここでは自宅でホワイトニングする方法について分かりやすく解説していきます。

ホワイトニングの仕組み

ホワイトニングでは、過酸化水素や過酸化尿素が含まれた薬剤を使用して歯を白くします。
最も、正確には「歯を白くする」ではなく「歯を白く見せる」が正しい表現であり、
無色透明のエナメル質を構造変化させることで変色した象牙質をマスキングするのです。

こうすることで変色した象牙質はうつらなくなり、光が当たると歯が白く見えるようになります。
これはホワイトニングの仕組みであり、どの方法のホワイトニングを選択してもこの仕組みは変わりません。
歯科における審美治療であり、審美歯科に対応した歯科医院で受けられる治療です。

ホームホワイトニング

ホワイトニングの方法の種類は3つあり、自宅でできるのはホームホワイトニングです。
通院せずに自宅でホワイトニングしたい人におすすめの方法ですが、注意点もいくつかあるため、
次のことを了承できないのであれば、ホームホワイトニングはできません。

注意点1. 通院が一切必要ないわけではない

自宅でホワイトニングできるという点から、通院の必要性が一切ないイメージのホームホワイトニングですが、
実際には通院がゼロですむわけではなく、他の方法に比べて通院回数が少ないと考えてください。
薬剤の受け取り、経過観察、ホワイトニング自体は自宅でできますが、こうした理由で通院が必要です。

注意点2. 白くなるまで時間がかかる

ホームホワイトニングは効果が出るのは遅く、これは安全性を考えて薬剤の濃度を薄めてあるためです。
最も、薬剤がしっかり浸透するため、歯科医院で行うホワイトニングに比べて白さの持続性は高くなります。
「効果が出るまで時間がかかるが、白さが長持ちする」…これがホームホワイトニングの特徴です。

注意点3. 1日2時間のマウスピース装着が必要

ホームホワイトニングでは、薬剤を歯に塗布する方法としてマウスピースを使います。
このマウスピースは歯科医院で受け取れますが、仕様上1日2時間の装着が必要です。
ホームホワイトニングをするには、1日2時間マウスピース装着の時間を確保できることが前提となります。

その他のホワイトニングの種類

ホワイトニングの種類は、他にもオフィスホワイトニングとデュアルホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングで、歯科医が薬剤を扱うため高濃度のものを使用できます。
このため、ホームホワイトニングに比べると効果が出るのが早いのですが、
その一方で持続性はホームホワイトニングに劣ります。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した方法で、
それぞれの長所を取り入れた最も効果の高いホワイトニングの方法です。
早く歯を白くできて持続性も高いのですが、唯一の短所となるのが費用の高さでしょう。

ホワイトニングで白くならないケース

ホワイトニングは歯を白くする治療ですが、歯の変色の原因によってはほとんど効果がありません。
例えば、テトラサイクリンの影響で変色した歯、神経が死んで変色した歯、
これらのケースではいずれもホワイトニングをしてもほとんど白くなりません。

最も、この場合は別の治療で白くすることが可能であり、
歯のマニキュアに相当するホワイトコート、セラミック治療などで対応できます。
このため、テトラサイクリンや神経が死んで歯が変色している場合も、諦めずに歯科医に相談してください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、自宅でホワイトニングする方法についてまとめます。

1. ホワイトニングの仕組み :薬剤でエナメル質を構造変化させ、マスキング効果をもたらして歯を白く見せる
2. ホームホワイトニング :自宅でホワイトニングできるが、通院が一切必要ないわけではない
3. その他のホワイトニングの種類 :オフィスホワイトニングとデュアルホワイトニング
4. ホワイトニングで白くならないケース :テトラサイクリンや神経が死んだことが原因で変色した歯

これら4つのことから、自宅でホワイトニングする方法について分かります。
ホームホワイトニングなら自宅でホワイトニングできますが、
ただ通院がゼロになるわけではないので注意してください。

確かにホワイトニング自体は自宅で行えますが、
そのために使用する薬剤やマウスピースは歯科医院での受け取りになります。
また、ホームホワイトニングをするには1日2時間のマウスピース装着が必須です。

よく読まれている記事

PAGE TOP